ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 経営政策課 > 私立保育園の増設と教育内容の再考

私立保育園の増設と教育内容の再考

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

2015年2月受け付け

意見

 公立の保育園は3年で先生が変わってしまうので、私立の保育園を増やしてほしいです。
 また、幼稚園に通っている子と差がついてしまうので、保育園でも平仮名を教えたり、体操教室を開いたりしてほしいです。

回答

 平成27年4月から新規認可予定の私立保育園が3園あります。
 新規に公立保育園を整備することは難しい状況ですが、今後も待機児童対策に向けて私立保育園の新設が必要と考えています。
 保育園は、保護者の就労または病気などの理由により、家庭で子どもを保育できないとき、保護者に代わって保育する施設です。そのため、幼稚園とは目的が異なっていることをご理解ください。

問い合わせ先

 子ども支援課  保育係