ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 経営政策課 > 地御前神社前海岸での潮干狩り

地御前神社前海岸での潮干狩り

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

2015年4月受け付け

意見

 地御前神社前の海岸では、潮干狩りはできるのでしょうか。
 もし禁止されている場合は、防波堤に潮干狩り禁止の看板を設置したほうが良いのではないでしょうか。

回答

 海面には、一般的に漁業法に基づき、漁業権が設定されています。
 地御前沖にも、地御前漁業協同組合に対し、共同漁業権が免許されていて、組合員の皆さんが共同で利用し、漁業を営んでいます。一般の人がアサリの採取を行うと、この権利を侵害することになります。
 地御前沖では、無断で潮干狩りをする人が後を絶たないため、アサリ資源が少なくなり、地御前漁業協同組合では、一般の人のアサリの採取を認めていないのが現状です。
 なお、地御前神社前は、現在、広島県による護岸工事が施工されているため、地御前漁業協同組合では、この場所でのアサリの採取禁止に関する周知方法を検討中とのことです。

問い合わせ先

農林水産課 水産振興係