ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地震防災マップ

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

 東日本大震災を踏まえて、広島県が地震被害想定の見直しを行い、平成25 年10 月に新たな地震被害想定を公表しました。
 この見直しにより、廿日市市に最も影響があると想定される地震が「五日市断層を震源とする地震」から「南海トラフ巨大地震」に変わりました。
 このため、廿日市市の地震防災マップに関しても、「五日市断層を震源とする地震」を想定したものから、「南海トラフ巨大地震」を想定したものに改訂しました。
 このマップを通して、日頃から皆さん一人一人が防災に関する意識を持ち、住宅の耐震化の促進や自らできる安全対策など、事前の備えに役立てていただくとともに、災害時に落ち着いて行動できるよう、正しい心構えと知識を身につけておきましょう。

地震防災マップ(地域別)

 地震の揺れの程度を表す「揺れやすさマップ」や、揺れによって液状化現象が生じる程度を表す「液状化危険度マップ」、揺れによって被害を受ける建物の割合を表す「建物被害マップ」などを掲載しています。

南海トラフ巨大地震などによる被害想定・津波浸水想定

 東日本大震災を踏まえ、広島県がこれまでの「広島県地震被害想定調査報告書(平成19年3月)」と「広島県津波浸水予想図(平成17年3月)」の見直しを行いました。

地震への備え

 「地震に対する基本的な情報」として、地震発生時の行動、防災情報、非常持出品を、「住まいの地震対策」として、わが家の耐震チェック、木造住宅の補強方法、家具の転倒防止対策などを掲載しています。

問い合わせ先

  • 廿日市市役所 危機管理課 危機管理係 電話:0829-30-9102 ファクス:0829-32-1059
  • 廿日市市役所 建築指導課 建築指導係 電話:0829-30-9191 ファクス:0829-31-0999

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)