ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 危機管理課 > 「熊本地震」で被災された皆さんへの支援

「熊本地震」で被災された皆さんへの支援

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月22日更新

平成28年4月14日(木曜日)からの「熊本地震」で被災された皆さんへの支援    

 平成28年4月14日(木曜日)からの「熊本地震」によりお亡くなりになられた方々、そしてご遺族の皆様に、心よりお悔み申し上げますとともに、被災された多くの皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 廿日市市では、熊本県を中心に大規模な被害が発生したことを受けて、平成28年4月18日(月曜日)に「熊本地震支援対策連絡会議」を立ち上げました。

 被災された皆様の一日も早い生活の再建に向け、積極的に支援して参りますので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

廿日市市長 眞野 勝弘

 

廿日市市の支援状況                              

被災地への職員派遣

 平成28年4月19日(火曜日)から、被災した建物と宅地の調査、応急給水などのため、被災地に職員を派遣しています。

救援物資の提供

 平成28年4月20日(水曜日)に、熊本県内の避難所などに救援物資を送りました。

内訳
  • クラッカー 1,470食
  • アルファ化米(梅粥・わかめご飯・ミキサー粥) 1,000食
  • 粉ミルク(130グラム) 48箱
  • 毛布 300枚
  • 幼児用オムツ 450枚
  • 成人用オムツ 60枚
  • 生理用品 944枚

支援物資詰込状況
【支援物資詰込状況】

 4月14日(木曜日)からの「熊本地震」で被災された皆さんへの支援               

住宅の提供

 被災された皆さんに、一時的な居住場所として市営住宅と消防職員住宅を提供しています。
 詳細は、次の「提供住宅一覧」をご覧ください。

問い合わせ先
  • 廿日市市役所 建設部 住宅政策課 電話:0829-30-9177
  • 廿日市市消防本部 総務課 電話:0829-30-9231

廿日市市へ避難してこられた皆さんへの支援

 廿日市市に転入された人には、次のような支援制度があります。

 ※ここに記載した支援制度の内容は、追加や変更の可能性もありますので、ご了承ください。

支援項目支援内容担当
 
福祉一般健康相談災害により悩みやストレスを受けた人の健康相談

健康推進課健康づくりグループ
0829-20-1610

生活福祉資金

生活福祉資金の貸し付け

  • 貸付対象者:被災により一時的に生活費が必要な者(世帯)
    ※官公庁が発行するり災証明書または被災証明書が必要
    (そのほか条件あり)
  • 貸付限度額:原則10万円以内

廿日市市社会福祉協議会
はつかいち生活支援センター
0829-20-4080

生活一般医療費災害による減免の要件に該当する人の国民健康保険の一部負担金の免除

保険課国保年金係
0829-30-9159

水道料金

水道料金、メーター使用料の全額免除(6カ月間)
※廿日市市水道局ホームページ

廿日市市水道局お客さまセンター
0829-32-2286

下水道使用料

下水道使用料の全額免除(6カ月間)
※廿日市市水道局ホームページ

廿日市市水道局お客さまセンター
0829-32-2286

市税・料
  1. 国民健康保険税の減免
  2. 納付などの期限の延長

課税課保険税係
0829-30-9114

税制収納課税制管理係
0829-30-9110

生活用品の提供

  • 対象者:市営住宅・消防職員住宅に入居する被災世帯
  • 提供品目:寝具、衣類、食器類、衛生用品、台所用品など

福祉総務課地域福祉グループ
0829-30-9151

問い合わせ先

 廿日市市役所 福祉保健部福祉総務課 地域福祉グループ 電話:0829-30-9151

 義援金                                     

 被災された皆さんを支援するため、市の各施設に募金箱を設置しています。

 募金は、日本赤十字社を通じて被災地へ送金し、被災者の生活支援と地域の復興支援のために使われます。

 皆さんの温かい支援をよろしくお願いします。

設置場所および設置時間

設置場所

設置時間

 

廿日市市役所 1階

月曜日~金曜日
8時30分~17時15分
※祝日を除く

各支所 1階

 なお、領収書が必要な人は廿日市市社会福祉協議会各事務所へ直接申し出てください。

問い合わせ先

 廿日市市役所 福祉保健部福祉総務課 地域福祉グループ 電話:0829-30-9151

 災害ボランティア

ボランティアの申し込み方法

 被災地でのボランティア活動を希望される人は現地のボランティアセンターに問い合わせてください。

ボランティアに行く前に 

 被災された皆さんや他のボランティアの負担や迷惑にならないよう、ボランティア一人一人が自分自身の行動と安全に責任を持つ必要があります。
 現地の状況確認や持ち物の準備、食事・宿泊場所の確保など事前の準備を万全にしてください。

 また、ボランティアに従事する人は、必ずボランティア保険に加入しなければなりません。
 保険の詳細、加入手続きは、廿日市市社会福祉協議会ボランティアセンター(電話:0829-34-0231)に問い合わせてください。

問い合わせ先

 廿日市市役所 自治振興部 協働推進課 電話:0829-32-3810

熊本県内での災害ボランティア活動のために被災地に車で向かう人へ

 熊本県内での災害ボランティア活動のために高速道路を使用する方は、「災害派遣等従事車両証明書」を携行することで通行料が無料となります。

 証明書は、市役所3階危機管理課または各支所地域づくりグループにて発行します。

 ※ 受付時間:月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝日を除く)

申請の流れ
  1. 熊本県社会福祉協議会ホームページ(外部リンク)の緊急情報から各市町村でのボランティアの受付状況を確認してください。

  2. 「災害派遣等従事車両証明書に係る災害ボランティア証明書」 (Wordファイル 41KB)をメールまたはファクスなどで提出し、災害ボランティアの認定を受けてください。
     
  3. 認定を受けた後、2. の証明書と「災害派遣等従事車両証明の申請書」 (Wordファイル 34KB) (PDFファイル 82KB)を市役所3階危機管理課または各支所へ持参してください。

    ※「災害派遣等従事車両証明の申請書」は市役所または各支所にも用意していますので、来庁の際に記入していただくこともできます。その際には、印鑑を忘れず持ってきてください。
  4. 3. の申請書が提出された後、市の担当者から現地へ連絡をし、内容を確認して「災害派遣等従事車両証明書」を発行します。

問い合わせ先

  • 廿日市市市役所 総務部 危機管理課 電話:0829-30-9102
  • 廿日市市役所宮島支所 地域づくりグループ 電話:0829-44-2000
  • 廿日市市役所大野支所 地域づくりグループ 電話:0829-30-2005
  • 廿日市市役所佐伯支所 地域づくりグループ 電話:0829-72-1111
  • 廿日市市役所吉和支所  地域づくりグループ 電話:0829-77-2112

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)