ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

保育園の外遊び

印刷用ページを表示する掲載日:2016年12月8日更新

2016年7月受け付け

意見

 熱中症警戒警報が出ているときには、保育園の外遊びをしないようにしてほしいです。
 7月、8月は熱中症になりやすく、気を付けていても、小さい子は熱中症になりやすいです。
 先生の目の届かないこともあるので、警戒警報が出ているときは室内で遊ばせてください。

回答

 例年、この時期の保育園の外遊びは、児童の年齢に応じて休息や水分補給を行い、また、プールなどではテントや遮光ネットを活用するなど、熱中症対策には注意しているところです。
 このたび、ご意見をいただいた「熱中症警戒警報」は、保育園でも熱中症に関する重要な情報として捉えており、この情報で一律に外遊びを制限するのは困難ですが、先ほどの注意点を踏まえて、安全な保育を実施してまいりますので、今後ともご理解ください。

問い合わせ先

子育て支援課 保育係 電話:0829-30-9154