ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 経営政策課 > 失業保険を給付中は、夫の扶養から外れますか

失業保険を給付中は、夫の扶養から外れますか

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

2011年9月受け付け

意見

 失業保険を給付中なのですが、なぜ夫の扶養から外さなくてはならないのでしょうか。

回答

 雇用保険法に基づく失業給付金は、非課税所得となります。
 したがって、この給付金を受け取っていることにより、所得税および住民税の扶養から外れることはありません。
 所得税および住民税の扶養控除に関しては、廿日市税務署または市役所課税課に問い合わせてください。
 また、社会保険上の扶養ですが

  1. 配偶者が勤務先の健康保険・共済などに加入している場合
     雇用保険基本手当(いわゆる失業手当)を受けながら扶養に入れるかどうかは、配偶者の勤務先の健康保険などのルール(手当の額や待機期間などをどう考慮されているか)によって決まります。勤務先があなたを扶養扱いとするかどうかは市役所では分かりかねますので、勤務先に確認をお願いします。
     扶養扱いとならない場合、雇用保険基本手当(失業保険)を給付されているあなたご自身が国保・国民年金に加入してください。
  2. 配偶者が自営などで市町村国保に加入中の場合
     市町村国保には扶養親族の概念がありません。退職された人も世帯の一員として国保に加入となります。また国民年金にも同様に加入してください。
     国保・国民年金への加入手続きは市役所保険課または各支所市民福祉担当までお願いします。

問い合わせ先

課税課 市民税係
保険課 国保年金係