ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 環境政策課 > 旅館(ラブホテル建築規制条例)

旅館(ラブホテル建築規制条例)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

 廿日市市では、健全で快適な社会環境を保全するため、いわゆるラブホテルの営業を行う施設の建築に対して必要な規制を行うことを目的とした「廿日市市ラブホテル建築規制に関する条例」を施行しています。

 この条例では、市内のラブホテルの建築が禁止されているため、ホテルなどの建築予定者は、建築確認申請などの手続きを行う前に、市長に対してホテルなど建築計画届出書を提出して、当該施設が、ラブホテルに該当しない旨の判定を受けなければ、ホテルなどを建築することができません。
 この条例に違反してラブホテルを建築すると、罰則が科せられます。

 手続き方法や施設の構造設備の基準など詳しくは、環境政策課に問い合わせてください。

申請書などのダウンロード

ホテルなどの建築計画の届け出をするとき

ホテルなどの建築が完了したとき

ホテルなどの建築予定を周知する標識を設置するとき

ホテルなどの施設の構造基準など

制度の概要、届出から建築までの流れなど

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)