ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 環境政策課 > 太陽光発電システム

太陽光発電システム

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

 廿日市市では、地球温暖化の防止や環境保全意識の高揚を図り、環境にやさしいまちづくりを推進するため、住宅用太陽
光発電システムを設置する人に対して、補助金を交付しました。

 今までの補助件数や公共施設への太陽光発電システムの設置状況、システムを設置した人の意見を紹介します。

住宅用太陽光発電システム補助金交付状況

 廿日市市では、平成22年度~平成25年度の4年間、補助金を交付しました。この期間には国による補助制度もあり、太陽光発電システムを設置した人の多くは国と市による補助制度を利用したようです。

年度

補助金交付件数

1件あたりの補助金額

予想発電能力

平成22年度

137件

70,000円

527キロワット

平成23年度

198件

70,000円

836キロワット

平成24年度

198件

50,000円

891キロワット

平成25年度

227件

50,000円

1,122キロワット

合計

760件

3,376キロワット

市民アンケートでの意見

 廿日市市の補助金を利用して太陽光発電システムを設置した人を対象にアンケート調査を行いました。回答されたアンケートの中から意見の一部を紹介します。

  • システムを設置して節電に対する意識が変わった。
  • システム設置後、子どもたちがこまめに電気のスイッチを切ってくれるようになった。
  • 発電量が予想以上に多く、電気を売電することができ満足している。
  • 設置費用が高い。
  • 補助金額が少ない。

公共施設への太陽光発電システム導入状況

 廿日市市では、普及啓発や災害時のライフライン確保などを目的に本庁舎・文化センターをはじめ、公共施設へ太陽光発電システムを設置しています。下の表の公共施設には太陽光発電システムが既に設置されています。

施設名

設置年

発電能力

火葬場霊峯苑

平成12年

3.1キロワット

廿日市衛生センター

平成12年

2キロワット

金剛寺小学校

平成22年

5キロワット

大野東中学校

平成22年

5キロワット

本庁舎・文化センター

平成22年

40キロワット

津田保育園

平成23年

10キロワット

大野学園

平成26年30キロワット

中央市民センター

平成28年5キロワット

本庁舎の太陽光パネル