ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 経営政策課 > 政務活動費の適正支出

政務活動費の適正支出

印刷用ページを表示する掲載日:2016年12月8日更新

2016年9月受け付け

意見

 他の自治体で、議員の政務活動費の領収書偽造による横領事件が発生しています。
 廿日市市議会議員の政務活動費のチェック体制はどうなっていますか。
 チェック機能を働かせるため、一般の用紙での領収書による政務活動費の支出を禁止してはどうですか。

回答

 廿日市市では、政務活動費の収支報告書提出に添付する領収書は原本の提出を求めています。領収書の原本とは、支払先の領収印が押印されているもの、レシートの機械印字など支払先が正式なものとして発行しているものです。
 領収書には、宛名、日付、明細などを記載することとしており、提出されたときには、記載内容に不備や疑問点がないかを複数の職員がチェックしています。
 領収書の発行が困難な場合は、「領収書などを徴し難かった支出の明細書」に支払い内容や、なぜ徴し難かったかといった理由を記載し、会派の代表者と経理責任者の氏名の記載と押印の上、提出するよう求めています。
 なお、内容に疑問などがあった場合は、会派の代表者と経理責任者に直接聞き取りを行った上で、適正と認められるもののみ支出しています。
 政務活動費の支出実態は、議会事務局で公開(閲覧)している過去5年間分の政務活動費の収支報告書と領収書などの資料で確認してください。

閲覧受付期間

 土曜日・日曜日・祝日と年末年始を除く、市役所開庁日の8時30分~17時

※市公式ホームページ「廿日市市議会」のページにも「政務活動費マニュアル」と「平成27年度収支報告総括表」を掲載しています。

問い合わせ先

 議会事務局 電話:0829-30-9212