ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 障害福祉課 > タクシー料金の一部を助成する制度

タクシー料金の一部を助成する制度

印刷用ページを表示する掲載日:2021年4月1日更新

タクシー料金の一部を助成する制度

 一定の等級以上の障害者手帳を持っている人に対して、タクシー料金の一部を助成する制度です。
 廿日市市では福祉タクシー利用助成券(1枚につき570円分)を1冊(24枚セット)お渡ししています(じん臓機能障害の人で、かつ、人工透析療法のため通院をしている人には4冊お渡しします。)
 お渡しできるのは、年度につき1回限りです。

対象者と福祉タクシー利用助成券の種類

 対象者とお渡しできる福祉タクシー利用助成券の種類は次のとおりです。

対象者1乗車当たり複数枚使用可1乗車当たり1枚のみ
   
身体障害者手帳1級2級3級
療育手帳マルAAマルB

精神障害者

保健福祉手帳

1級2級

申請から受け取りまで【窓口】

  1. 窓口の場合は、※廿日市市障がい者福祉タクシー利用助成券交付申請書(以下「申請書」という。)に記入した上で、近くの窓口へ提出してください。 

窓口

  • 廿日市市役所障害福祉課   〒738-8501  廿日市市下平良一丁目11番1号   電話:0829-30-9152 
  • 佐伯支所市民福祉グループ   〒738-0292   廿日市市津田1989番地         電話:0829-72-1124
  • 吉和支所市民福祉グループ   〒738-0301   廿日市市吉和3425番地1               電話:0829-77-2112
  • 大野支所健康福祉グループ  〒739-0492  廿日市市大野一丁目1番1号     電話:0829-30-1004
  • 宮島支所市民福祉グループ  〒739-0595  廿日市市宮島町1165番地6        電話:0829-44-2001

申請に必要なもの

  1. 廿日市市障がい者福祉タクシー利用助成券交付申請書【窓口用】 (PDFファイル58KB)
  2. 障害者手帳
  3. 窓口に来られる人の印鑑(ゴム印不可)
  4. 代理人が来られる場合、代理人の本人確認資料(マイナンバーカード、運転免許証、旅券など)

申請書記入例

申請から受け取りまで【郵送】 ※コロナ感染症対策のため、郵送での申請を受け付けます

  1. 郵送希望の場合は、【郵送時に必要なもの】を障害福祉課に郵送してください。
  2. 確認した上で簡易書留にて福祉タクシー利用助成券を郵送します。  

  ※手続きに一定の時間がかかります。(受付後、約一週間)ご了承の上、申請をしてください

  ※簡易書留で郵送します。簡易書留の受領書をもって受領書のかわりとします

郵送時に必要なもの

  1. 記入・押印ずみの※廿日市市障がい者福祉タクシー利用助成券交付申請書【郵送用】 (PDFファイル61KB)
  2. 返送先記載の返信用封筒(切手不要)
  3. 障害者手帳のコピー 

申請書記入例

郵送先

   〒738-8501

    廿日市市下平良1丁目11番1号

    廿日市市役所 障害福祉課 行

福祉タクシー利用助成券を使うことができるタクシー会社

 福祉タクシー利用助成券を使うことができるタクシー会社は福祉タクシー利用助成券を使うことができるタクシー会社 (PDFファイル98KB)ご確認ください。(窓口にも一覧表があります。)

福祉タクシー利用助成券の利用上の注意

  1. 利用助成券は、交付を受けた本人しか使用できません。
  2. 氏名、乗車年月日は、各人で記入してください。
  3. 利用助成券は、1回の乗車で、乗車料金の範囲内で、使用できます。
  4. 乗車料金の支払いの際には、手帳を提示し、利用助成券と乗車料金から570円に利用助成券の枚数を乗じた額を差し引いた料金をお渡しください。(なお、乗車料金が570円より低い場合は、おつりはありません。)
  5. 利用助成券は有効期限を過ぎたら使用できません。
  6. 利用助成券は金券と同じですから大切に扱ってください。紛失されても再交付できません。

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerを持っていない人は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)