ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 廿日市市水道局 > 水道の水ができるまで

水道の水ができるまで

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月1日更新

 降った雨は森林に蓄えられ徐々に集まり、川に流れてきます。その水は、水源となってダムの水や地下水として蓄えられます。それをきれいに浄水して水道水となります。
 廿日市地域・大野地域は、広島西部地域水道用水供給事業から受水(水道水を買う)しており、主に弥栄ダム、魚切ダムからの水が浄水されて、皆さんへ配水しています。
 佐伯・吉和地域は河川水や井戸水などを原水(水道のもとになる水)として浄水場で浄水しています。
 宮島地域は、自己水源もありますが、広島西部地域水道用水供給事業からも受水して、皆さんに配水しています。

県水受水の場合

県水受水の画像

自己水の場合

自己水の画像