ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 産業振興課 > 第43回児童・生徒「木のまち木工工作コンクール」

第43回児童・生徒「木のまち木工工作コンクール」

印刷用ページを表示する掲載日:2018年7月31日更新

第43回児童・生徒「木のまち木工工作コンクール」
の作品募集および第42回審査結果

第43回児童・生徒「木のまち木工工作コンクール」の作品募集

 

(1)募集内

  • 第1部門 小学校低学年の部(1~4年の児童)
  • 第2部門 小学校高学年の部(5・6年の児童)
  • 第3部門 中学生の部(全生徒)

(2)応募方法

 応募用紙に作品のタイトル・名前などを書いて、作品と一緒に廿日市市木材利用センターに持って来てください。   

(3)作品基準

 木材および木産材を主材料として利用・加工した創作品で、作品の大きさは一辺の大きさが60センチメートルを超えないもの。また、子どもが自ら考え、子どもの手で作ったもの 

 ※今回からサイズが60センチメートル以下となりますので注意してください

(4)応募締切

 平成30年9月28日(金曜日)

  ※10月中旬に審査会を開催し、部門別に各賞を決定します

  ※応募作品は廿日市市木材利用センターなどに展示したあと、応募者に返却します

  ※その際、平成30年12月2日(日曜日)までに廿日市市木材利用センターに必ず受け取りに来てください

【本コンクールの詳細は下記の募集要項からご確認ください】

(5)材料(木材)の提供   

 本コンクールに応募するため、木材が必要な人は、無料で端材を提供します。廿日市市木材利用センターの営業時間内に直接取りに来てください。

 ※端材は、本コンクールの趣旨にご賛同いただいた、市内木工事業者から提供していただいています

端材

 

第42回児童・生徒「木のまち木工工作コンクール」審査結果

 平成29年11月25日(土曜日)に、第42回児童・生徒「木のまち木工工作コンクール」の表彰式が開催されました。
 このコンクールは、廿日市市内の児童・生徒の皆さんに、木の良さや物を作る喜びを感じてもらうことを目的として、毎年開催されています。
 平成29年度は、市内の小中学生から木工作品計177点の応募があり、金賞・銀賞・銅賞・優秀賞・参加賞の順に、厳正な審査が行われました。
 このうち、金賞作品は、平成30年3月に開催された第42回全国児童・生徒木工工作コンクールにノミネートされました。

 A B C

第42回児童・生徒「木のまち木工工作コンクール」入賞者

作品名学校名・学年作者名
小学校低学年の部
金賞(廿日市市教育長賞)森のエゾリス地御前小学校(2年生)山田 康滋            
銀賞森の中の大きなハウス金剛寺小学校(2年生)中川 桜和佳    
銀賞木ツネ平良小学校(4年生)梶川 詩音  
銅賞五十音スタンプ金剛寺小学校(4年生)中川 佳奈映  
優秀賞ビー玉スライダー宮園小学校(3年生)西井 琢真  
優秀賞リサイクル100玉そろばん宮内小学校(1年生)阿鷹 柑菜  
優秀賞ドクターヘリ大野西小学校(2年生)泉 杏奈  
作品名学校名・学年作者名
小学校高学年の部
金賞北海道の思い出地御前小学校(5年生)山田 悠太
銀賞厳島竜宮城大野東小学校(6年生)平野 楓真
銅賞セミ大野西小学校(5年生)泉 祐成
優秀賞じょうぶなイス津田小学校(5年生)野田 栞菜
優秀賞えんぴつたて四季が丘小学校(5年生)末岡 遥斗
優秀賞ぼくのバット廿日市小学校(5年生)三家本 啓太
作品名学校名・学年作者名
中学校の部
金賞(廿日市市長賞)花畑の公園山陽女学園中等部(1年生)藤井 秋桜