ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大野西市民センター > 郷土史講座「戦国期嚴島神社の祭礼と神領」

郷土史講座「戦国期嚴島神社の祭礼と神領」

印刷用ページを表示する掲載日:2018年1月1日更新

 戦国期の嚴島神社は、厳島を支配する政治勢力の交替による影響を受けながら、祭礼をとりおこなっていました。神事・祭礼の断絶と再興の歴史を解き明かしながら、厳島と大野周辺の関係に関しても紹介します。

とき

 平成30年2月26日(月曜日)13時30分~15時30分

ところ

 大野西市民センター 2階 研修室

講師

 県立広島大学 宮島学センター助教 大知 徳子さん

参加費

 無料

定員

 30人

申し込み

 月曜日~金曜日の平日9時~17時に、大野西市民センター窓口または電話(0829-55-2017)で申し込んでください。
 先着順で受け付けます。