ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 佐方市民センター > 10月の佐方(平成29年)

10月の佐方(平成29年)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年11月16日更新

10月15日(日曜日)、佐方親善運動会が開催される

  当日は雨模様で、競技会場は佐方小学校のグラウンドから体育館に移して行われました。

  重村自治会長と眞野市長のご挨拶のあと、はやる心を抑えてまずは早速ラジオ体操。参加者全員が体育館一杯に広がり、ケガのないことを願いながら体をほぐしました。

  技種目は縮小されましたが、ボール蹴り、玉入れ、クッション運びなど、どの種目でも各チーム全員が励まし合い、助け合い、一つになって勝利を目指しました。

  今回のチームは町内を超えて赤、青、黄、緑で構成されました。
 真剣な中にもお互いに温かい思いやりが見られたのは、親善運動会の精神が参加者に浸透しているしるしでした。

   今回の総合優勝は黄色チームでした。黄色チームの皆さん、おめでとうございます!

  運動会  運動会  運動会

  運動会  運動会  運動会

  運動会  運動会  運動会

10月7日(土曜日)、8日(日曜日) 佐方八幡神社秋祭り 奉納神楽と神輿

 奉納神楽は、10月7日18時から佐方八幡神社の境内で開演されました。

 吉和神楽団の軽快なお囃子と、豪華な衣装と表情豊かな面を身につけての迫力ある勇壮な舞は、会場いっぱいの老若男女を、いつしかの神話の世界へといざなっていました。
 観客の拍手は境内に鳴り響き、辺り一面熱気がみなぎっていました。

 梅ちゃん先生こと、元佐方小学校の梅田先生(現大野西小)による横笛の素晴らしさにもたくさんの拍手が送られ、会場は大いに盛り上がりました。

 飴撒きの時にはあちらこちらから手が伸び、皆さん笑顔いっぱいで受け止めていました。

 ふと境内の下方に目を転じると、佐方消防団によるゲームコーナーがたくさんの子どもたちでにぎわいを見せていました。

 いよいよフィナーレ。
 舞い終わった末、征伐される八岐大蛇(やまたのおろち)の大迫力に、観客は大絶賛。
 まさにあっという間の4時間30分でした。

   翌10月8日(日曜日)の午前中には、佐方八幡神社で子ども会の神輿と祭礼の若者たちの御輿がお祓いを受け、その後町内へと繰り出しました。
 担ぎ上げられた御輿は上下左右、荒々しく揺さぶられ、フラワー通りと各家々を元気な掛け声とともに練り歩きました。
 「わっしょい!わっしょい!」子どもと大人が一つになった楽しいひと時でした。

 秋祭り 秋祭り 秋祭り 

 秋祭り 秋祭り 秋祭り