ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地区別カルテ

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

 市全域・地域・地区単位で、人口(年齢3区分、75歳以上)や世帯(高齢者など)の現状や将来推計を行っています。

作成の目的

 人口減少・少子高齢化が進行する中で、地域住民に身近なコミュニティ単位での地区の人口・世帯の将来の姿を共有することで、まちづくりへの関心を高め、今後の地域づくりに関して、市民とともに考えていくことを目的に作成しました。

 カルテは、コミュニティ単位での「地区カルテ」のほか、平成の合併前の旧市町村単位での「地域カルテ」および「市全域カルテ」で構成しています。

市全域カルテ

地域カルテ

廿日市地域

 地区カルテ

佐伯地域

 地区カルテ

吉和地域

 地区カルテ

大野地域

 地区カルテ

宮島地域

 地区カルテ

 ※吉和と宮島は、地域カルテと地区カルテは同一の内容です。

将来推計の方法

(1)人口

 平成24年9月の住民基本台帳人口を起算時点とし、男女年齢(5歳階級)別人口を基準に、国立社会保障・人口問題研究所の市区町村人口推計(平成20年12月推計)の各予測期間中における本市の「子ども女性比」、「0~4歳性比」、「生残率」および「純移動率」の仮定値を乗じて、地区ごとに推計を行いました。

 地域推計は地区推計の数値を、市域推計は地域推計の数値を合計したものです。

(2)世帯

 平成24年9月の住民基本台帳に基づく世帯数を起算時点とし、国立社会保障・人口問題研究所の日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)〔平成21年12月推計〕における広島県の「一般世帯総数」、「高齢世帯数(夫婦のみの世帯、単独世帯)」の各予測期間中における増減率を乗じて、地区ごとに推計を行いました。

 地域推計は地区推計の数値を、市域推計は地域推計の数値を合計したものです。

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)