ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 経営政策課 > 地方交付税および市債の使途

地方交付税および市債の使途

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

2012年2月受け付け

意見

 地方交付税および市債はどのようにして使われているのですか。

回答

 地方交付税は、地方公共団体間の財源の不均衡を調整し、どの地域に住む国民にも一定の行政サービスを提供できるよう財源を保障するもので、地方の一般財源として国から交付されます。平成22年度の地方交付税の額は86億6,220万1千円で、さまざまな行政サービスの財源として活用しました。
 また、公共施設の整備などの財源として市債を活用しており、平成22年度では49億3,714万8千円(普通会計)を借り入れました。

 平成22年度普通会計の状況

 歳入総額 432億5,307万円
 うち地方交付税 86億6,220万1千円
 うち市債 49億3,714万8千円

 なお、ホームページで予算や決算の状況を掲載しいます。

問い合わせ先

財政課 財政係