ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 経営政策課 > 不妊専門施設の設置

不妊専門施設の設置

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

2014年12月受け付け

意見

 現在、不妊治療を受けていますが、高額の治療費がかかる上に、廿日市市外の病院へ毎日のように通院しなければいけません。
 昨今、不妊で悩んでいる女性はとても多いのが現状です。
 負担が少なく、安心して通うことができる不妊専門の施設を廿日市市に作ってもらいたいです。
 ぜひ、前向きな検討をお願いします。

回答

 ご意見をいただきましてありがとうございます。
 国の制度で、不妊治療支援事業の対象となる指定医療機関は、広島県、広島市、福山市が指定した医療機関に限定されています。広島県内では9つの医療機関のみで、廿日市市には指定の医療機関がないのが現状です。
 また、市独自で不妊治療専門の医療機関を設置することはできない事になっています。
 そのため、不妊や不育に悩んでいるご夫婦やご家族に対して、次の2つの情報を提供しています。

  • 広島県が設置している不妊専門相談センター 電話:082-256-5610
  • 広島県が実施している不妊治療支援の助成制度  申請窓口:広島県西部保健所保健課 電話:0829-32-1181

 現行の制度を十分に利用され、ご自身の負担軽減になることを願っています。
 市民の皆さんが住みたい、住み続けたいまちづくりに取り組んでまいりますので、今後ともよろしくお願いします。

問い合わせ先

 健康推進課 母子保健グループ

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)