ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 観光課 > 夏の見所とイベント紹介

夏の見所とイベント紹介

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月8日更新

夏の見所

 深緑と海がまぶしい夏を満喫!
 廿日市市のレジャースポットを紹介します。

宮島・包ヶ浦自然公園

宮島包カ浦自然公園


美しい砂浜と遠浅の自然のままの海岸線が約1キロ続く海水浴場です。
キャンプ場やグラウンドも併設されており、スポーツで汗をかいたあとは、BBQもできます。

極楽寺山キャンプ場

極楽寺キャンプ場


標高693メートルの極楽寺山山頂に位置するキャンプ場です。
張る手間のいらない常設テントをはじめ、炊事棟や水洗トイレ、シャワールームなど各種設備を完備し、気軽にキャンプを楽しむことができます。

立野キャンプ場

立野キャンプ場


西中国山地国定公園内にある、自然の雰囲気がそのまま残された市営キャンプ場。
だれでも無料で使えます。(要事前申し込み)

もみのき森林公園

もみのき森林公園


四季折々の自然が満喫でき、森林浴、スポーツ、フィールドアスレチック、バーベキューなどが存分に楽しめます。
オートキャンプ場やサイクリングコースも併設されています。

吉和魅惑の里

魅惑の里


ケビン・温泉・レストラン・芝広場・オートキャンプ場・バーベキューハウス・コンサートホールなどを有し、吉和の自然を満喫することができる施設です。(平成28年4月24日リニューアルオープン)

十方山

十方山


標高1,319メートル、広島県内でも3位の高峰です。
約1,200メートルの森林限界を超える山頂一帯では、360度の方向が見渡せる大パノラマも体験できます。

瀬戸の滝

瀬戸の滝


落差49メートルの二段滝を流れる水の透明度も素晴らしく、特別天然記念物のオオサンショウオまで生息しています。
十方山の登山道、瀬戸の滝コースからアクセスできます。

中津谷渓谷

中津谷渓谷


全長10数キロメートルにおよぶ渓谷には、巨岩や奇岩が連なり美しい景観が形作られています。
ヤマメなど渓流釣りのメッカとしても有名です。

冠山

冠山 クルソン岩からの眺望


国定公園でもある冠山は、雄大な景観で植物学的にも珍種に富み、県内でも最も人気のある山のひとつです。

弥山

弥山山頂


宮島の主峰・弥山は標高535メートル。
巨岩奇石が織り成す変化に富んだ景観、そして眼下に広がる瀬戸内海の多島美が訪れる人を魅了しています。

廿日市市 夏のイベント

管絃祭(かんげんさい)

管絃祭


平清盛が都の「管絃の遊び」を移し、神様を慰める神事として執り行われたのが始まりです。
16時(※)からの嚴島神社本殿での発輦祭の後、御鳳輦を御座船に移し、管絃を演奏しながら対岸の地御前神社に向かいます。
地御前神社からの御迎船を水先に地御前神社前の海上で祭典を行い、管絃を奉奏。続いて御座船は宮島に戻り、長浜神社と大元神社で順次祭典と管絃の奉奏を行います。
夜の大野瀬戸に浮かぶ五彩の幔幕や提灯で飾られた御座船。雅な平安絵巻は、深夜まで続きます。

 ※変更となる場合があります。

とき

 旧暦6月17日

ところ

 嚴島神社、地御前神社、長浜神社、大元神社

玉取祭(たまとりさい)

玉取祭


約400年前から伝わる祭で、大鳥居前の海中に組んだ高さ8メートルのヤグラに吊された幸福の宝珠を取るために人間ピラミッドを組んで若者たちが飛びかかる勇壮な祭です。
江戸時代には延年祭と呼ばれ、神社の拝殿で行われていました。
明治初期から今のような形になり、管絃祭とともに嚴島神社の代表的な夏の祭りとして知られています。

とき

 8月ごろ

ところ

 嚴島神社

宮島水中花火大会

宮島水中花火大会


毎年8月に嚴島神社大鳥居沖合の海上で開催される宮島の夏の風物詩です。
その名が示すように、船から水中尺玉(30センチメートル)が100発も海中に投げ込まれ、朱の大鳥居と嚴島神社の社殿を幻想的に浮かび上がらせる水中花火は、日本一と賞賛されています。
また、台船から打ち上げられる数千発の花火の美しさも格別で、海上を舞台に鮮やかな輝きと大鳥居のシルエットが見事なコントラストをつくり出します。

とき

 8月26日

ところ

 嚴島神社前の海上