ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 経営政策課 > 議会へのタブレット端末導入

議会へのタブレット端末導入

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

2015年5月受け付け

意見

 ある地方では、議会(定例会)に耳が不自由な議員や議会を傍聴しに来ている人のために、発言した言葉をタブレット端末などに表示する工夫をしていました。
 廿日市市でも導入してみてはどうでしょうか。
 発言しづらい場合には、タブレット端末などに打ち込むことで、各席にあるタブレット端末などに表示されるという使い方もできると思います。
 廿日市市議会にもタブレット端末などがあればとても便利だと思います。
 すぐに導入することは難しいかもしれませんが、将来的に導入を検討してみてはどうでしょうか。

回答

 このたびは、貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。
 タブレット端末利用は、本市議会では現在行っていません。
 しかし、本市議会では、さらに市民に分かりやすく、開かれた議会となるため、現在、さまざまな検討を行っています。
 こうした検討の一つとして、昨年度は、議会運営委員会でタブレット端末の導入に関して先進地視察を行いました。
 今年度は、先進地の事例なども参考にしながら、タブレットの導入に関する検討、協議が行われる予定です。
 検討結果は、市ホームページ、市議会広報紙「さくら」への掲載などで市民の皆さんにお知らせします。

問い合わせ先

 議会事務局 議事調査係