ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 子育て応援室 > 子どもの定期予防接種

子どもの定期予防接種

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新

予防接種の受け方・接種医療機関

予防接種の受け方

 廿日市市の予防接種医療機関に必ず予約して接種しましょう。

 市から配付した「予防接種と子どもの健康」(冊子)の該当するページを必ず読んでください。

必要なもの

 親子(母子)健康手帳を医療機関に持参してください。

 ※親子(母子)健康手帳がない場合は接種できませんので注意してください。

廿日市市外の医療機関で接種を希望する場合

  • 親子(母子)健康手帳のほかに「広域予防接種券」が必要です。
    廿日市市役所 子育て応援室または各支所で申請してください。
     
  • 里帰りや子どもの病気などの特別な事情のために、広島県外で接種を希望する場合は「予防接種依頼書」が必要です。
    必ず事前に廿日市市役所 子育て応援室または各支所で申請してください。

料金

 接種日に廿日市市に住民票があり対象年齢内であれば無料です。

予防接種の接種スケジュール

以下は外部リンクで開きます。

予防接種が受けられない場合

 次のような場合、予防接種が受けられないことがあります。注意してください。

 (1)体温が37.5度以上ある場合
 (2)最近1~2週間以内に次のいずれかになった場合

  • 発熱(37.5度以上)が1日程度あった
  • 下痢症・嘔吐下痢症 など

 (3)最近2~3週間以内に次のいずれかになった場合

  • 発熱(37.5度以上)が3日以上あった
  • インフルエンザ
  • 突発性発疹
  • 手足口病 など

 (4)最近4週間以内に次のいずれかになった場合

  • 麻しん
  • 風疹
  • 水痘
  • 流行性耳下腺炎

 (5)ステロイド内服中の場合
 (6)兄弟が感染症にかかり、予防接種を受けようとしている子が潜伏期間中と考えられる場合

 ※最終的には当日の医師の診察で判断します。

長期療養などで定期予防接種の機会を逃した人の接種機会の確保

 長期入院や病気などの特別な事情で定期予防接種を受けられなかった場合、その事情がなくなった日から2年間は定期予防接種が可能となりました。

対象

 厚生労働省が定める特別な事情の場合
 ※事前に手続きが必要です。詳しくは廿日市市役所 子育て応援室または各支所問い合わせてください。

問い合わせ先

 廿日市市役所 子育て応援室 電話:0829-30-9188 ファクス:0829-31-1999
 佐伯支所 市民福祉グループ 電話:0829-72-1124 ファクス:0829-72-1651
 吉和支所 市民福祉グループ 電話:0829-77-2113 ファクス:0829-77-2078
 大野支所 健康福祉グループ 電話:0829-30-3309 ファクス:0829-55-2424
 宮島支所 市民福祉グループ 電話:0829-44-2001 ファクス:0829-44-2196

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)