ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 廿日市市議会 > 議会広報「さくら」第52号 常任委員会説明会

議会広報「さくら」第52号 常任委員会説明会

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月1日更新

常任委員会説明会

今後の取り組みなどについて行政より報告がありました

総務常任委員会において コンビニ交付サービスの導入について

産業厚生常任委員会において TOTO(株)との協定書締結について

コンビニ交付サービスの導入について

 本庁舎内の1階に設置してある自動交付機が、29年9月末で保守期限を迎えます。
 その後継システムを、「マイナンバーカード」を利用したコンビニエンスストア等での証明書等の自動交付サービスに移行しようとするものです。

【開始時期】

 30年1月より(自動交付機は、30年9月末まで延長稼働後、廃止)

【取扱い時間】

 朝6時30分から夜11時まで

【取扱い場所】

 全国に約4万7000箇所あるコンビニエンスストア等に設置してあるキオスク端末(マルチコピー機)。
 申請から取得まで、全ての手続きを店舗従業員を介さず行なうので、個人情報が他人の目に触れることはありません。

【取得できる証明書】

・住民票の写し

・印鑑登録証明書

・住民票記載事項証明書※

・各種税証明書※

・戸籍証明書※

・戸籍の附表の写し※

 ※は対応していない市町村もあります。

【導入メリット】

・住民の利便性向上

・窓口業務の負担軽減

・事務コストの低減

議員からの質疑

質問 マイナンバーカードの申請等は開庁時間しかできない。改善が必要では。

答弁 カードの普及を考えると、休日や夜間対応も必要があると考える。

TOTO株式会社との協定書締結について

 宮島おもてなしトイレの整備に関し、提供企業とパートナーシップ協定書を締結する説明がありました。
 年間400万人の来島者があり、外国人観光客が増加傾向にある「宮島」での事業実施であるため、企業側から衛生設備機器の無償提供の申し出があったものであり、初の試みとなります。

【協定の内容】

・相手方

 TOTO株式会社

・協定期間

 協定締結日から36年3月31日まで

・主な内容

トイレ整備のレイアウト図面の作成や、衛生設備器具(便器等)の無償提供の他、「おもてなしトイレ」の名称使用など

【狙いと効果】

事業費縮減が図られるメリットのほかに、話題性の提供やPR効果による集客を期待するものである。

【整備内容】

・車椅子利用者やオストメイト対応多目的トイレ

・パウダーコーナー、キッズトイレ・授乳室・おむつ替えコーナーを有したファミリールーム

・混雑緩和のための待ちスペースの確保 など