ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

成人式の保護者席

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

2015年1月受け付け

意見

 今年の成人式で、2階の新成人席と保護者席の区分けが分かりにくかったのか、一部の保護者が新成人席に座っていました。
 しかし、場内のスタッフは気が付いているにも関わらず、席の移動を促していませんでした。結果、何人かの新成人が式の間立っているという状況がありました。
 間違って座っている保護者が席の移動をしていれば、このようなことは無かったのではないかと思います。
 来年は保護者席の範囲を書いたものを、目に入りやすい所に貼るなどの対策をすると良いのではないかと思います。

回答

 成人式は、さくらぴあ大ホールの座席数に対して来場者数がぎりぎりの状態で運営している現状があります。
 保護者席と一般観覧席は2階に席を指定していますが、ご指摘のとおり保護者が新成人と一緒に新成人席に座っている状況も見受けられます。
 運営に際して、会場周辺係・会場内案内係の誘導で原則、保護者は2階の指定場所への誘導を行うこととしていますが、諸事情により実施できない場合もあるかと思います。
 案内表示も各所に掲示していましたが、大勢が一時に来場することから機能していなかったかもしれません。
 ただ、本年度は立ち見者が出てしまいましたが、例年よりも会場内に入り式典に参加できていたと思います。
 今後は、保護者席への案内を分かりやすいものとし、できるだけ立ち見者の出ないように運営していきたいと考えています。

問い合わせ先

 生涯学習課 青少年育成・地域連携グループ