ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 経営政策課 > はつかいち市民リポーター

はつかいち市民リポーター

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月6日更新

 「市民だからこそ知っている」廿日市市の魅力ある情報があるはずです。
 皆さんは、市民リポーターとなってその情報を取材し、記事として市に提供してください。記事は、広島県廿日市市フェイスブックページ(以下、「市公式フェイスブック」という。)に掲載します。
 毎年1回、市民リポーターの中から、年間最も多くの「いいね」を獲得した記事を提供されたリポーター1人を「はつかいち超絶市民リポーター」に認定し、記念品を贈呈します。
 めざせ、超絶リポーター!

リポーターの登録

リポーター対象者

 廿日市市に住んでいるまたは廿日市市へ通勤・通学する16歳以上の個人

リポーター登録方法

 登録は、パソコンまたはスマートホンから登録できます。携帯電話では登録できませんので、注意してください。
 また、登録する前にはつかいち市民リポーター制度実施要領(PDFファイル 261KB)を必ず読んでください。

 メールで、登録の可否を「はつかいち市民リポーター登録決定・却下通知書」で通知します。

記事の投稿

記事の内容

 廿日市市の魅力を伝える情報
 ※ただし、宮島地域を除きます。

記事の投稿方法

 リポーターに登録された人は、「はつかいち市民リポーター投稿記事内容届」を提出してください。
 添付する写真のデータは、1記事につき1枚(500キロバイト以上2メガバイト以下)です。

 提出された記事に関して、市公式フェイスブックへの掲載の可否を決定します。掲載が決定した記事は、表記などを整理し、市公式フェイスブックに掲載します。

超絶市民リポーター

 平成27年度の超絶市民リポーターは、橋本和宗(はしもと・かずむね)さんに決定しました。
 投稿されたのは、佐方川土手に地域の皆さんが植えた桜がライトアップされた様子を紹介した記事。記念品として、賞状と各地域の名産品詰め合わせが贈られました。

平成27年度はつかいち超絶市民リポーター

 写真は、超絶市民リポーターの橋本さん。「これからも市の魅力を発信していきたいです」と話してくれました。

活動停止

 廿日市市から転出する、廿日市市への勤務・通学でなくなったなど、市民リポーターの活動停止を希望する場合は、「活動停止届」を提出してください。

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)