ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 経営政策課 > 8月6日、9日、15日のサイレン

8月6日、9日、15日のサイレン

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

2012年8月受け付け

意見

 8月6日の8時15分、9日11時12分、15日12時、それぞれ災害無線放送のサイレンが突然鳴りました。突然説明も無く鳴ったので、津波か大災害の発生かと思いました。
 よく日時を考えたら、なるほどと思いましたが、中にはわからない人もいたのではないでしょうか。

回答

 廿日市市では、広島に原爆が投下された8月6日8時15分、長崎に原爆が投下された8月9日11時2分に原爆死没者の冥福と世界恒久平和の実現を祈念し、市内一斉にサイレンを鳴らしています。また終戦の日である8月15日正午にも戦没者の冥福を祈り、市内一斉にサイレンを鳴らしています。
 しかし、ご意見をいただいたとおり、中にはサイレンを聞いてびっくりされる市民の皆さんもいらっしゃると思いますので、来年度以降サイレンを鳴らす前に説明が放送できるよう検討していきたいと思います。

問い合わせ先

総務課 庶務係