ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 行政経営改革推進課 > 廿日市市公共施設マネジメント基本方針

廿日市市公共施設マネジメント基本方針

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月31日更新

【改訂版】廿日市市公共施設マネジメント基本方針

 廿日市市での公共施設(建物施設、インフラ施設)の総合的かつ計画的な管理を推進するため、平成25年6月に策定した「廿日市市公共施設マネジメント基本方針」の改訂を行いました。
 改訂版では建物施設に加えインフラ施設も対象とし、「総量の適正化」、「長寿命化の推進」、「効率的かつ効果的な管理運営」の3つの基本方針を掲げ、量と質の改革に取り組むこととしています。   

  ・ 廿日市市公共施設マネジメント基本方針(平成29年3月改訂) (PDFファイル 1.82MB)

 

【初版】廿日市市公共施設マネジメント基本方針

 廿日市市では、第5次総合計画の経営目標に基づき、公共施設の適正配置、公共施設の効率的運営による歳出削減とライフサイクルコストの削減を施策に掲げ、公共施設のマネジメントの推進に取り組んでいます。  平成23年度には、市の公共施設の現況を把握し、市・議会・市民が一体となって、幅広い議論を進めていくための基礎となる資料として「廿日市市公共施設白書」を作成しました。
 少子高齢化に伴う税収減、社会福祉にかかる費用の増加が懸念される中、これまで整備してきた公共施設は、近く更新の時期を迎え、これらの費用が市財政に大きな負担として今後、顕在化してきます。
 市民サービスの低下を最小限に抑えながら、未来の市民にも充実したサービスを提供できるよう、施設の更新費用が財政に与える影響を抑えるとともに、公共施設を経営資源として捉え、総合的かつ長期的視野による費用とサービスの最適化を図ることが必要です。
 そのため、市民ニーズや地域特性などに配慮した公共施設全体の「量」と「質」の改革に取り組むため、廿日市市公共施設マネジメント基本方針を策定しました。

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)