ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 人権・男女共同推進課 > ヒューマンシアター「聲の形」

ヒューマンシアター「聲の形」

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月10日更新

 廿日市市では、人権に関して皆さんとともに考えるための、いろいろな機会を設けています。
 その一環として、今年度も映画の上映を行います。

ヒューマンシアター「聲の形(こえのかたち)」

ちらし「こえのかたち」―伝えたい「こえ」がある。聞きたい「こえ」がある。―

原作は、「週刊少年マガジン」に連載され数々の賞に輝いた、大今良時の漫画「聲の形」。アニメーション映画として登場しました。

ガキ大将だった少年と先天性聴覚障がいがある少女との出会い。
一人の少年が、少女や周りの人たちのこと、そして自分を受け入れる物語。

平成30年7月に施行された「手話言語の普及及び多様なコミュニケーション手段の利用促進によるやさしいまちづくり条例」に関連して、手話を扱った作品を上映します。

(字幕付き)

とき

 平成30年10月27日(土曜日)14時~16時30分(13時30分開場)

ところ

 はつかいち文化ホールさくらぴあ 大ホール
 (廿日市市下平良一丁目11番1号)

 ※駐車場には限りがあります。来場の際には公共交通機関を利用してください

入場料

 無料(先着1,000席)

問い合わせ

 廿日市市人権・男女共同推進課
 電話:0829-30-9136 ファクス:0829-32-1059

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)