ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 総務課 > 平成27年度の平和事業

平成27年度の平和事業

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

戦後70周年事業「平和の大切さを未来につなぐメッセージ」川柳・作文 優秀作品

 戦後70周年事業として、市内の小中学生から川柳や作文を募集しました。
 応募のあった作品の中から最優秀賞9点、優秀賞40点を選定し、平成27年11月8日に表彰しました。
 優秀作品を紹介します。
 ※文法上、事務局で若干の校正をしております。ご了承ください。

戦後70周年事業「はつかいち平和の祭典2015」のお知らせ

 戦後70周年事業として、平和の展示・平和コンサートなどを行います。
 また、はつかいち文化センター市民ホールには平和メッセージアートを展示しています。

 詳しくは、はつかいち平和の祭典2015のページをご覧ください。

被爆アオギリ二世の植樹(平成25年7月)

 昭和20年(1945年)8月6日午前8時15分、人類史上初の原子爆弾が広島市に投下され、多くの命が奪われました。被爆アオギリ二世の親木アオギリは、爆心地から北東1.3キロメートルにある旧広島逓信局の中庭で被爆しましたが、焦土の中で青々と目を吹き返し、被爆者に生きる希望を与えました。
 被爆アオギリ二世は、このアオギリの種から育てられたもので、過ちを再び繰り返さないよう、被爆の実相を後世に伝えます。
 廿日市市では平成25年7月に植樹しました。

市役所本庁舎に植えられた被爆アオギリ二世
市役所本庁舎に植えられた被爆アオギリ二世

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)