ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 観光課 > 産業連関強化塾開催レポート(第1回)

産業連関強化塾開催レポート(第1回)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月14日更新

 地域の魅力3点セットの充実を目指して実施する「産業連関強化塾」は、次の日程で第1回目を開催しました。

概要

とき

 2016年12月1日(木曜日)13時30分~16時30分

ところ

 廿日市市商工保健会館1階多目的ホール

参加者数

 51人

会場の様子

パネルを見る人

レポート

 農業、輸送業、旅館業など、さまざまな分野から51人が参加しました。
 会場では、地域の特産品や観光スポットを記したマップなどを掲示しました。

1 開会 13時30分

 廿日市市環境産業部長・永田英嗣から、産業振興ビジョンの概要や、産業連関強化塾のねらいを説明しました。

永田部長

2 講演 13時45分

 運営するレジャー・体験予約サイト「asoview!」を運営するアソビュー株式会社の大城翼さんが講師として登壇されました。
 体験型観光市場の動向や、広島県の状況などを分析し、参加者の運営するSNSや公式ウェブサイトなどを実際にスクリーンに映しながら、誘客につながるポイントや情報発信に関するアドバイスなどをいただきました。

講師紹介

講師
アソビュー株式会社ビジネスソリューション事業部 大城翼さん

 沖縄県出身。株式会社ビースタイルにて人材営業、企画、新規事業の立ち上げに従事。
 2014年、アソビュー株式会社に参画し沖縄支社を立ち上げる。
 申込数3倍を実現した経験と消費者目線のアドバイスが得意。

3 セッション 15時30分

 講師・大城さんと、コーディネーター・今若さんが登場しました。
 講演後に参加者から出された質問をもとに、2人によるセッションを行いました。

主な内容

  • SNSはインターネット登場と同じくらいインパクトがありフェイスブック、インスタグラムが伸びている。利用率が高い。何をしているか一目でわかる写真、より良い写真を選ぶことが重要。
  • 地域のなかで一点突破できる店は限られる。施設内や店内の話題だけでなく周りの店や近くの紹介をしていくことも大切。
  • (ネット予約が多い時間帯は?)
    夜22~25時頃と朝8時(電車通勤の時間帯)。つまり、スマートフォンを見る時間。情報発信の時間帯も通勤形態や生活習慣に合わせて調整すると効果的。
  • (写真の肖像権の問題は?)
    まずは家族や職員など、身内の写真で試してみては。画質がよいのでスマートフォンでも十分。

セッション(付箋を見る) セッション(大城さんしゃべる) セッション会場の様子

コーディネーター紹介

今若さん
株式会社地域事業再生パートナーズ 代表取締役 今若明さん

 2007年から廿日市市の産業振興や創業支援、6次産業化、インバウンド、産学官連携などの企画や事業化を支援。
 2014年、廿日市市内にオフィスを開設。
 山陽女子短期大学・中小企業大学校広島校の講師を務める。

司会者

 なお、連関塾のスタッフは、アウトドアをテーマに、各自で衣装をコーディネートしています!


産業連関塾のページに戻る
第2回に進む