ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 経営政策課 > 小学校留守家庭児童会の利用時間延長

小学校留守家庭児童会の利用時間延長

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

2015年1月受け付け

意見

 小学校留守家庭児童会の利用時間を有料でもいいので延長してほしいです。
 広島市内への通勤時間もあり、フルタイムの勤務では18時に迎えに行くことができません。
 ゆめタウン廿日市ができるとさらに渋滞で遅くなりそうで心配です。
 さまざまな事件や事故もあり、1人で誰もいない家に帰らせることも不安です。
 廿日市市に住んでいる人は広島市内で働いている人も多いと思います。
 できればこのまま廿日市で子育てがしたいです。
 保育園は新しくできるなど充実している実感がありますが、保育園後の子育て支援充実が見えなくて不安です。
 留守家庭児童会があるだけ助かっていますが、今後の運営の参考としてもらえたらと思います。
 よろしくお願いします。

回答

 ニーズ調査の結果でも、留守家庭児童会の閉会時間は、18時以降の希望が約20パーセントとなっています。市としても利用希望が多いことは認識しています。
 このことから、今年度策定した「廿日市市子ども・子育て支援事業計画」で、留守家庭児童会の利用時間を18時30分まで延長することに関して、平成31年度までに実施することを目標に掲げています。
 しかし、現状は指導員のシフト制勤務などで、できる限りの時間帯で運営しています。延長制度を導入した場合、指導員の増員配置などが必要となります。そのため、人員確保や人件費が増大することに伴い、利用料の見直しや別料金徴収も必要となります。
 今後、早期実施に向けて慎重に検討を重ねていきたいと考えています。

問い合わせ先

 子育て支援課 児童家庭係