ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

12月の佐方

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月19日更新

12月27日(火曜日)佐方市民センターにRCCのラジオカーがやってきました

 12月27日(火曜日)RCCのラジオカーが佐方市民センターに取材にきました。
 地元の門松の取材に佐方に来たところ、佐方市民センターには大きな門松と25分の1スケールの大阪城のオブジェがあると聞き、急遽市民センターにも取材に来たとのことで、素敵な2人のレポーターが取材をしてくださいました。
 「大阪城は夢工房さがた村のメンバーで作られ、10月の市民センターまつりに合わせて搬入し、2月末まで置いてあるそうです」というラジオの放送を聞いて、その日のうちに早速地域から二人の見学者が見に来られました。
 そのうちの1人は「こんなに凄いものがあるなら、もっとみんなに宣伝すればいいのに」とおっしゃっていたので、今回のラジオ放送をきっかけに多くの人に口コミで広がると嬉しいです。

rcc1 rcc2 rcc3

12月27日(火曜日)門松を飾っていただきました

 12月27日(火曜日)朝早くからハシモト園芸さんのご好意で市民センターの入口に門松を飾っていただきました。
 門松作りのエキスパートの皆さんが4人来られ、「斜めに切った竹の切り口は、大きな口を開けて大笑いしている幸せな顔に見えるでしょう」「竹の位置は左右同じじゃないんよ。つなげると丸になるように左右対象になってるんよ」「梅に苔が生えた老木も立てるのは、長生きを願ってるからよ」などと話しながら、あっという間に立派な門松を飾ってくださいました。
 これで年の神様は市民センターを通り過ぎることなく、今年1年センターを訪れる皆さんに幸せをもたらせてくださると思います。

門松1 門松2 門松3

門松4 門松5 門松6

12月25日(日曜日) しめ縄講座を行いました

 12月25日(日曜日)9時30分から、後藤順朗様・香代子様夫妻を講師に迎え「しめ縄講座」を行いました。

 今回も、しめ縄を作るときの藁(ワラ)の扱い方や綯(な)い方、南天や楪(ユズリハ)が縁起物として飾り付けに使われる由来、飾りの作り方・付け方、しめ縄の飾り方まで丁寧に教えていただきました。
 初めての人はもちろん、今まで参加してことがある人も、藁の扱い方や綯い方に苦労しながら、世界に一つしかない手作りのしめ縄を全員作ることができました。
 米農家でなければ、なかなか手に入らないモチ米の藁や、南天など多くの材料を準備してくださった後藤家(家族の皆さんも)の皆さんに感謝しながら記念撮影。
 その後は、全員片付け・掃除も協力してくださいました。
 伝統文化を継承する意味の強い講座ですが、後藤家の小さなお手伝いさんのおかげで、今年の講座もアットホームな雰囲気を感じられる楽しい講座になりました。

しめ縄1 しめ縄2

しめ縄3 しめ縄4

12月21日(水曜日)「シュガーさんの英会話でクリスマス会」をしました

 10月12日(水曜日)から始まり、毎月第2・4水曜日に行ってきました「シュガーさんの英会話教室」ですが、今回はクリスマスということで1週間早め、英語たっぷりのクリスマスパーティーを行いました。
 事前に先生と一緒に受講者数人が買い出しに行き、部屋を素敵に飾り付けたり、おいしいケーキやお菓子を食べたりしながら、楽しい時間を過ごしました。
 受講者の特技を生かして、フラダンス・太極拳・銭太鼓・・・などの出し物があったり、みんなで英語の歌を歌ったり、終始笑い声と笑顔が絶えない、素敵なクリスマスパーティーでした。

英会話1 英会話2 英会話3

英会話4 英会話5 英会話6

12月17日(土曜日) 第6回リトルシェフを行いました

 12月17日(土曜日)の9時から後藤香代子さんを講師に迎え「第6回リトルシェフ」を行いました。
 毎年12月は1人1台のクリスマスケーキを作ることができるとあって、定員いっぱいの20人が参加しました。

 始めにケーキの生地の作り方を講師の後藤先生から教わり、その後は4つのテーブルに分かれ、講師の後藤先生、助手の山崎広子さん、田崎美紀子さん、中野義子さんとセンター職員が先生となり、「ミックスピラフ」、「オイスターチャウダー」、「豆乳プリン」、「クリスマスケーキ」を調理しました。

 無水鍋で炊いたミックスピラフは、ちょっとできたおこげも美味しく、オイスターチャウダーは牡蠣のうま味が食欲をそそり、そこでほぼ全員がお腹いっぱいになりました。
 豆乳プリンは冷蔵庫で冷やし固めたあと苺を飾り、ほとんどの児童が持って帰りました。
 メインのクリスマスケーキのデコレーションは、お菓子作りの上手な小田史江さんに今年もクッキーを焼いていただき、他にホイップクリームやフルーツ、アラザンなどで、思い思いのデコレーションを楽しみました。
 今回も予定時間をオーバーしましたが、全員片付けまでしっかり頑張ってくれたリトルシェフ(小さな料理人)たちでした。

リトルシェフ1 リトルシェフ2

リトルシェフ3 リトルシェフ4

リトルシェフ5 リトルシェフ6

12月16日(金曜日)「小さな手仕事カフェ ここつなぎ」を開催しました

 第5回「小さな手仕事カフェここつなぎ」を開催しました。
 8人にご参加いただき、わいわい楽しい時間となりました。
 参加された皆さま、ありがとうございました!

 南天九猿を作りました。
 「南天九猿」とは、南天の枝の上にふうせん蔓の種を使用したお猿さんの人形を9体のせた縁起物。難が転じて苦が去るという意味が込められています。

koko1

 それにしても小さい!!お猿さん1体が約1センチメートルというサイズです。まずは色とりどりの布で衣装作りです。
4.5センチメートル角の小さな布と格闘(?)の末、お猿さんの体部分が完成しました。
続いて頭の部分。ハートの模様がとてもかわいいふうせん蔓の種を胴体にのせると、かわいいお猿さんができ上がりました。

koko2 koko2 koko4

 色合いを見ながら配置を決め、南天の木の舟にのせて南天九猿のでき上がりです。
新春の飾り物にぴったりの作品となりました。
皆さんお疲れ様でした♪

koko5 koko6 koko7

 今回の講座はたくさんの皆さんのご協力で開催することができました。
 ふうせん蔓の種をくださった方、南天の枝をきれいに切り揃えて持ってきてくださった方、すてきな着物古布をくださった方…人と人の温かいつながりを深く感じる講座となりました。 

koko8

 ふうせん蔓の種や小さな布を入れていた星の形の器。
 「A4サイズのコピー用紙1枚でできるんですよ」とお話したら、「作り方教えて~」との声を頂き、10月に続いて2回目のレクチャーをしました。
 手作りって本当に楽しいですね。

koko9

 作品作りの後は、お待ちかねのカフェタイム。
 今回は上生菓子を用意しました。
 和菓子は季節感をあらわしているものが多いので、五感を使った楽しみ方ができます。
 菓銘を楽しみ、季節の花鳥風月や風雅な風景を感じる癒しのひとときとなりました。
 会話も盛り上がり、素敵な「ここつなぎ」の輪ができました。

koko10 koko11

 お菓子を楽しみながら、「次の講座は何をするの~」との質問をいただきました。
 次回は1月26日(木曜日)の開催です。
 羊毛フェルトでおひな様を作ります。
 さまざまな色で染めた羊の毛を、特殊な針(ニードル)でツンツン刺すことにより、羊毛を固めて形を成形していきます。
 自らの手で命を吹き込むお内裏様とお雛様は、きっと温かみのある柔らかな作品に仕上がることでしょう。
 コロンとしたかわいいおひな様で一足早い春気分を満喫してください。
 皆さんのご参加心よりお待ちしています♪

12月15日(木曜日) 七福大学「世界遺産の継承―厳島神社とモン・サン=ミッシェル―」がありました

 12月15日(木曜日)13時30分から県立広島大学 宮島学センター助教授 大知徳子先生に七福大学(高齢者学級)が開催されました。
 37年前に海に浮かぶ世界遺産として登録されたモン・サン=ミッシェルと、20周年を迎えた厳島神社有する宮島の不思議な共通点(信仰、戦争と平和、「伝える」)から世界遺産の継承に関してのお話がありました。
 周囲900メートルしかないモン・サン=ミッシェルの偉大さに皆さん感心されていました。
 また、テレビの番組で出演された時の裏話もあり、楽しい時間があっというまに過ぎ、受講者の皆さんは、満足して帰って行かれました。

七福1 七福2 七福3

12月15日(木曜日) 佐方市がありました

 12月15日(木曜日)の11時30分から佐方市がありました。
 今回も「かきのき村」さん、岩国の漬物「うまもん」さん、佐方地区で野菜を作られている皆さんが出店されました。

 この日の佐方市は、アイラブ自治会住民福祉事業局主催の健康体操に来られた人、センターのクラブ活動で来られた人、佐方市の事を口コミで聞かれた親子連れなど、幅広い年代の皆さんで賑わいました。

市1 市2 市3

市4 市5 市6

 佐方市では毎回、かきのき村さんから提供していただいた、旬の無農薬野菜で作ったスープを市に来られた皆さんに無料で出しています。
 今回は「大根・大根の葉・人参・じゃがいも・白菜・玉ねぎ・鶏肉・ウインナー」の入った「和風クリームシチュー」で、佐方市で販売しているパンやかきのき村のお餅と一緒に食べる人もいて、ランチタイムにおしゃべりの花が咲いていました。menu

 次回の佐方市は、11月の広報さがたでは1月18日(水曜日)とお知らせしましたが、正しくは1月19日(木曜日)です
 訂正と合わせてお詫びいたします。
 次回も体が温まる無料スープを用意してお待ちしています。

12月4日(日曜日) 親子で楽しむクリスマスコンサートを行いました

 12月4日(日曜日)の13時30分から「親子で楽しむクリスマスコンサート」を行いました。
 今回も、佐方在住のピアニスト 恩田絵美様をお迎えし、本格的なクラッシックからディズニー、Jポップ、クリスマスソングまで、幅広いジャンルのピアノ曲を演奏していただきました。
 圧巻は、ピアソラのバンドネオン曲をピアノに編曲した「オブリヴィオン」と「リベルタンゴ」の2曲。独特なアルゼンチンタンゴのリズムが観客の皆さんを魅了しました。

 最後は観客の皆さん全員に鈴とタンバリンを渡し、「赤鼻のトナカイ」を一緒に歌い演奏しました。
 終始、軽快なトークと華麗なピアノ演奏、そしてスパイダー柄のドレスが素敵な恩田様のクリスマスコンサートでした。

 普段、本格的なプロのクラッシックコンサートは子どもに入場制限を行うため、親子一緒に楽しむことができませんが、佐方市民センターで行う恩田様のコンサートは、親子で楽しむことができます。
 次回はもっと多くの親子に来てもらいたいと思っています。

クリスマスコンサート1 クリスマスコンサート2

クリスマスコンサート クリスマスコンサート4