ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 経営政策課 > 「いじめ110番」の開設時間

「いじめ110番」の開設時間

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

2013年9月受け付け

意見

 「いじめ110番」の開設時間をもっと長くしてはどうでしょうか。現在の時間帯では子どもたちは電話をすることができません。
 子どもを守るためにも、いじめ防止対策推進法の解釈を誤ったらいけないと思います。子ども、保護者にもしっかりと認識させる必要があります。知らなかったでは済まされないのがこの法律ではないでしょうか。

回答

 まず、本市の「いじめ110番」の開設時間ですが、悩みを持っている子どもたちが夜間相談できないことは、ご指摘の通りです。
 そこで、県立教育センターが24時間体制で行っている「いじめダイヤル24」やほかの相談機関などを記した「カード」を全児童生徒に配付し、子どもたちにいつでも悩みを相談するよう呼びかけています。これらの機関と市教育委員会とは、情報があれば即座の対応が可能になるよう連携しています。
 いじめ防止対策推進法にも示されているように、今後もいじめの早期発見に努めることはもちろん、いじめの未然防止のための取り組みにも力を入れていきます。

問い合わせ先

 教育指導課 指導グループ