ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 廃棄物対策課 > 廃棄物の屋外焼却(野焼き)

廃棄物の屋外焼却(野焼き)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

野焼きは原則禁止

 廃棄物の屋外焼却いわゆる「野焼き」は、煙や悪臭によって近所迷惑になるばかりでなく、ダイオキシン類などの有害物質の発生、そして火災の原因にもなり、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で禁止されています。
 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の改正により、平成13年4月1日から原則としてすべての廃棄物に関して野焼きが禁止となりました。

 例えば、次のような焼却行為は法律に違反しますので罰せられることがあります。

  • 地面の上で直接廃棄物を燃やすこと
  • ドラム缶や1斗缶、掘った穴の中で廃棄物を燃やすこと
  • ブロックやコンクリートなどで囲った中で廃棄物を燃やすこと
  • ドラム缶に煙突を付けただけのような簡易な焼却炉で廃棄物を燃やすこと

野焼き禁止の例外

1.国または地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却

 河川管理者による河川管理を行うための伐採した草木などの焼却、海岸管理者による海岸の管理を行うための漂着物などの焼却など

2.災害の予防、応急対策または復旧のために必要な廃棄物の焼却

 震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害の予防、応急対策または復旧のために必要な廃棄物の焼却 (凍霜害防止(廃タイヤの焼却は含まれない)のための稲わらの焼却、災害時における木くずなどの焼却、道路管理のために剪定(せんてい)した枝条などの焼却など)

3.風俗慣習上または宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却

 とんど焼きなどの地域の行事における不要となった門松、しめ縄などの焼却

4.農業、林業または漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却

 農業者が行う稲わらなどの焼却、林業者が行う伐採した枝条などの焼却、漁業者が行う漁網に付着した海産物の焼却など

5.日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの

 たき火やその他、日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって、軽微なもの (たき火、キャンプファイヤーなどを行う際の木くずなどの焼却。

 ※軽微なものとは煙や臭いなどが近所の迷惑にならない程度に少量な焼却のこと。

 この例外による屋外焼却を行う場合でも、洗濯物に臭いや灰が付いたり、住居などに煙が侵入したり、近所の迷惑となり苦情などがあった場合は、改善命令や行政指導の対象となります。安易に焼却せず、適切な処理方法を優先するなど、生活環境への負荷をできる限り軽減してください。

問い合わせ先

  • 廿日市市役所 廃棄物対策課 廃棄物対策グループ 電話:0829-30-9133 ファクス:0829-31-0999
  • 佐伯支所 環境産業グループ 電話:0829-72-1115 ファクス:0829-72-0415
  • 吉和支所 環境産業建設グループ 電話:0829-77-2114 ファクス:0829-77-2078
  • 大野支所 環境産業グループ 電話:0829-30-2009 ファクス:0829-55-1307
  • 宮島支所 環境産業グループ 電話:0829-44-2003 ファクス:0829-44-2753