ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 市民課 > 住民登録(国外からの転入)

住民登録(国外からの転入)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年7月10日更新

国外から転入する

 国内での滞在期間が1年未満の予定であれば、一時滞在とみなされ届け出の必要はありません。
 手続きの際は、下記の届け出に必要なものを持参し、原則本人が窓口へ来てください。

1. 届出期限

 住所を定めてから14日以内(届出期限を過ぎると過料が発生する場合があります。)
 新しい住所に住み始める前からの届け出はできません。

2. 届け出る場所

 廿日市市役所市民課および各支所 (住基窓口)

3. 届け出る人

 本人

 ※代理人の場合は、本人からの委任状および本人のパスポートの原本が必要です。なお、外国人の場合は、在留カードまたは特別永住者証明書の原本も必ず持参してください。

必要なもの

  • パスポート(転入する人すべて、コピー不可) 

 入国審査の際にパスポートに押印されるスタンプ (証印)で、入国日の確認をしています。
 自動化ゲートを利用し、パスポートに出入国記録が残らない場合は、入国管理局の職員に申し出ていただき、入国日のスタンプを押していただくようお願いします。
 スタンプがない場合は、パスポートのほかに帰国時の航空券の半券など、入国日が分かるものを併せて持参してください。

  • 戸籍謄本または抄本および戸籍の附票(日本人のみ)

 ※廿日市市が本籍地の場合は、不要です。
 ※最終住民登戸籍謄録地が廿日市市で廿日市市に転入する場合、戸籍の内容に変更がなければ不要です。

  • 在留カード、特別永住者証明書(外国人のみ)

 ※新規入国時に、在留カードが発行されなかった場合は、パスポートに添付されている在留資格などのシールで手続きが可能(「後日、在留カードを交付する旨」の証印がなされた、パスポートが必要です)な場合があります。

届出人が代理人の場合
  • 転入手続きを委任する本人の委任状
  • 本人のパスポート(原本)
  • 代理人の本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証など)  

4. 国外転入時の注意事項

 国外から廿日市市に転入する際、他の市区町村において住民登録が残っている場合は、国外転入の受付ができません。先に他の市区町村において転出の手続きを行ってください。

問い合わせ先

  • 廿日市市役所 市民課 電話:0829-30-9135 ファクス:0829-30-9164
  • 佐伯支所 市民福祉グループ 電話:0829-72-1114 ファクス:0829-72-1651
  • 吉和支所 市民福祉グループ 電話:0829-77-2113 ファクス:0829-77-2078
  • 大野支所 市民窓口グループ 電話:0829-30-1004 ファクス:0829-55-1307
  • 宮島支所 市民福祉グループ 電話:0829-44-2001 ファクス:0829-44-2196