ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

2月の佐方

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月28日更新

2月25日(土曜日) 今年度最後のリトルシェフを行いました

 2月25日(土曜日)の9時から後藤香代子さんを講師に迎え「第8回リトルシェフ」を行いました。
 この日は今年度最後の「リトルシェフ」ということもあり、定員を上回る23人の小学生が参加してくれました。

 初めにチョコレートケーキの生地の作り方を講師の後藤さんから教わり、その後は4つのテーブルに分かれ、講師の後藤さん、助手の山崎広子さん、田崎美紀子さん、平林和子さんとセンター職員が各テーブルの先生となり調理開始!
 今回のメニューは、もうすぐひな祭りということで、牛乳パックを型にしてひし形の押し寿司にした「おひなさま寿司」。保育園で人気のメニュー「ほうれん草とひじきのサラダ」。優しい味の「卵と豆腐のお吸い物」。バレンタインデーは過ぎてしまったけれど「チョコレートケーキ」を全員で調理しました。

リトルシェフ1

 「おひなさま寿司」は、いり卵、でんぶ、鮭の瓶詰、花の形に抜いた人参、のり、ごま、大葉で、思い思いに飾り付けを楽しみました。見た目も、味ももちろんGood!
 「ほうれん草とひじきのサラダ」の中には、型で抜いた人参の端っこも小さく刻んで、ゆでて混ぜて食べました。
 「卵と豆腐のお吸い物」は、溶き卵を穴あきお玉にくぐらせて、きれいな「かき玉汁」に。
 「チョコレートケーキ」は、焼き上がったスポンジを冷ました後に、チョコレートソースをかけてイチゴを飾り完成。この日1番の人気メニューでした。

リトルシェフ2 リトルシェフ3

リトルシェフ4 リトルシェフ5

 今回もちょっと予定時間をオーバーしましたが、全員片付けも掃除も、しっかりがんばってくれました。ありがとう!

 来年度の第1回は5月です。新1年生も申し込み、お待ちしています。広報さがた4月号をお楽しみに。

2月24日(金曜日) 第7回 小さな手仕事カフェ ここつなぎ 「アクリルたわし作り」

 第7回「小さな手仕事カフェここつなぎ」を開催しました。
 13人にご参加いただき、わいわい楽しい時間となりました。
 参加された皆さん、ありがとうございました!

 葉っぱの形をしたアクリルたわしを作りました。
 講師を務めてくださったのは佐方市民センターの「フラ ハラウ オ カウワレファ」というフラダンスのクラブで活動しておられる柴田さんです。
 柴田さんの明るく朗らかなお人柄で、開始早々アットホームな空気に包まれ、和やかな時間を過ごしました。

アクリルたわし1

 編み物好きの人、「久しぶりにかぎ針を持つわ」と緊張気味で参加された人、針の持ち方がわからない初心者さん…
それぞれのペースで編み進めていきました。

ここつなぎ2月2 ここつなぎ2月3 ここつなぎ2月4

 1本の糸から形づくっていくおもしろさ、夢中になるうちに頭の中からモヤモヤが飛んでいく爽快さ、編み物をしているときのこんな幸せな感覚が、皆さんの表情に表れています。
 編み物は「上手・下手」ではなくて、編んでいる時間そのものが「幸せ」なのですね。

ここつなぎ2月5 ここつなぎ2月6

 編み方に手が慣れ、2個3個と完成される人も…そんな時、本日編み物初体験の方が記念すべき作品第1号を完成。
 ご本人から「できました~!」と喜びの声が上がると、次々に「おめでとう~!」の声・声・声。
 一人では難しいことも輪になれば形になる!!
 「ここつなぎ」の目指すところと、今回の講座がピタッと重なった瞬間でした。
 この講座でつながりの輪が広がる度に心がほっと温かくなります。

ここつなぎ2月7

 今回は「皆さんにお土産を」ということで、柴田さんがお手製のアクリルたわしを作ってきてくださいました。
 かわいいいちごのアクリルたわしです。
 参加者の皆さんもとても喜んでおられました。

ここつなぎ2月8

 作品作りの後は、お待ちかねのカフェタイム。
 今回のお菓子は今話題の瀬戸田産レモンを使用したレモンケーキ。
 そして桃の節句をちょっぴり意識して、白とピンクのブールドネージュをちょこんとのせて…
 レモンの爽やかな香りとお菓子の甘みが絶妙なバランスでした。
 会話も盛り上がり、素敵な「ここつなぎ」の輪ができました。

ここつなぎ2月9 ここつなぎ2月10

 次回は3月17日(金曜日)の開催です。
 マカロンポーチを作ります。
 カラフルで形も可愛らしく、食べずに飾っておきたくなるようなフランスのお菓子「マカロン」。
 このマカロンをモチーフにした小さなポーチを作ってみませんか。
 コロコロ可愛い手のひらサイズ♪
 小銭入れにはもちろん、アクセサリー入れ、お薬入れなどなど・・・
 可愛いだけじゃなくとっても便利なポーチです♡
 皆さんのご参加心よりお待ちしています♪

2月16日(木曜日)七福大学(高齢者学級)今回は消費者トラブル最新情報

 2月16日に廿日市市消費生活センター消費生活相談員 溝下祐子さんを講師にお招きし七福大学を開催しました。
 最近の特殊詐欺、個人情報の漏えいなど「今 知っておきたい消費生活トラブル最新情報」に関して、わかりやすく説明をいただきました。

 また、ラーメンにたとえた模型を使い、インターネット契約のしくみを説明していただきました。
 スープは「光回線」、麺は「プロバイダ(インターネット接続サービス提供者)」で、無名ラーメン店は大手ラーメン店から客を奪う戦略での勧誘があり、気が付いた時の解約金トラブルなど多発していることを知りました。

 また、嫌な電話から身を守るためには、ナンバーディスプレイ、迷惑電話チェッカーなど取り付けた事例を紹介していただき、廿日市市消費生活センターが、どんなにか身近になり、消費者ホットライン「188(いやや)」への問い合わせも気軽に連絡することができるようになったのではないでしょうか。

 皆さんからは、「自分の対応の仕方を身に付けることができた」「身近な不安を消すことができた」などの意見交換で盛り上がりました。

七福1 七福2 七福3 

2月16日(木曜日)佐方市の赤いTシャツが増えました

 2月16日(木曜日)、11時30分から佐方市がありました。
 たくさんの地域の方が集まってくださり、スタッフとして職員と同じ赤いTシャツを着て盛り上げてくださる皆さんも、今回は大幅に増えました。

sagata1 sagata2 sagata3 sagata4

 無農薬野菜、お餅、マフィン、パンや、佐方地域の方が作っていらっしゃる大根・はやと瓜・甘夏・柚子などの出店があり、今回も皆さまから頂いた無農薬野菜を使った、具だくさんのスープを無料配布しました。

sagata5 sagata5  sagata7

 その「豚肉と野菜のミルクスープ」を飲みながら、親子連れや子育て世代やお婆ちゃんお爺ちゃん世代の、楽しい交流の場になり、所長からの「バレンタインチョコレート」のプレゼントも加わって、笑顔あふれるランチタイムでした。

sagata8 sagata9 sagata10 sagata11

2月16日(木曜日) 無病(六瓢)息災のお守り―六瓢箪―

 佐方にお住まいの方が「六瓢箪」を作って持ってきてくださいました。

瓢箪1

 末広がりの形をしたヒョウタンは、古来よりとても縁起の良いものとされ、除災招福のお守りや魔除けとして広く用いられてきました。
 6つ揃った「六瓢箪」は、無病(六瓢)息災のお守りになるとされます。
また、蔓が伸びて果実が鈴なりになる様子から、家運興誠・子孫繁栄のシンボルともされます。

瓢箪2 瓢箪3

 この作品は折り紙細工またはブロック折り紙と呼ばれるもので、1つの作品が何百ものブロック(パーツ)で組み立てられています。
 組み立てる前のブロック作りだけでも細かい根気のいる作業の連続です。
 小さな三角形をたくさん作り、それを積み上げたり組み立てたりして、気の遠くなるような工程を経て作品を仕上げてくださいました。

瓢箪4

 一年の無病息災を願い、ひと折りひと折り心のこもった作品をお持ちいただきありがとうございました。
 いただいた六瓢箪は、市民センターのロビーに飾っております。
 また、六瓢箪以外にもいただいた、たくさんのヒョウタンは各部屋に飾っております。
 皆さまぜひご覧ください。

2月14日(火曜日) すえひろ会の会食に小さな可愛い訪問者

 すえひろ会とは、佐方アイラブ自治会住民福祉事業局とオリーブの会の女性の皆さんが、佐方地区在住の70歳以上で一人暮らしの人へお弁当を作るボランティアのことです。
 すえひろ会のお弁当作りは毎月行われていて、奇数月が配食、偶数月が佐方市民センターでの会食で、会食では毎回いろいろな催しが企画されています。

 今回は佐方保育園の年長園児が来て、豆まきの歌と踊りを披露してくれました。
 園児達の可愛らしい発表に、参加者の皆さんも自然と笑顔がこぼれていました。

すえひろ会1 すえひろ会2 すえひろ会3

すえひろ会4 すえひろ会5 すえひろ会6

 園児達との楽しい交流の後は、いよいよランチタイムです。
 早朝から佐方アイラブ自治会住民福祉事業局とオリーブの会の皆さんが作った、栄養バランスも考えられたお弁当を、参加者の皆さんは美味しそうに食べておられました。

2月9日(木曜日) カランコエ・菜の花・アマリリス・紅梅

 センターのクラブで活動されている佐方在住のお花の好きな女性がカランコエの鉢植えをもってきてくださいました。
 花が少ない冬のこの時期に、赤、黄、ピンクのカラフルなカランコエの花を見ていると自然と明るい気分になります。

はな1

 また、こちらは市民センターの近所にお住まいのお花の好きな女性が持ってきてくださった、菜の花です。
 黄色の花が咲いて、菜の花の独特の香りがしています。

花2 花3

 そして、こちらは佐方在住のお花の好きな男性がもってきてくださった、アマリリスと紅梅です。
 アマリリスは、淡いピンク色の大きな花が見事です。
 紅梅は、ほのかに梅の香りがして春がそこまで来ているのを知らせてくれているかのようです。

花4 花5

花6 花7

 寒さが厳しいときだからこそ、「センターに来る人に明るく咲いた花を見てもらいたい」という三人の方の心遣いに気持ちが温かくなりました。
 皆さんもセンターに立ち寄られた際に、これらの花を見て一足早い春を感じてみられてはいかがでしょうか。