ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島広域都市圏

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月17日更新

広島広域都市圏発展ビジョン改訂案に対する意見募集の結果

1 募集期間

 平成28年12月22日(木曜日)から平成29年1月13日(金曜日)まで

2 募集方法

  1. 広島市ホームページおよび圏域内各市町(23市町)に掲載
  2. 広報紙「ひろしま市民と市政」(平成29年1月1日号)に掲載
  3. 改訂案の閲覧場所の設置
    ア 広島市
      ・企画総務局企画調整部広域都市圏推進課
      ・各区役所区政調整課
      ・公文書館
    イ 圏域内各市町(23市町)
      ・圏域内各市町担当課
  4. 市政記者クラブへ情報提供

3 募集結果

  1. 応募者数 2人   
  2. 意見件数 6件

4 意見への対応

 いただいた意見の要旨と、それに対する広島市の考え方は、以下のホームページをご覧ください。

5 広島広域都市圏発展ビジョン改訂案

 これまでいただいた意見などを踏まえ、広島広域都市圏発展ビジョン改訂案を取りまとめています。

 改訂案中の網掛けは、主な改訂部分を示しています。

 ※本改訂案に関しては、今後、改訂案に掲げた取り組みのうち連携協約の変更を伴う議案を、広島市および圏域内の関係市町がそれぞれの議会に提案し、その審議・議決などを経た上で、確定します。 

広島広域都市圏発展ビジョンの改訂案に対する意見を募集します(募集は終了しました)

(1) 趣旨

 広島広域都市圏の11市13町(広島市、呉市、竹原市、三原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、府中町、海田町、熊野町、坂町、安芸太田町、北広島町、大崎上島町、世羅町、岩国市、柳井市、周防大島町、和木町、上関町、田布施町、平生町)は、地域の資源を圏域全体で活用するさまざまな施策を展開することで、圏域経済の活性化と圏域内人口200万人超の維持を目指す「200万人広島都市圏構想」の実現に向けて、「広島広域都市圏発展ビジョン」(以下「都市圏発展ビジョン」という)に基づき、取り組みを進めています。

 この度、都市圏発展ビジョンに掲げた施策の効果を検証する仕組みを構築するため、都市圏の中枢都市である広島市で、KPI(重要業績評価指標)の設定を見直す案を取りまとめましたので、これに対する意見を募集します。

(2) 募集期間

 平成28年12月22日(木曜日)から平成29年1月13日(金曜日)まで

(3) 意見の応募方法

 郵送、ファックスまたは広島市ホームページの応募フォームのいずれかの方法により意見を提出することができます。

 意見の提出は、氏名(法人の場合は名称および代表者氏名)、住所(法人の場合は所在地)および連絡先(電話番号またはメールアドレス)を記載してください。

 応募フォーム以外で提出される場合の様式は問いません。

郵送、ファクスの場合

 下記の提出先(広島市役所)へ送付してください。
 郵送の場合は、平成29年1月13日(金曜日)必着です。

提出先

 広島市企画総務局企画調整部広域都市圏推進課

 〒730-8586 広島市中区国泰寺町一丁目6番34号
 電話:082-504-2017 ファクス:082-504-2029

広島市ホームページの応募フォームの場合

 下記の広島市ホームページの応募フォームから応募してください。

 ※SSLとは(Secure Socket Layer)の略でブラウザとホームページサーバの通信を暗号化するための仕組みです。SSL対応のページからご応募いただいた個人情報は安全に送信することができます。

 ※ご利用のブラウザによっては、SSLを利用できないことがあります。この場合は、恐れ入りますがSSL非対応のページをご利用ください。SSL非対応のページからご応募いただいた個人情報は、暗号化により保護されることはありませんので、あらかじめご了承ください。

(4) 改訂案の閲覧場所

  1. 広島市ホームページ
    広島広域都市圏発展ビジョン改訂案
  2. 廿日市市役所経営政策課(市役所4階)

(5) その他

  1. 誰でも意見を提出することができます。 
  2. 寄せられた意見は、平成29年2月を目途に改訂予定の都市圏発展ビジョンの参考にします。
    皆さんから寄せられた意見は、取りまとめの上、それに対する広島市の考え方とともに、後日、ホームページで公表します。
    なお、意見に対する個別の回答は行いませんので、あらかじめご了承ください。
  3. 意見に付して提出された個人情報は、都市圏発展ビジョンの改訂の目的以外では一切使用しません。
    また、広島市個人情報保護条例に基づき、収集した情報は厳重に管理します。

(6) 添付資料

広島広域都市圏とは

 広島市と通勤・通学、買物、医療など日常生活面での関わりや経済的なつながりが強い地域が、広島広域都市圏です。
 空港や瀬戸内海の総合的利活用などにより、今後、連携し、さらに発展していけると考えられる広島県と山口県にまたがる11市13町の24市町で構成されています。

広域

広島広域都市圏協議会とは 

 広島広域都市圏の自治体間でさまざまな連携と交流を推進し、圏域全体の発展に寄与することを目的に平成5年10月に設立しました。
 平成24年2月に「広島広域都市圏形成懇談会」から「広島広域都市圏協議会」に改称しました。

(1) 構成市町(11市13町)

  • 広島市
  • 呉市
  • 竹原市
  • 三原市
  • 大竹市
  • 東広島市
  • 廿日市市
  • 安芸高田市
  • 江田島市
  • 府中町
  • 海田町
  • 熊野町
  • 坂町
  • 安芸太田町
  • 北広島町
  • 大崎上島町
  • 世羅町
  • 岩国市
  • 柳井市
  • 周防大島町
  • 和木町
  • 上関町
  • 田布施町
  • 平生町

(2) 実施事業

 広島広域都市圏協議会(首長会議)や連絡会(課長、担当者会議)の開催

  • 圏域市町職員共同交流研修、職員の相互派遣、職員研修への相互参加
  • ふるさとの魅力発見ツアー、スポーツ共同応援、広島交響楽団共同鑑賞
  • イベント情報紙「りーぶら」の発行、圏内市町広報紙などへの掲載
  • 広島広域都市圏ホームページ「りーぶら」の運営など

まち起こし協議会とは

 広島広域都市圏の更なる発展のため、行政区域を越えた連携の下に、地域資源を積極的に活用し、まちの活性化と産業・経済の活力増進、雇用の拡大を図ることを目的に平成24年2月に設置しました。
 広島広域都市圏協議会の内部組織として、テーマごとに参加を希望した市町の首長により構成しています。

(1) “神楽”まち起こし協議会

ア テーマ

 「神楽 ―伝統文化による交流―」

イ 構成市町(5市2町)

  • 広島市
  • 呉市
  • 三原市
  • 廿日市市
  • 安芸高田市
  • 安芸太田町
  • 北広島町


ウ 実施事業

  •  「ひろしま神楽の日」(オープン型の神楽公演)の実施
  • 神楽を支える地域づくりに向けた研究
  • 神楽継承に向けた研修・情報交換 など    

(2) “食と酒”まち起こし協議会

ア テーマ

 「食と酒 ―郷土自慢の美味―」

イ 構成市町(11市11町)

  • 広島市
  • 呉市
  • 竹原市
  • 三原市
  • 大竹市
  • 東広島市
  • 廿日市市
  • 安芸高田市
  • 江田島市
  • 府中町
  • 海田町
  • 熊野町
  • 坂町
  • 安芸太田町
  • 北広島町
  • 世羅町
  • 岩国市
  • 柳井市
  • 周防大島町
  • 上関町
  • 田布施町
  • 平生町

ウ 実施事業

  • イベント出店による郷土自慢の食や酒の紹介
  • パンフレットなどによる広報活動の推進
  • ビジネスフェアへの出展 など

関連サイト

  • 広報紙「りーぶら」電子版

    りーぶらバナー(外部リンク) 

  • ひろしま都市犬はっしーフェイスブック

      はっしー(外部リンク)

  • 広島広域都市圏ホームページ

    広域(外部リンク)

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)