ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特別警報

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

 大雨や津波、高潮などにより重大な災害の起こる恐れがある場合には、気象庁が警報を発表していますが、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波などが予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっているとき、特別警報が発表されます。
 特別警報が発表された場合、数十年に一度しかないような非常に危険な状況にありますので、屋外の状況や避難指示・勧告などに注意し、ただちに命を守るための行動をとってください。
 また、特別警報が発表されていないので、災害が発生しないということではありません。
 大雨などによる被害を防ぐには、時間を追って発表される注意報、警報やその他の気象情報を活用して、早めの行動をとることが重要です。
 外の状況により早めに避難所へ行ったり、外に出ることが危険な場合は屋内の高いところに避難したりするなど、周囲の状況に応じた行動をとることが大事です。

 詳細は、気象庁ホームページ(外部リンク)で確認してください。