ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 廿日市市議会 > 議会広報「さくら」第54号 主な議案

議会広報「さくら」第54号 主な議案

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月1日更新

【6月定例会】廿日市市のこんなことが決まりました

 会期17日間 6月13日~6月29日

 今回の議案は

 原案可決(議案14件、発議2件)  16件

 同意   2件

 報告   2件

 閉会中の継続審査   1件

 計21件

ピックアップ 1 大野早時地区に私立保育園を開設

〈議案第48号〉29年度一般会計補正予算(第1号)

 当初予算では私立保育園1園(廿日市地域)の予定でしたが、新たに社会福祉法人くじら(長崎県大村市)から応募があり、整備事業補助金を追加するものです。

私立保育園整備事業補助金 1億7335万6千円

こんな質問が出ました

 質問

 定員と年齢別内訳は。特に2歳児以下の定員を増やせないか。

 答弁

 0~5歳まで80人予定で、3歳未満児は38人、3歳以上は42人。
 待機児童は多いが、0~2歳児の定員を増やすと、3歳4歳に上がる時にそのまま受け入れる規模が必要になり、難しい。

 質問

 今回は民間が土地を借りて開設するが、市の再編構想では民間に市の土地を無償提供するところがあり、不公平ではないか。

 答弁

 土地を借り上げる場合は、借地料加算という補助がある。市の土地提供にはその加算はない。

ピックアップ 2 大野支所新庁舎31年3月末完成予定

〈議案第51号〉工事請負契約の締結について

  • 大野支所複合施設整備工事 鉄筋コンクリート一部鉄骨造
  • 延べ床面積 2,266、38平方メートル(支所旧館・新館解体工事も含め、請負金額は7億7533万2千円)
  • 請負者 増岡・有田大野支所総合施設整備工事特定建設工事共同企業体

 1階 事務室・市民ホール兼ギャラリー等
 2階 事務室・会議室・印刷室・書庫・倉庫等
 3階 事務室・多目的室・ワークスペース・防災倉庫等
 4階 屋上 太陽光発電設備(別途工事)等

こんな質問が出ました

 質問

 入札条件を共同企業体とした理由は。

 答弁

 原則、建設工事一式では5億円以上の工事が対象となる。加えて、今回は民家が近接していることから地元への配慮が必要となり、地元に精通した企業の施工が望ましいため、入札参加者審査会において共同企業体で施工することに決定した。

ピックアップ 3 農業委員14人の任命に同意

〈議案第59号〉農業委員会委員の任命につき認定農業者等が委員の過半数を占めることを要しない場合の同意
〈議案第61号〉農業委員会委員の任命の同意

 市長の任命制に変わった農業委員の選任について、認定農業者を委員の過半数とする規定人数を確保することが難しい場合、「過半数を占めることを要しない」同意が求められ、全会一致で同意しました。

 この議決を受け、新たな農業委員14人の任命同意が追加議案で提出され、全会一致で同意しました。

 任命された農業委員は、農事組合法人のよしわ・さいき、農業共済組合、佐伯中央農協の推薦が13人、応募による1人の計14人です。

こんな質問が出ました

 質問

 認定農業者の基準はどうか。

 答弁

 基本構想の効率的かつ安定的な農業経営の指針に沿っているか、主たる従事者1人あたりの年間所得が400万円以上に達する見込みで、年間労働時間が2,000時間程度であるか、土地利用や農地集積、農作業の効率化などに配慮しているかが基準である。

 質問

 農地の現地調査は、農地利用最適化推進委員が行い、農業委員は会議で審査するだけなのか。

 答弁

 法的には、農業委員は審査、農地利用最適化推進委員は現場で活動するが、農業委員も現場を回ることは可能である。