ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

情報公開制度

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

 情報公開制度は、市が持っている市政に関する情報(公文書)などを市民の皆さんの請求に応じて、個人情報など保護するものを除いて公開するものです。
 この制度は、市民の皆さんに公文書の開示を請求する権利を保障するとともに、市は市政に関することを説明する責任があることを明らかにして、市民の皆さんの市政に対する理解と信頼を深め、市民参加による公正で開かれた市政を一層推進することをめざしています。

開示

開示をできる人

  1. 市内に住所がある人
  2. 市内に事務所などのある法人や団体
  3. 市内にある事務所などに勤務する人
  4. 市内の学校に在学する人
  5. その他、市が行う事務事業に利害関係のある人

開示の対象となる情報(公文書)

 平成12年4月1日以降に、職員が職務上作成または取得した文書、図画、写真、フィルム、ビデオテープ、録音テープなどで、市が保有しているものが対象になります。
 なお、条例が施行される前の公文書は、整理されたものから順次対象となりますが、対象とならない公文書でも可能な限り開示していく予定です。

制度を実施する機関

   1. 市(長)
   2. 教育委員会
   3. 選挙管理委員会
   4. 公平委員会
   5. 監査委員
   6. 農業委員会
   7. 固定資産評価審査委員会
   8. 水道(事業の管理者)
   9. 消防(長)
  10. 議会

請求の手続き

 情報公開に関する手続きは、市役所2階の行政資料室、佐伯支所、吉和支所、大野支所および宮島支所で行います。
 開示請求をする人は、ここで「開示請求書」に知りたい情報などの必要事項を記入して提出してください。その際、市の職員が情報の特定などをするために請求書の記入を手伝います。
 また、開示請求手続きは、「広島県・市町村電子申請システム」により、インターネットを利用して行うことができます。詳しくは、電子申請のページをご覧ください。
 開示請求は、請求書を提出してもらうことになりますので、電話や口頭での請求はできません。
 水道局または消防本部が持っている情報は、直接水道局または消防本部の窓口で手続きを行うことができます。

不開示となる情報

  1. 法令や条例の定めなどで開示できないもの
  2. 個人に関する情報で、特定の個人が識別されるもの(すでに公開されている情報や人の生命などを保護する必要がある場合は開示することがあります。)
  3. 法人などの団体に関する情報で、その権利や競争上の地位、その他正当な利益を害する恐れなどがあるもの(人の生命などを保護する必要がある場合は開示することがあります。)
  4. 人の生命、身体、財産または社会的な地位の保護、犯罪の予防、犯罪の捜査など、公共の安全と秩序の維持に支障をきたすおそれがあるもの
  5. 市の機関などが審議、検討などをしている情報で、意思決定の中立性が不当に損なわれたり、市民の間に混乱を生じさせたり、特定の人が不利益を被ったりするおそれなどがあるもの
  6. 監査、検査、交渉、試験、調査など、市の機関などが行う事務や事業に関する情報で、その事務、事業の適正な遂行に支障をきたすおそれがあるもの

 なお、公文書の一部に開示できない情報が含まれている場合は、その部分を除いて開示できるものもあります。
 また、開示できない情報でも一定の期間が過ぎれば開示できるものもあります。

開示の決定

 市は、請求書を受け取った日から15日以内に、全部を開示するか、一部を開示するか、開示しないかを決定し、その結果を通知します。
 開示する日時は、請求した人と相談の上、開示の結果とともにお知らせします。ただし、請求のあった公文書が大量である場合など、やむを得ない理由があるときは、決定する期間を延長することがあります。 

開示の方法

 開示は、閲覧などの方法で行います。また、請求があれば公文書の写し(コピー)を渡すこともできます。
 公文書の開示は市役所2階の行政資料室、佐伯支所、吉和支所、大野支所および宮島支所で行います。
 開示のときは、市が送付した通知書を持参してください。
 なお、公文書の写しを郵送することもできます。

開示の費用

 公文書の閲覧は無料ですが、公文書の写し(コピー)の交付や郵送を希望する場合は、実費が必要です。
 コピーした場合は、A3判サイズまでの大きさで1枚10円(片面)となっています。

救済手続き

 請求された公文書を開示しないときは、その理由を伝えますが、その処分に不服があるときは、開示できない旨などの通知を受けた日の翌日から3カ月以内であれば、市に審査請求ができます。

情報公開審査会

 不服申し立てがあった場合、市は速やかに「廿日市市情報公開審査会」に諮問することになります。
 この審査会は有識者5人以内の委員により構成され、委員は、公平な立場で「開示すべきか、不開示にすべきか」を審査し、その結果を市に答申することになります。
 市は、審査会で慎重に検討した答申の内容を尊重して、開示・不開示の決定を行うことになります。

行政資料室・情報公開コーナー 

 情報公開の窓口は市役所2階の行政資料室、佐伯支所、吉和支所、大野支所および宮島支所の情報公開コーナー(地域づくりグループ)になります。
 行政資料室および情報公開コーナーでは、情報公開に関する各種相談や市が発行しているパンフレットや各種資料などを自由に閲覧することができます。気軽に利用してください。

利用時間

行政資料室

 9時~17時

情報公開コーナー

 8時30分~17時

 ※ただし、土曜日、日曜日、祝日、年末年始は利用できません。

請求などの状況

 公文書の閲覧などの請求(申し出)および決定の状況は下の表のとおりです。 
 開示申し出とは、開示をできる人(市内に住所がある人など)以外の人からの閲覧などの申し出のことです。
 部分開示としたのは、特定の個人が識別できる情報が含まれていたため、その部分を除いて開示したからです。

開示請求および決定などの状況(単位:件)

区分

開示請求

決定などの状況

全部開示

部分開示

不存在
(不開示)

取り下げ

平成22年度

55

16

15

24

平成23年度

72

32

14

34

10

平成24年度

99

33

40

32

7

平成25年度

59

29

23

19

4

平成26年度914040331

 ※1件の請求に対し複数の決定が行われる場合があることから、請求件数と決定の件数の合計は、必ずしも一致しません。

開示申し出および決定などの状況(単位:件)

区分

開示申し出

決定などの状況

全部開示

部分開示

不存在
(不開示)

取り下げ

平成22年度

38

9

26

3

平成23年度

57

11

45

1

平成24年度

60

7

52

1

平成25年度

65

4

58

3

平成26年度9278411

関連リンク