ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 経営政策課 > 宮島ボートレースからの撤退

宮島ボートレースからの撤退

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

2011年10月受け付け

意見

 経営が赤字になる前に宮島ボートレースから撤退してください。

回答

 近年、ボートレース事業を含め各公営競技とも、売上の減少傾向が続いているところです。
 こうしたことから、宮島ボートレースでは、設立趣旨である構成自治体への財政寄与、併せて地域雇用の確保に向けて、本年3月、長期にわたり安定経営を図るため、「ボートレース宮島 中期経営計画」を策定しました。
 この計画に基づき、ボートレース事業の活性化・振興化策の展開による来場者・売上の拡大を図るとともに、人件費の抑制、民間委託の推進などにより経営の効率化を図り、経費の削減に努め、収益の拡大を図っているところです。
 また、平成12年度以降の配分金の交付はありませんが、平成17年度以降、廿日市・大竹市の構成2市に対し、「宮島競艇場周辺対策助成金」という名目で継続的に助成金の交付があり、廿日市市においては、約8億8千万円が国道2号周辺のインフラ整備などのまちづくりに活用されています。
 今後も、積極的に経営改善に取り組みますのでご理解をお願いします。

問い合わせ先

総務課 庶務係