ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 環境政策課 > 専用水道・簡易専用水道・飲用井戸

専用水道・簡易専用水道・飲用井戸

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

専用水道

 井戸など自己水源を主に利用するもので、101人以上の人の住居に水を供給する水道施設や1日20トンを超える給水能力を持つ水道施設などを専用水道といいます。

 専用水道(寄宿舎、社宅などにおける自家用の水道などであって一定の要件を満たすもの)の布設工事をするときは、事前に市役所へ申請を行い、施設の構造設備が、法令などに定められた基準に適合することに関して、確認を受けた後でなければ、工事に着手することができません。

 専用水道の設置者は、安全な水を供給するために、法令などの基準に従って専用水道の維持管理をしなければなりません。

 また、すでに市役所へ申請している事項に変更が生じたとき、専用水道を廃止するときなどにも、その旨の届出が必要です。

 手続き方法や施設の構造設備の基準など詳しくは、環境政策課に問い合わせてください。

申請書などのダウンロード

専用水道を布設するとき

専用水道の給水を開始するとき

専用水道の申請事項を変更するとき

専用水道を廃止するとき

専用水道管理業務を委託するとき

専用水道管理業務委託契約が失効したとき

専用水道の施設の構造基準など

簡易専用水道

 水道事業者から受ける水道水のみを水源とし、受水槽の有効水量が10立方メートルを超える水道施設を簡易専用水道といいます。

 簡易専用水道の管理が不適切な場合、病原性生物による汚染や異物の混入などの問題が生じることがあります。
 利用者の健康や日常生活に直接影響を及ぼすため、いつでも安全で衛生的な水が供給されるよう、水道法により、維持管理のための管理基準を守ること、定期検査を実施することなどが義務付けられています。

簡易専用水道の管理の検査

 簡易専用水道の管理の検査は、厚生労働大臣の登録を受けた次の水質検査機関で行うことができます。

検査機関所在地電話
一般財団法人広島県環境保健協会広島県広島市中区広瀬北町9-1082-293-1511
公益財団法人山口県予防保健協会山口県山口市吉敷下東三丁目1-1083-933-0018
エスク三ツ川株式会社大阪府大東市三箇四丁目18-18072-871-1065
株式会社ケイ・エス分析センター大阪府富田林市錦織南二丁目9-20721-20-5611
日東化学工業株式会社福岡県北九州市小倉南区徳吉東四丁目9-1093-451-2711

 ※ 平成26年7月1日現在、広島県の簡易専用水道の管理の検査を行うことができる検査機関を掲載しています。
 ※ 検査に要する費用などは各検査機関に直接問い合わせてください。

簡易専用水道の施設の構造基準など

飲用井戸

 井戸水は、周囲の環境の変化によって影響を受けたり、井戸の管理が不十分なことで汚染されたり、常に一定の水質を保っているわけではありません。

 清潔で安全な水は、私たちの生活に欠くことのできないものです。不衛生な井戸水を飲用すると、利用者の健康を損なうことがあるので、井戸の設置者は、次の点に気をつけて、井戸水の安全確保に努めてください。

施設の管理

  • 井戸やその周辺に、みだりに人や動物が入らないようにしてください。
  • 井戸やその周辺の点検・清掃を定期的に行い、常に清潔に保つよう努めてください。
  • 井戸に消毒装置を設けるよう努めてください。

水質検査

(1)新設時の検査

 井戸を新たに設置したときは、事前に水道法の水質基準に準じた水質検査を行い、安全を確認してから飲用してください。

(2)日常の検査

 毎日、「色」、「濁り」、「臭い」、「味」の4項目に関して異常が無いか確認してください。

(3)定期の検査

 定期的(年1回以上)に、次の検査項目に関して水質検査を行ってください。

検査項目一般細菌、大腸菌、硝酸態窒素および亜硝酸態窒素、塩化物イオン、有機物、pH(ペーハー)値、味、臭気、色度、濁度
その他の検査項目広島県内では上の10項目以外に、地質由来と考えられるヒ素、フッ素、鉄、マンガンなどが検出されることがあるので、必要に応じてこれらの検査項目を追加してください。

(4)臨時の検査

 日常の検査で異常があった時や地震、洪水などの災害の後は、井戸水が汚染している可能性がありますので、必要に応じて水質検査を行ってください。

井戸水が汚染されたとき

 飲用している井戸水が、人の健康に害を及ぼすおそれがあることを確認した時、水質検査の結果、井戸水の汚染が明らかになった時は、直ちに井戸の使用を止めて、その水を飲まないよう、井戸水の利用者に知らせてください。

 井戸水の汚染の原因を調査し、原因を取り除いた後は、必ず水質検査を行い、安全を確認してから再使用してください。

水質検査機関

 水質検査は、厚生労働大臣の登録を受けた次の水質検査機関で行うことができます。

名称所在地電話番号
株式会社アサヒテクノリサーチ大竹市晴海二丁目10-220827-59-1800
株式会社エヌ・イーサポート広島市西区己斐本町三丁目13-16082-272-9000
中外テクノス株式会社広島市西区横川新町9-12082-295-2222
株式会社中国環境分析センター竹原市塩町一丁目3-10846-22-2629
東和環境科学株式会社広島市中区舟入町6-5082-297-6111
株式会社日本総合科学福山市箕島町南丘399番地46084-981-0181
一般財団法人広島県環境保健協会広島市中区広瀬北町9-1082-293-1511
富士企業株式会社広島市佐伯区楽々園四丁目6-19082-923-0188
株式会社三井開発東広島市八本松町原4792番地082-429-3231
ラボテック株式会社広島市佐伯区五日市中央六丁目9-25082-921-5531

 ※平成26年7月1日現在、広島県内に主たる事務所を置く検査機関を掲載しています。
 ※検査に要する費用などは、各検査機関に直接問い合わせてください。

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)