ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 行政経営改革推進課 > 公共施設市民アンケート調査

公共施設市民アンケート調査

印刷用ページを表示する掲載日:2017年7月14日更新

 市では、今後、少子高齢化の進行に伴う社会福祉関係経費の増加、人口減少などによる税収減少が懸念される中で、これまで整備してきた公共施設が更新の時期を迎え、建て替えや改修などの費用が市財政に大きな負担となることが見込まれます。

 このため、市では、昨年6月に「公共施設マネジメント基本方針」を策定し、将来の市民に負担を残さず、良質かつ充実した行政サービスの水準を維持するため、財政負担の抑制を念頭に、市民ニーズや地域特性などに配慮した公共施設全体の「量」と「質」の改革に全市的に取り組んでいくこととしました。
 この基本方針に基づき、公共施設の更新や在り方を示す計画を策定していく上で、市民の皆さんの「声」を聴くために、平成25年12月号の広報はつかいちの紙面を活用して、「公共施設市民アンケート調査」を行いました。

 「広報はつかいち」(平成25年12月号)もご覧ください。

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)