ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 廿日市市議会 > 議会広報「さくら」第52号 請願書

議会広報「さくら」第52号 請願書

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月1日更新

5件の請願を審議

請願第1号・2号は全会一致で採択。

12月定例議会では、保育園民営化に関する請願3件のほか、岩国基地へのNLP(米海軍空母艦載機部隊及び夜間離発着訓練施設)移転に関する請願など、全部で5件の請願が出されました。
 委員会では3件が採択、2件が継続審査となり、最終日も同様の結果となりました。

請願第1号

友和保育園民営化の延期を求める請願

 平成32年の友和保育園民営化方針による措置を延期するようお願いします。

紹介議員への主な質疑

質問 この請願の趣旨は民間移管反対ということではないと思うがどうか。

答弁 民間移管に反対するものではなく民間移管した後、子どもが減少して民間では経営できなくなることを想定しており、その場合は公立でやる必要があるという気持ちもある中で出された請願である。

請願第2号

廿日市保育園の民営化に関する請願

 (1)保護者への理解が得られないまま、構想を決定するようなことはしないでください。

 (2)子供にとって最善の方法を行政と保護者が協議できる場を設けてください。

 (3)保護者が、子供のために納得できる判断ができるよう、もっと考える時間をください。

 そのため、民営化計画スケジュールの再考をお願いします。

紹介議員への主な質疑

質問 保護者が子どものために、納得できる判断の基準はあるのか。

答弁 現在、就園している園児の保護者が、子どもに実害がないと判断できるスケジュールの再考と説明、生活環境が大きく変わる年少以下の保育園児に対しての配慮を求めている。

請願第5号

 米海軍空母艦載機部隊及び夜間離発着訓練施設(NLP)の岩国基地移転に反対する意見書を国に宛てて改めて提出することを求める請願

反対討論

 この請願は本市が迷惑するから厚木にある空母艦載機部隊等を移転させないでほしいという意図にとれ、日本全体で防衛を考える観点からすると身勝手な請願に思え反対である。

賛成討論

 本市の対応として合併前から近隣と協力して岩国基地の増強に反対してきた経緯があり、今も途上である。防衛は非常に大切であるが、岩国基地が極東一の軍事基地になることが問題であり、全国で分担して責任を負える体制にしてもらいたいと考え賛成である。

 

 次の2件の請願は継続審査となりました。

請願第3号

所得税法第56条廃止を求める請願書

 憲法、そして男女共同参画推進の立場にも反する家族従業員の働き分を認めない「所得税法第56条」を廃止するよう国に意見書を提出してください。

請願第4号

公立保育園の廃止・民営化に関する請願

(1)保護者や市民が十分 納得し、合意が得られるまでは、公立保育園の廃止・民営化をしないでください。

(2)市行政に対し、「子育てのまち はつかいち」に値する構想の再提案を求めてください。