ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 農林水産課 > 広島市農林水産振興センター・就農支援研修の案内

広島市農林水産振興センター・就農支援研修の案内

印刷用ページを表示する掲載日:2017年10月1日更新

平成30年度就農支援研修受講生募集 

 広島市農林水産振興センターで行われる農業研修制度が、広島広域都市圏の連携施策の一環として、廿日市市在住の人でも受講することができます。

 研修内容は、農業を基礎から学ぶもので、野菜や花の基礎的な栽培方法の習得を目的としています。
 次の3つのコースがあり、いずれも研修期間は1年間です。

 現在、平成30年4月1日からの研修生を募集中です。
 研修受講料は無料ですが、交通費は自己負担です。

 農業を学びたい人はぜひ問い合わせてください。

スローライフで夢づくり新規就農者

 セカンドライフや、半農半X的に農業を営んでみませんか。暮らしと共に営農活動を実践する新規就農者を育成します。

対象者

  1. 就農地を有していないこと
  2. 生産した野菜や切り花などを直売所などで販売できること
  3. 居住する市町に就農すること
  4. 研修終了後、斡旋する農地(1,000平方メートル以上)に就農すること
  5. 就農後、農地などを適切に管理し、地域と協調して活動できること

研修日

 毎週 月・水・金曜日(1年間) 9時~15時

ふるさと帰農者

 農地を持っている人で、定年などを機に帰農(営農)する人を支援します。
 野菜や切り花などの販売農家を目指します。

対象者

  1. 対象市町に居住し、就農できる農地があること
  2. 研修終了後、野菜や切り花の生産販売農家として農業を行うこと

研修日

 毎週 火・木曜日(1年間) 9時~15時

チャレンジ女性農業者

 農家の女性を対象に、家族などの営農に参加できる技術を学びます。
 野菜や切り花などの販売農家を目指します。

対象者

  1. 対象市町に居住し、就農できる農地があること
  2. 研修終了後、野菜や切り花の生産販売農家として農業を行うこと

研修日

 毎週 火・木曜日(1年間) 9時~12時

申し込み

 所定の申込用紙に必要事項を記入し、11月30日(木曜日)(当日消印有効)までに広島市農林水産振興センターへ申し込んでください。
 申込用紙は、廿日市市役所環境産業部農林水産課および各支所環境産業グループ窓口のほか、広島市農林水産振興センター(広島市安佐北区深川八丁目)にもあります。

研修の見学

 現在、平成29年度研修生が広島市農林水産振興センターで研修を受けています。
 応募される前に、研修内容に関して、実際に見学してみたい希望者は、受付期限までに同センターまで連絡してください。

問い合わせ

 広島市農林水産振興センター農業振興課 
 電話:082-842-4421
 広島市安佐北区深川八丁目30番12号

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)