ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 経営政策課 > 保育士採用試験の年齢制限

保育士採用試験の年齢制限

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

2014年6月受け付け

意見

 保育士免許を持っています。しかし、昭和51年生まれで大学を卒業しているため、就職活動をするころは、採用試験の受験資格がありませんでした。(当時は短大卒が条件だったか、年齢制限があったかで受けられなかったと思います。)
 最近は年齢制限が緩和されてきていますが、私の年代はいつも受験することができません。年齢制限をもう一度考えてもらいたいです。

回答

 廿日市市の保育士として働きたいとの気持ちをお持ちいただき、ありがとうございます。 職員採用は、退職者数や職員の年齢構成などを考慮し、適正で効率的な組織運営ができる職員数となるように、募集する職種やその人数などを毎年度決定しています。
 保育士は、平成12年度には29歳以下の人を対象に職員募集を行いましたが、平成9年度から平成11年度まで、平成13年度から平成18年度までは募集をしていません。 この時期と、廿日市市の保育士採用試験を受験しようとする時期が重なっていたとすれば非常に残念です。
 また、職員の募集に年齢条件を設けているのは、職場の異動によって多くの経験を積むことが人材育成および保育サービスの品質維持・向上のために不可欠であるという考えによるものです。
 職員の採用は、人事制度の根幹を成すものであり、今後も社会情勢の変化に対応するためにさまざまな角度から検討しつつ実施しますので、ご理解いただきますようお願いします。

問い合わせ先

 人事課 人材育成グループ