ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 農林水産課 > あさり資源再生の推進

あさり資源再生の推進

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月23日更新

 アサリ漁場管理マニュアル表紙大野瀬戸は、宮島との間に広がる天然の干潟と穏やかな潮流に恵まれ、古くからアサリの産地として養殖が行われてきました。

 しかし、近年、全国的にアサリの漁獲量は減少しています。
 原因としては、アサリ資源量の減少、食害生物や競合生物の増加、海の環境変化などのいろいろな要因が複雑に絡み合っているものと考えられます。

 祖先から受け継いできたアサリ漁場を守り、次世代、次々世代に伝承するにはどうすればいいか。
 その一助になればとの思いで、「アサリ漁場管理マニュアル」を作成しました。

 アサリ養殖業者だけでなく、広く市民の皆さんにもアサリの基本知識やアサリを増やすための方策を知ってもらい、アサリの資源量の回復に役立ててください。

 なお、平成25年度からは、水産庁からの交付金により、「水産多面的機能発揮対策事業」を実施し、アサリ漁場の保全活動に取り組んでいます。


   

                                                                              【アサリ漁場管理マニュアル表紙】

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)