ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報はつかいち > 2016年12月号 テキスト版

2016年12月号 テキスト版

印刷用ページを表示する掲載日:2016年12月1日更新

広報はつかいち No.1217 12 December 2016

宮島・嚴島神社世界遺産登録20周年記念特集

朱が映える神の島―その歴史に思いをはせて―

神の島の継承者

嚴島神社 禰宜(ねぎ) 福田道憲(ふくだみちのり) さん談
一年を通して、違った景色を見せてくれる自然の美が結集した島。島内で暮らしていても同じ景色を見ることはありません。その美しさから、島全体に霊気を感じ、御神体として神聖視されていたため、嚴島神社は潮の満ち引きするところに創建されました。
瀬戸内海の青と、弥山の緑との境界に建つ嚴島神社の朱色の社殿群は、現在の姿に造営された平安時代の様子を今も保ったまま、訪れる人を迎えています。
神の島とその自然、神社を守るのは、神職の私にとっては「当たり前のこと」。神社は幾度となく部分的な火災や台風などの災害を受けてきましたが、そのたびにその当時の人たちによって元の姿に戻されてきました。神職の仕事の一つは、過去から受け継いだものをそのまま次の世代へ伝えていくこと。形あるものだけでなく、神事や伝統行事なども含まれます。先人たちが大切に現在まで紡いできたものを、同じように後世のために残していかなければいけません。
「皆さんの願いごとを神様に伝え、引き継いだものを後世に託す」という、日々やってきたことがつながった結果が世界遺産への登録だと思います。世界遺産に登録されたからといって、やるべきことに変わりはありません。これまで同様に「当たり前のこと」を着実に続けていくことが大切だと思っています。
ただ、世界遺産への登録後、これまでよりも確実に宮島や嚴島神社の海外での認知度が高くなりました。年々海外からの観光客が増え、思い思いに島での時間を過ごしています。外国人観光客は、大鳥居越しに夕日が沈んでいく様子を眺めるような、時間をかけて自然を満喫する楽しみ方をしているように思います。
そうした姿を見ていると、日本人だけでなく世界中の人を魅了するものが宮島にはあるのだと改めて感じました。宮島で神に仕える立場にある者として、守り、受け継いだ島の良さを継承していくことに、より一層、努めていきたいと思っています。

廿日市市環境産業部観光課 高木智子(たかぎともこ) 主任主事

世界遺産条約は1972年にユネスコ総会で採択された条約です。条約の目的は「世界中にある価値の高い文化遺産や自然遺産は人類共有の財産である」という認識のもと、それらが損壊や滅失の危機にあるときには、各国が協力して保存しようというものです。
嚴島神社と宮島の一部は1996年12月7日に世界遺産に登録されました。今年20周年を迎え、国宝に指定され普段はなかなか公開できない宝物(ほうもつ)などの展示を通して「大事に保存されてきた貴重な財産を宮島で見ることができる」という素晴らしさを感じる機会にしてもらいたいです。
社殿群には平安時代や戦国時代の建築様式が残っており、長い日本の歴史の中で先人たちが宮島を大切にしてきたことが目で見て分かります。平清盛や毛利元就など、教科書にも出てくる歴史上の人物たちが信仰した地が市内にあるということを誇りに思ってもらえたらうれしいです。
市では、今生きている私たちも歴史を刻む者であると認識し、島内の町並みや生活様式を保存していく取り組みも進めています。宮島が存続していくためにいろいろと工夫を凝らして、産業を考えたり、伝統工芸品を守ったりしてきた人たちがいる。観光客が途絶えないのは、そのように引き継がれてきたものに価値を見出し、評価されているからだと思います。
たくさんの人の知恵と努力があったことを忘れず、これからも宮島の魅力を発信していきたいです。

―嚴島神社の世界遺産価値―

(1)創造的な才能が生んだ傑作
12世紀の造営を基とし、寝殿造様式を取り入れた社殿群は、優れた建築景観です。また、海上に建ち、背景の山々と一体となった景観は他に例が無く、平清盛の卓越した発想や業績を示す財産です。
(2)人類の文化的交流の形跡を示すもの
日本人の美意識の一基準となった作品で、現存する社殿群でも唯一無二のもので、日本人の精神文化を理解する上で重要な資産です。
(3)歴史上の有意義な時代を示す優れた建築物群、景観
造営当時の様式をよく残し、度重なる再建にもかかわらず、平安時代創建当初の建造物の面影を現在に伝える希少なものです。
(4)伝統・思想・信仰などと密接に関係するもの
日本の風土に根差した宗教である神道の施設であり、日本の宗教的空間の特質を理解する上で重要な根拠となるものです。

世界遺産登録20周年記念事業

・舞楽奉納
舞楽を4曲奉奏します。
とき 12月6日(火曜日)
ところ 嚴島神社高舞台
参加費 300円(昇殿料)
問い合わせ先 (一社)宮島観光協会 電話番号 0829-44-2011
・嚴島神社宝物名品展
国宝に指定されている宝物などを特別公開します。
とき 12月18日(日曜日)までの9時~16時30分
ところ 嚴島神社宝物収蔵庫
参加費 一般1000円、高校生500円、小・中学生300円(拝観料)
展示内容 平家納経願文、宝塔品、紺紙金字法華経など
問い合わせ先 嚴島神社 電話番号 0829-44-2020
・世界遺産ウオーキング
原爆ドームから宮島へ向かう、約20キロメートルのコースです。
とき 12月18日(日曜日)9時~16時
集合場所 旧広島市民球場跡地
解散場所 宮島
参加費 高校生以上2000円、小・中学生1500円
申込方法 事務局まで電話で。
申込締切 12月5日(月曜日)
問い合わせ・申込先 事務局 電話番号 082-541-5893
・宮島スタンプラリー
「嚴島神社エリア」と「弥山エリア」でスタンプを集めてください。6カ所のスタンプで、もみじ饅頭詰め合わせのプレゼントがあります。
とき 平成29年1月25日(水曜日)まで
ところ 島内(全12カ所)
参加費 無料
問い合わせ先 宮島ロープウエー 電話番号 0829-44-0316
・町家通りの「行灯(あんどん)」
通り沿いの民家と店舗51カ所のあんどんを点灯します。
とき 平成29年3月31日(金曜日)まで毎日、夕暮れから23時ごろまで
ところ 町家通り
・表参道商店街「あかり」
世界遺産20周年の特製ちょうちんを点灯しています。
とき 平成29年3月31日(金曜日)まで毎日、夕暮れから23時ごろまで
※12月10日(土曜日)10時30分から、抽選会と餅の配布をします
ところ 表参道商店街

先人たちからの贈り物

宮島歴史民俗資料館
ふるさと学習推進員 舩附洋子(ふなつきようこ) さん

宮島は嚴島神社を中心に、多くの先人たちが生きてきました。知恵と工夫で多くの苦難を乗り越え、築いてきた宮島。先人たちの熱い思いを後世にしっかりと伝承することが、現在を生きる私たちがすべき責務だと思っています。受け継いできたものが世界遺産に登録されている。「次の世代につなぐ」という思いは、より強くなっていきます。
僧・誓真(せいしん) さん
宮島での苦難は台風などの災害だけではありません。島のため大きな川が少なく、昔の人は飲料水にも困っていました。
江戸時代に誓真という僧が飲料水不足に困る島民のために、井戸を掘りました。井戸は10カ所掘ったと伝えられ、そのうちの5カ所は200年以上たった現在でも清水が沸きます。これらの井戸は「誓真釣井(づるい)」と呼ばれ、海から離れていない場所でも塩水が混じらず、夏でも水が枯れず、宮島で暮らしてきた人々の大きな助けになりました。
また、誓真さんは島民が生計を立てるために、厳島弁財天の琵琶の形を参考に杓子を考案しました。杓子作りや井戸掘りなど、どれほど誓真さんが宮島に貢献したか。私たちが現在宮島で生活ができるのは誓真さんのおかげだと思っています。
小路鬼遊(しょうじおにごっこ)
宮島は宮千軒(みやせんけん)といって、かつては1000軒近くの家が建ち並び、迷路のような小路がいたるところにありました。
隅々から聞こえる「もういいかーい」、「まーだだよ」という子どもの声。手押しポンプで五右衛門風呂へ井戸水を汲み、夕暮れ小路の空に風呂炊きの煙が模様を描く。井戸のそばで腰をかがめ七輪に火をつける姿がある。小路が煙るころ、鍋のおかずの匂いが漂い、子どもたちは「また明日遊ぼう」と家路につく。小路にはそんな昭和の暮らしや子どもの遊びがありました。
今でもお店が並ぶ通りのすぐそばに、「早(はよ)う帰ってきんさーい。ご飯よー」と母親の声が聞こえてきそうな小路が残っています。宮島での暮らしが垣間見れる場所。訪れたときにはぜひ、探してみてください。
雪降る宮島
島民は神社や寺院と深いつながりを感じています。年間を通してさまざまな行事があり、神様、仏様と共に暮らしてきました。神事や仏事が浸透していて、あらゆることに神様や仏様を感じ、感謝しながら日々を過ごしています。
「御笠浜暮雪(みかさのはまほせつ)」は厳島八景の1つに数えられています。嚴島神社や五重塔、大鳥居が真っ白な雪に覆われ、朱色がひときわ際立つ姿に、日頃から見慣れているはずなのに思わず息を飲みます。
雪降る宮島には「天狗の足跡」という言い伝えがあります。弥山の三鬼堂に棲むといわれる烏天狗(からすてんぐ)が、毎朝、夜の明けきらない4時ごろに嚴島神社へお参りするそうです。姿を見ることはできませんが、「雪が積もった神社の長い廻廊の屋根に烏天狗の足跡がくっきり残っている」という伝説があるのだそう。
宮島人として生きる
他人でも親戚と同じぐらい、もしかするとそれ以上に仲が良い宮島人たち。5歳の子どもでも、90歳のおばあちゃんでも対等な関係で、みんな友達です。
宮島で暮らす人たちの生活には、飛んでいる鳥の種類や木々の色合いを見ること、日々の流れを感じることなど、季節を五感で味わう習慣が残っています。多くの触れ合いを通じて、そのような豊かな感性も引き継いでいけたらうれしいです。

※文章中、舩附さんの著書『厳島新絵図』から一部を抜粋しています

嚴島神社世界遺産登録20周年記念事業

県立広島大学宮島学センター連携展示、宮島歴史民俗資料館企画展
「世界遺産をつたえる―嚴島神社と石見銀山、原爆ドームと宮島ホテル」
資料館と県立広島大学が所蔵する資料を用いて、嚴島神社と石見銀山、原爆ドームと宮島ホテルのつながりがテーマの企画展を実施しています。
とき 12月18日(日曜日)まで 9時~17時
※月曜日休館。入館は16時30分まで
入館料 300円
問い合わせ先 宮島歴史民俗資料館 電話番号 0829-44-2019

今後もいろいろな見せ方で新しい宮島を展開したい

一般社団法人宮島観光協会
会長 中村靖富満(なかむらやすふみ) さん

新たな魅力発信を
世界中の有名な観光地や文化財と同じように、世界遺産に登録という方法で宮島の素晴らしさをきちんと評価してもらったことで、より多くの人が宮島を訪れるようになりました。外国人観光客も年々増加し、その旅行傾向に影響を受けているかのように日本人観光客の滞在時間も延び、内容も変わってきています。これまでは3時間ほどで神社に参ったり、買い物をしたりするのがメーンでしたが、近年は登山や海でのスポーツ、座禅など体験型の観光もメジャーになっています。多様化する観光客のニーズに応えている事業者さんの支えとなることが、観光協会の役割だと思っています。
年間の来島者数は現在、400万人を超え、市内の活性化に一役買っています。しかし、現状で満足していては減少に転じることも考えられます。紅葉や気候の良いシーズンはにぎわいますが、寒い時期や梅雨には客足が少なくなってしまいます。これまでオフシーズンとされてきたこのような時期にも魅力がたくさんあります。良いものは残しつつ、常に新しいものを提供していくことで、来た人が新たな発見をし、長く愛されるものになっていきます。私も含め、宮島の良さを改めて確認し、切り口を変えて伝えていくことが今後の課題だと感じています。
また、さまざまな国からの観光客を迎えることは、先のことを予測して積極的に情報を取りながら前向きに考える必要も出てきます。例えば、宗教上の理由から、食べるものに気を付けなければいけない人もいます。そのような人も異文化を感じるために宮島を訪れているのだとは思いますが、食はその観光地の魅力に直結します。少しの配慮でストレス無く、より楽しんでもらえるのであれば、できる限り対応したい。それが日本人の誇る「おもてなし」の心ではないかと思います。
宮島とのつながり
古くから宮島は旧佐伯郡との関わりも深いものがありました。宮島を観光地としてだけ捉えるのではなく、旧佐伯郡のまちとして歴史的、文化的なつながりがあったことを、市内全域の皆さんにも知ってほしい。豊かな自然、脈々と受け継がれてきた歴史。ちょっとした休日に、ぜひ来島してみてください。きっと面白い発見があると思います。

宮島の真の姿を多くの人に見てもらいたい

宮島登録ガイド連絡会
会長 藤井伸一(ふじいしんいち) さん

会員たちのプロ意識
現在、宮島登録ガイド連絡会では、20人余りの人が活躍しています。ガイドの試験を受け、2時間ほど有料で案内して回り、プロとして宮島の魅力を発信しています。ガイドの依頼を受けるのは平均すると月に4~5回ですが、観光客が多いシーズンになると、ほとんど毎日依頼があります。
私がガイドとして特に大切にしているのは、相手の望むガイドの形を最初の出会いで見極めること。雑談を通して表情を見ながら、どのような情報が心をくすぐるのかアンテナを張って確認しています。
例えば、桟橋付近にある清盛像を紹介する場合でも、正確な年号を言うこともあれば、時代だけ言うこともあります。私が知っている情報をすべて伝えようとするのではなく、たくさんの引き出しは用意しつつ、相手に響く情報を提供する。初めての人、何度も訪れている人、子どもたちなど利用者も千差万別です。ガイドも色とりどりで、弥山や昆虫など特別詳しい領域を持っている人、幅広く何でも知っている人、相手の出身地を下調べしてその地と比べた話を多く盛り込むような人もいます。会員たちのプロ意識は心から自慢できます。
ガイドの仕方、対応の良さでリピーターになってもらえるかどうかが決まってくることをいつも考えています。笑顔が基本。宮島に来てよかった、また来たいねといってもらえたらうれしいです。
語り尽くせない島の魅力
ガイドになるため、ガイドになってからも島の歴史などを勉強をしていますが、知れば知るほど魅了されていきます。古いものが多く残されていて「昔のまま変わらない島」でありながら、潮の満ち引きによって「変化が生まれる島」でもあります。
海外からの観光客の滞在の様子を見ていると、神社や仏閣などを見学するのはもちろんのこと、それらの建物の見え方が潮の満ち引きによってどのように変わるかということも見に来ているようです。世界遺産はいろいろなところにありますが、そのほとんどが陸地にあり、変化の無いもの。自然の力によって「変化がある世界遺産」を目ざとく見つけて、来島してくれているのかなと思います。1日いてこそ分かる島の良さをさらに広めていきたいです。
歩いて感じてほしい
世界遺産に登録されて20年となりますが、嚴島神社ができた1400年前から、もっと言うと島ができたところから、世界に誇る遺産であると思っています。自然や神社だけでなく、付随した行事や祭りなど無形のものも継がれていて、数々の世界遺産がありますが、この島に敵うものはないとガイドで回るたびに感じます。
まずは市民の皆さんに真の宮島を見てほしい。どのような思いで神社が建てられ、行事や自然が守られてきたのか。船に揺られる10分間は現代から昔へのタイムスリップです。日常から離れて、潮の満ち引きを見たり、島内をゆっくり歩いてみたりしてもらえたらと願っています。

The Voice Of Miyajima Lovers 来島者の声

堀江妙子(ほりえたえこ) さん

平清盛のドラマを見て興味を持ったという堀江さん。愛知県からご夫婦で来られたそう。「夜のライトアップも素敵でした。神主さんがお浄めをする場面も見ることができ、歴史的な風習がきちんと残っているところが素晴らしいと思います」と話してくれました。

Carina Cestaro さん、Sascha Henzel さん

ドイツから初めて来たという2人。「海の上に神社を建てるという発想はとてもユニーク。そして大変美しく、特別なところだと思います。神社と鳥居を見たところなので、これから弥山に登って島全体を眺めるのが楽しみです」と笑顔でした。

終わりに

島に残る神話や伝説
脈々と紡がれてきた歴史
時代を伝える建築物や文化
古代からの姿が保存されている自然
文化とは何か、歴史は何を伝えているのか
私たちに問い掛け、考えさせてくれる島、宮島

今日という現在や明日という未来が、歴史となっていく
私やあなたの行動が、文化・歴史を創り、自然を受け継いでいく―

大きく深呼吸して、考えてみませんか
美しいものを美しいと感じ、味わえる幸せを
その幸せを次の世代のために守り、受け継ぐことの大切さを

特集 朱が映える神の島―その歴史に思いをはせて―終わり

かけがえのないあなたへ―

私は、あなたは、「人」として生まれた。
親とも、友だちとも、他の誰とも違う、この世に1人しかいない、かけがえのない、代わりのいない、「自分」。
すべての人が生まれながらにして、幸せに生きる「権利」を持っている。
一言ずつかみしめて考えてほしい。
性別や年齢、国籍などに関係なく、私、そして、あなたの、幸せに生きる権利はいつの日も「尊重」されるべきであることを。

問い合わせ 人権・男女共同推進課(廿日市市人権啓発推進協議会連合会) 電話番号 0829-30-9136

人権フェスタ2016

とき 12月10日(土曜日)12時30分開場
ところ さくらぴあ大ホール
入場料 無料
第1部 13時~
・人権作品表彰式 市内の皆さんから応募された標語、作文、詩、ポスターの入選作品の表彰
・全国中学生人権作文コンテスト表彰式
第2部 14時~16時
・人権講演会
演 題 合言葉は「We are シンセキ!」 ~つながろう親も子も地域も~
講師 山本シュウ
※手話通訳、要約筆記、託児があります。託児は12月2日(金曜日)までに、人権・男女共同推進課まで電話で申し込んでください
※駐車場は台数に限りがありますので、公共交通機関を利用して来場してください

12月4日(日曜日)~10日(土曜日)は人権週間です

山本 シュウ さん

大阪府門真市出身のラジオDJ。大きなレモンの被り物をし、「レモンさん」というキャラクターで小学校のPTA会長を5年間務めた。このことをきっかけに家庭や学校で、課題や悩みを持つ子どもや親の良き理解者として、全国各地で講演を行ったり、テレビなどで活躍したりしている。

廿日市市人権作品展

入選作品を展示します。
ぜひ、来場してください。
とき・ところ
・12月7日(水曜日)~9日(金曜日)8時30分~17時15分 市役所1階市民ロビー
・12月10日(土曜日)12時30分~16時 人権フェスタ会場
・12月14日(水曜日)~18日(日曜日)9時~21時30分 さいき文化センターロビー
・12月21日(水曜日)~25日(日曜日)9時~21時30分 大野市民センターロビー

みんなが手をつなぐために

この欄は、市民と市職員で構成する「広報人権問題シリーズ編集委員会」が編集しています

障がい者の人権

バスや電車の乗務員が車椅子を利用する人の乗り降りを手伝っている場面や、講演会などで手話通訳が行われている場面を目にすることがあると思います。また、私たちが普段利用する場所に点字ブロックや音響信号、駅のエレベーターなど、障がいのある人に配慮されたものが増えてきています。最近では、コミュニケーションや勉強の手段としてIT機器やデジタル教材が使われたり、受験をするときに障がいの特性に応じ、別室での受験やリスニング時間の延長などが認められたりするようにもなってきました。
障害者差別解消法
平成28年4月に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」が施行されたことを知っていますか。この法律では、障がい者に対する合理的配慮の不提供と、障がい者に対する不当な取り扱いを差別として規定し、行政機関などや事業者に、差別の解消に向けた具体的取り組みを実施すること、その他、普及啓発活動などを通じて自発的な取り組みを促進することとされています。
現在、すでにさまざまな場面で障がい者に対する合理的配慮が行われていますが、今後は、みんなで「地域での情報共有や建設的対話を含む差別解消の取り組みの場をどのように確保するか」ということを考えていく必要があります。
誰もが支え合える社会
近年、いろいろな便利なものに囲まれ、私たちの生活は豊かになりましたが、その一方で、地域のつながりの希薄化、経済格差、介護の問題など、さまざまな社会問題が生まれています。このような社会の中で、私たちには何が求められているのでしょうか。
12月3日~9日は、障がいの有無に関わらず、すべての人が互いに支え合う社会の実現を目指し、障害者基本法で「障害者週間」と定められています。
このような社会の実現のためには、私たち一人一人が「どのようにすれば社会の中で生まれる暮らしにくさが減り、一人一人が本来持っている力を発揮できるか」ということを考えることが大事だと思います。
障害者週間に合わせて、誰もが支え合える社会を考えてみませんか。

※合理的配慮は、障がいのある人から、日常生活や社会生活での制限(暮らしにくさ)をもたらす原因となる「社会的障壁」の取り除きを求める意思表明があった場合に、個別の状況に応じて講じられるべき措置です
※「障害」は「害」という漢字の印象の悪さから、法律名などを除き、ひらがな表記にしています

人権クロスワードに挑戦!

クロスワードパズルに挑戦しながら、人権を考えてみませんか?

ヨコのかぎ
1. 日没の頃、空が赤く見える
2. 家に帰ること
3. 未来に望みをかける
4. 指先の内側にある模様
5. 柳葉魚と書く、美味な魚
6. 本筋でない事柄
7. 方位の一つ
8. もう一方では
9. 進んでいく道筋
10.宮島、奈良にいる動物
11.大規模な堤防
12.産まれた子をすぐ入浴させること

タテのかぎ
1. 銀世界の眺め
3. 美しく黄色に輝く貴金属
6. 日本酒の対
13.童謡、歌謡曲、民謡など
14.灯火○○○○べし
15.劇を演じる人
16.昔話、鬼退治に行く
17.ちちはは
18.衣服の裏に使う布

【答え】
A~Fを並べてできる言葉は?
ヒント 人権擁護局、入国管理局などの行政機関

応募方法 はがきに答え(A~Fでできた1つの言葉)と、【1】住所、【2】名前、【3】年齢を記入し、次へ。
〒738-8501(住所不要) 廿日市市役所 人権・男女共同推進課
※個人情報は、記念品の発送のみに使用します
応募締切 12月10日(土曜日)(必着)
正解者の中から抽選で20人にクオカード(500円分)を送ります。
当選者の発表は発送をもって行います。正解は、「広報はつかいち」平成29年1月号に掲載します。

あなたの身近な相談相手です

あなたの地域の民生委員・児童委員を紹介します

●民生委員・児童委員は身近な相談相手です
福祉サービスの内容に関して知りたい、一人暮らしで心配なことがある、子育てに悩んでいるなど、日々の生活で心配なこと、気になることなど、民生委員・児童委員に相談してください。解決へのヒントが見つかるかもしれません。
●安心して相談してください
民生委員・児童委員には秘密を守る義務があり、相談内容や秘密が他に漏れることはありません。
●民生委員・児童委員の連絡先は福祉総務課に確認してください
問い合わせ 福祉総務課 電話番号 0829-30-9151

地区 名前 担当地区
廿日市地区 玖村 千秋 佐方(1区、月見台)
新田 俊之 城内2丁目、城内3丁目、佐方中、佐方2丁目南
藤田 美智子 佐方1丁目1番~5番、佐方3丁目13番、14番
山本 一文 佐方1丁目6番~13番
生川 加代子 佐方2丁目
伊藤 直幸 佐方3丁目1番~12番
向井畑 守 佐方4丁目1番~4番、8番、9番
河崎 美代子 佐方4丁目5番~7番、10番
森田 惠子 城内1丁目(田尾中、田尾上、アクスガーデン廿日市)
森本 尚子 平良山手
野村 敬三 佐方本町、山陽園、大東住宅、桜尾住宅(佐方本町北、佐方本町南、山陽園)
原 肇 天神
川口 みどり 大東
水澄 忠義 桜尾本町
西垣内 範雄 桜尾1丁目、桜尾2丁目1番~6番
小都 玲子 桜尾2丁目7番~11番、桜尾3丁目
石津 義之 住吉1丁目1番~12番
粟村 基子 住吉1丁目13番、14番、住吉2丁目8番、11番~14番、木材港北
濱本 紀洋 住吉2丁目1番~7番、9番、10番、本町11番、12番
吉光 克司 本町1番~10番
調整中 廿日市1丁目
高山 まさ子 廿日市2丁目
平井 政江 須賀
進藤 晶子 駅前
調整中 可愛
枡本 智子 下平良1丁目、下平良2丁目、木材港南
小早川 雅子 廿日市中学校区(主任児童委員)
石津 澄子 廿日市中学校区(主任児童委員)
廿日市中央地区 大島 典子 上平良(1区)
藤田 朱実 上平良(2区、可愛が丘団地)
宮田 数行 上平良(3区の1-A・B、3区の2)
末益 香 上平良(3区の3・4、速谷台団地)
土井 節子 上平良(3区すみれ会)、下平良(小野)
須藤 美惠子 陽光台1丁目、陽光台2丁目
調整中 陽光台3丁目、陽光台4丁目、陽光台5丁目
川上 明美 新宮1丁目
伊達 知惠 新宮2丁目
深掘 敬子 平良1丁目1番、2番、11番、12番、17番~20番
濱本 恭子 平良1丁目3番~10番、13番~16番、21番、22番
福原 佳子 平良2丁目
高野 賢子 原(川末、国実)
調整中 原(中小路、森宗)
調整中 原(橋本、樫原住宅、長橋住宅)
益森 建 原(長野、後畑)
田阪 啓子 原(一景苑)
井深 眞佐子 串戸1丁目、串戸2丁目17番~23番
羽熊 恭子 串戸2丁目1番~16番
小野 好信 串戸3丁目1番~16番
調整中 串戸3丁目17番~24番
岡田 いく子 串戸4丁目
重元 寛司 串戸5丁目、串戸6丁目、地御前2丁目23番~29番
橋上 久美子 七尾中学校区(主任児童委員)
眞部 啓子 七尾中学校区(主任児童委員)
宮園・四季が丘地区 淺原 勇 宮園1丁目、宮園2丁目、宮園3丁目
平松 繁子 宮園4丁目、宮園5丁目
脇田 敏明 宮園6丁目、宮園7丁目
澤 澄子 宮園8丁目、宮園9丁目
永井 卓雄 宮園上1丁目、宮園上2丁目、宮園上3丁目
山口 麗子 宮園上4丁目、宮園上5丁目
調整中(増員) 調整中
八木 清 四季が丘1丁目、四季が丘5丁目
堀 尚美 四季が丘2丁目、四季が丘4丁目
新田 重信 四季が丘3丁目、四季が丘7丁目
冨士枝 勇雄 四季が丘6丁目、四季が丘11丁目
中本 宏幸 四季が丘8丁目、四季が丘上
福岡 健一 四季が丘9丁目、四季が丘10丁目
中西 秀美 四季が丘中学校区(主任児童委員)
宮内・地御前地区 今井 弘子 峰高1丁目、峰高2丁目、宮内826
若宮 由紀子 宮内(新屋敷1号線より南側、アネスト廿日市、サンシティ廿日市を含む)
杉山 和子 宮内1丁目、宮内(河本1区の新屋敷1号線より北側)
倉田 初惠 宮内4丁目、宮内(北山2区)
山田 ゆかり 宮内(北山1区、宮迫)
栗栖 幸美 宮内(砂原)
川口 和昭 宮内(的場)
久保河内 節子 宮内(佐田原)
沖村 渉 宮内(上畑口、下畑口)
向井 眞知子 宮内(明石、黒折)
河原 典子 六本松1丁目
森正 芳枝 六本松2丁目
大庭 敏博 サーパスシティ廿日市地御前、県営地御前、ルミナス
青木 偉久子 扇園
菱井 衣枝 金剛寺東、金剛寺西
熊野 佳子 要町、丸子町、後町
吉本 景子 浜之町、胡町、砂畠
河野 妃佐子 堀之町、堀中町、鹿之子
山下 悦子 中之町、南町、桃山、北之町
井本 正勝 エスティーム地御前、田屋
長 美智子 港町、新港
廣田 豊子 緑ヶ丘、野坂、自由ヶ丘
重冨 欣治 三景園、野坂住宅
土井 悦恵 海晴丘、堀新町
福原 郁子 野坂中学校区(主任児童委員)
田村 惠美子 野坂中学校区(主任児童委員)
阿品・阿品台地区 藤原 幸治 阿品台1丁目10番~20番
城戸 敏枝 阿品台1丁目1番~9番、地御前の一部(光の園)
尾崎 保子 阿品台2丁目12番31号~25番20号
大岡 峯明 阿品台2丁目1番3号~11番19号
中田 裕子 阿品台3丁目
前田 靜美 阿品台4丁目
姫城 賢一 阿品台5丁目1番~21番、阿品台北1番1号~80号
福原 治 阿品台5丁目22番~42番、阿品台北1番90号、95号
吉野 堯江 阿品台東1番、2番、3番1号~8号
熊谷 三智也 阿品台東3番9号~16号
掛 牧子 阿品台北1番~24番
武田 和男 阿品台北25番~51番
岡本 真知子 阿品1丁目
船倉 敏子 阿品2丁目
細井 亨 阿品3丁目1番(ナタリーイーストブリッジ、シーテラス)
高橋 昇 阿品3丁目1番(ナタリーウエストデッキ、センターコート、シーマスト)
内海 迪則 阿品3丁目1番(カーサ・ヴェルディ)、2番~19番
松本 敏美 阿品4丁目1番~10番、25番~31番
藤井 義則 阿品4丁目11番~19番、47番~52番
瀬戸 千枝子 阿品4丁目20番~24番、32番~46番
木村 弘 阿品台西3番26号~28号、4番17号~25号(県営廿日市住宅17~28号棟)
宇佐美 冨美惠 阿品台西2番34号~40号、3番29号~33号(県営廿日市住宅29~40号棟)
山崎 健治 阿品台西5番、阿品台山の手
増田 のり子 阿品台中学校区(主任児童委員)
本田 園生 阿品台中学校区(主任児童委員)
佐伯地区 水田 邦枝 吉末、楢原西
久保田 都美子 下川上、上川上
國廣 義之 上平谷、下平谷、内野
高林 紀子 上大町、下大町
今田 直美 大沢、中日、中景
森藤 智子 一丁田、楢原東の一部、いずみ苑
森末 美津穂 楢原東の一部、泉水、正之原
沖野 信三 永原上、小坂団地
山本 香織 永原中
高杉 泰司 大久保上、ひかり園、大久保下
田中 忠男 峠上、上峠台団地
齋藤 壽美子 峠新生、峠中下
益田 嘉久 峠下、芝居田団地、青光園団地
木口 守 友田東、昭和の一部、城山団地
雨奥 麗子 友田西の一部、あさひが丘団地、法伝平住宅
橋誥 津矢子 中小路、友田西の一部
出合 素子 昭和の一部、尾上、乙丸
中川 尊弘 本谷、河津原中の一部
江島 千晴 河津原中の一部、上中山、下中山
林 静枝 光ヶ丘団地
沖原 俊彦 長寿ヶ丘団地
松井 辰夫 槙ヶ峠、上ヶ峠、小更、道秀、上市、八幡迫、大別府住宅
齊藤 久雄 下市、十王堂、中央、中央・心和・新宮原住宅、記念碑、かじや河内
磯兼 正人 林西、林下、林東
阿部 純二 横矢、郷下、郷中
河野 正典 花上下、花上上、小原、小原住宅、子どもの家
松井 潔子 郷上、内山、岩倉下、岩倉上
岩本 輝彦 河本上、河本下
小田 勇 所山東、所山西
楠田 泰久 二井山、助藤、虫道、大虫
竹本 春登 中道上、中道下、飯山
岡本 美和子 栗栖上、栗栖中、栗栖下
永尾 好彦 保曽原、戸屋原北、戸屋原南
吉岡 珠江 冷川、猪之迫、成ヶ原、小田原
土野 久美子 市野下、市野上
川西 憲之 郷北部、郷中央、郷南部、向井原北、向井原南
向井田 さつき 佐伯中学校区(主任児童委員)
友兼 和子 佐伯中学校区(主任児童委員)
吉和地区 梶本 進 伴蔵、頓原、潮原
三浦 孝治 中津谷、半坂、大向
益本 美子 花原、田尻、細井原
道原 正信 妙音寺原、石原
宮本 千鶴子 市垣内、田中原
児玉 ヤスエ 熊崎、駄荷
岡本 美登志 吉和中学校区(主任児童委員)
大野東地区 下藤 宣江 1区/4.5.7~11.14.28.29.37.38.77.135
沼田 潤子 1区/1~3.6.12.13.21
石井 しづせ 1区/15~17.19.31.34~36.78.131~133
槇原 美由紀 1区/18.20.22~27.30.32.129.130
内田 恭子 1区/63~74
荻野 登代子 1区/39~49.61.62
岸田 トモコ 1区/50~60.75.76.82
佐野 政治 1区/80.81.101~109.113~115.134
正月谷 はるみ 1区/33.110~112.116~128
東山 昇 2区/25.58.59.71~78.100
坪井 俊子 2区/60~70
後藤 正治 2区/79~91
廣田 令子 2区/22.24.26~31.57.122.125
田中 京子 2区/19~21.32~38
山根 朋子 2区/14~17.55.56.114.115
茶村 勝興 2区/10~13.23.102~107.110.111.113.127
久波 慶子 2区/1~9.101.108.112
泉 淳郎 2区/40~52.109
益淵 喜代子 3区/1~7.12~15
山崎 義昭 3区/8~11.16~19
沖田 公子 4区/1~5.7.47
吉川 忍 4区/6.8~16.45.46
寺本 清子 4区/17~25
松岡 昭彦 4区/26.27.29~31.51~59
岩田 美紀 4区/28.32~43
長冨 卓男 4区/50.60~66
桑原 良一 4区/67~77
川田 裕子 大野東中学校区(主任児童委員)
杉本 久三子 大野東中学校区(主任児童委員)
大野西地区 古田 秀夫 5区/4~12.18
大久保 三郎 5区/1~3.13~17.19
中島 早苗 6区/16.18~21.25~30.32.39.53.57.66.69.70.72
青木 健夫 6区/3~8.11.12.15.33.38.54.56
辻 茂徳 6区/24.31.40.41.43.44.46~49.58.59.61.65.67
相野 恩子 6区/1.2.34.45.51.55.60.62~64.68
田丸 惠子 6区/9.10.13.14.17.22.23.35~37.42.50.52.71
梅崎 早苗 7区/11.14.25.28.32.34.38~40
長尾 典子 7区/6.7.8.15~21.37.41
文理 一男 7区/1~5.9.10.23.24.33.35.42.43.48
山崎 明美 7区/12.13.22.26.27.29~31.36.44~47
渡 美恵 8区/1~9
日中 芳雄 8区/10~15.24.25.34.41
竹本 靖子 8区/16~21.29
横田 光男 8区/22.23.26~28.30~33.35~40.42
荒木 嘉信 9区/11.13.20.22.27~30.38.39.41~43
勝島 修 9区/14.15.17.18.24.25.32.35.40.45~48.50
木俣 孝司 9区/1~5.7~10.21.26.31
益本 美代子 9区/6.12.16.19.23.33.36.37.44
山口 フミ子 10区/4~8.10.14.16~18
上田 幸子 10区/1~3.9.11~13.15
新矢 元 11区/松が原、渡の瀬、栗谷の一部
佐々木 順子 大野中学校区(主任児童委員)
宮島地区 山樋 明洋 1区
渡邊 由起子 2区
坂田 幸一 3区
佐々木 睦子 4区
福見 久美子 5区
奈良野 基次 6区
小林 武 7区
森脇 英樹 8区上
向井 淳二 8区下
宮郷 圭一郎 宮島中学校区(主任児童委員)

※任期は、12月1日から平成31年11月30日までの3年間です

はつかいちをブラボーする

問い合わせ 経営政策課 電話番号 0829-30-9121

全力で、総合的にはつかいちをブラボーします!

広報紙、ホームページ、フェイスブック。
それぞれの強みを生かし、市からのお知らせを分かりやすく、伝わりやすく発信します。
はつかいちを好きになり、誇りを持ってもらえるよう、イベントや暮らしの情報、市内で輝く人の紹介も盛り込んでいます。
はつかいちの良さを輝かせ、もっと住みやすいまちにするためにぜひ、一緒に考えてみてください。

※ブラボーは賞賛を意味する掛け声ですが、ここでははつかいちを「盛り上げる」という意味で使用しています

広報はつかいちPublic magazine

裏表紙に連載している「はつかいち人」がパワーアップ。このコーナーは平成27年12月号から始まり、市内で輝く皆さんを紹介しています。1年経った今月号では、ホームページにインタビュー動画を掲載する試みを始めました。少しずつ、これからも「広報はつかいち」は進化し続けます。

ブラボーポイントはつかいち人

フェイスブックFacebook

平成26年度から、「はつかいち市民リポーター制度」を実施しています。皆さんからの投稿を公式フェイスブックに掲載し、多様な視点から市の魅力を発信!1年間で、最も多く「いいね」を獲得した記事を投稿した人を「超絶市民リポーター」に認定し、記念品を贈呈しています。

ブラボーポイント市民リポーター

平成26年度は宮島彫りが美しいけん玉、平成27年度は市内のおいしいが集まった特産品の詰め合わせを贈りました。

ホームページWebsite

平成28年4月に市のホームページを全面リニューアルしました。市旗の色である鮮やかな紫と、市の木である桜のやさしいピンク色を基調としたデザインです。
行政情報は詳しく、かつ、シンプルで分かりやすく。観光情報もたっぷり掲載しています。文字の拡大や外国語への翻訳などの機能も常備し、いろいろな人が情報を取得しやすくしています。
また、目的とするページに、内容や担当部署、ライフイベントなどさまざまな入口からたどりつくことができます。

ブラボーポイントはつかいち市民時計

市民の皆さんから寄せられた写真が1分ごとに切り替わりながら表示される「はつかいち市民時計」を好評運用中です。
トップページの下部左側にカラーで掲載していますので、ぜひご覧ください。

皆さんが知っている市内の癒しスポットや、活気あふれるイベントなどの写真を送ってください。見る人を元気にする市にゆかりのある人の笑顔の写真も受け付けています。

あなたも、はつかいちの広報レンジャーに

はつかいちにはたくさんの魅力があります。地域に根付く古くからの祭りやあちらこちらで開催されるマルシェ、自然豊かな環境で育てられた特産品や細かな技が受け継がれてきた工芸品。穏やかな海、水の音が心地よい川や滝、ウインタースポーツも楽しめる山。子どもたちの安全を守るために悪天候の日も立哨(りっしょう)運動をしてくれる人、市を訪れる人をこだわりのおもてなしで迎える人。
まちを好きな人が増え、大切な人や地域などのために動く人が増えれば、自分や大切な人が住みやすいまちになっていく。市の良さを伝えることは、はつかいちのファンを増やすことにつながっていくと思います。
まず、あなただけが知る市の魅力を探しに出掛けてみませんか。そしてぜひ、その魅力を発信してみてください。市に関わる一人一人が市をアピールする「広報レンジャー」です。

多文化共生の扉

問い合わせ 協働推進課 電話番号 0829-30-0201

―新しい一年の幸福を祈る習慣―

まもなく新年を迎えます。 日本の正月にはさまざまな習慣があると思いますが、それは中国も同じです。
中国では、新しい年を迎える習慣として、家の扉や窓などいろいろなところに「福」という文字を書いた紙を貼る習慣があります。 色は中国でめでたい色とされる赤色や黄色、金色などがあり、正月の期間だけでなく一年中貼っている家庭もあります。
「福」の文字を上下逆さまに貼っている家庭もあり、ゴミ箱や水がめなど中の物が外に去っていくところに貼る場合もあります。「福」の文字をひっくり返すことを中国では「倒福」と言います。北京語の発音は「ダオフー」で、「倒」の発音は「到」と同じとなり「やって来る」の意味となります。
「福」の文字の意味は日本語も中国語も「幸福」の意味ですが、中国語ではさらに「福運、幸運」の意味があります。また、家族が亡くなったり、火事や交通事故で運気を変えたりしたい場合にも「福」の字を逆さまに貼ります。
逆に「福」の文字を逆さまに貼ってはいけない場所もあり、代表的なのは玄関の扉です。その理由は、玄関は福を迎える家族が出入りする場所なので、万が一逆さまに貼ると福運が門外で倒れて、別の家に行ってしまうと考えられているからです。
中国は広く、各地域で「福」の文字を貼る場所が違っていても、皆が幸福であることを願います。
皆さんにも、新しい一年に多くの幸福がやって来ることを祈っています。

多文化共生相談員
陳琳(ちん・りん)さん

外国語で相談対応ができる「多文化共生相談員」を配置しています。
とき すべて9時~16時
●中国語 火・木曜日
陳琳(ちん・りん)相談員
●タガログ語・英語
水・金曜日
竹下理恵相談員
ところ 市民活動センター
内容 生活情報の提供、市役所や学校、保育園での手続きなどの相談や通訳。

人事行政の運営などの状況

廿日市市の職員数、給与などの人事行政の概要をお知らせします。 詳しくは市ホームページに掲載しています。

問い合わせ 人事課 電話番号 0829-30-9105

1 部門別職員数の状況 (単位:人)

一般行政部門
議会 平成27年度8 平成28年度8 対前年度増減数0
総務 平成27年度166 平成28年度175 対前年度増減数9
税 務 平成27年度43 平成28年度43 対前年度増減数0
民 生 平成27年度268 平成28年度284 対前年度増減数16
衛 生 平成27年度62 平成28年度57 対前年度増減数△5
労 働 平成27年度1 平成28年度1 対前年度増減数0
農 水 平成27年度33 平成28年度32 対前年度増減数△1
商 工 平成27年度27 平成28年度27 対前年度増減数0
土 木 平成27年度116 平成28年度110 対前年度増減数△6
小 計 平成27年度724 平成28年度737 対前年度増減数13

特別行政部門
教 育 平成27年度73 平成28年度79 対前年度増減数6
消 防 平成27年度181 平成28年度181 対前年度増減数0
小 計 平成27年度254 平成28年度260 対前年度増減数6

普通会計計 平成27年度978 平成28年度997 対前年度増減数19

公営企業等会計部門
水 道 平成27年度27 平成28年度26 対前年度増減数△1
下水道 平成27年度24 平成28年度23 対前年度増減数△1
その他 平成27年度37 平成28年度33 対前年度増減数△4
小 計 平成27年度88 平成28年度82 対前年度増減数△6
合 計 平成27年度1,066 平成28年度1,079 対前年度増減数13

2 職員給与費の状況 (平成27年度普通会計決算)

  
給料37億9,155万円 職員手当8億9,363万円 期末・勤勉手当14億7,177万円 計61億5,695万円 1人当たりの給与費630万円

※職員手当には、退職手当は含みません

3 ラスパイレス指数の状況 (一般行政職)

平成24年4月1日97.4 平成25年4月1日97.7 平成26年4月1日99.1 平成27年4月1日98.1

※ラスパイレス指数とは、国家公務員の給与水準を100とした場合の地方公務員の給与水準を示す指数です
※平成24年と平成25年は、国家公務員の時限的な(2年間)の給与改定・臨時特例法による給与減額措置がないとした場合の値です

4 職員の初任給の状況 (平成28年4月1日現在)

行政職 大学卒 183,300円 高校卒 154,300円

5 職員の経験年数別平均給料月額の状況 (平成28年4月1日現在)

行政職 経験年数10年256,736円 経験年数20年343,069円 経験年数30年392,157円

6 期末手当・勤勉手当の状況(平成27年度支給割合)

期末手当 6月期1.225月分 12月期1.375月分 計2.6月分
勤勉手当 6月期0.75月分 12月期0.85月分 計1.6月分
計 6月期1.975月分12月期 2.225月分 計4.2月分

7 退職手当の状況 (平成28年4月1日現在)

勤続20年 自己都合20.44500月分 勧奨・定年25.55625月分
勤続25年 自己都合29.14500月分 勧奨・定年34.58250月分
勤続35年 自己都合41.32500月分 勧奨・定年49.59000月分
最高限度額 自己都合49.59000月分 勧奨・定年49.59000月分
●1人当たり平均支給額(平成27年度)
自己都合 384万円 勧奨・定年 2,249万円

8 職員の懲戒処分の被処分者数(平成27年度)(単位:人)

被処分者数 区分0 戒告0 減給0 停職0 免職0

使用済み乾電池を回収します

市民センターで使用済み乾電池の回収を始めました。窓口で回収しますので、開館時間内であればいつでも持参できます。
●持参するときの注意点
・指定袋には入れずに、直接市民センターの窓口へ持参してください。
・電極同士が接触すると発火する可能性があるので、電極(+極・-極)をセロハンやビニールで覆ってください。
※使用済み乾電池の家庭ごみ収集は引き続き行います

年末年始 業務と施設の休み

ごみ収集

■家庭ごみ収集(市全域)
12月31日(土曜日)~1月3日(火曜日)
■エコセンターはつかいち・大野清掃センター 佐伯クリーンセンター
12月31日(土曜日)~1月3日(火曜日)
※12月30日(金曜日)は11時まで搬入可能
■宮島清掃センター 1月1日(祝日)
■宮島一般廃棄物最終処分場
12月30日(金曜日)~1月3日(火曜日)

バス運行

■廿日市さくらバス
12月29日(木曜日)~1月3日(火曜日)
■おおのハートバス
無休 ※12月31日(土曜日)~1月3日(火曜日)は土・日・祝日ダイヤで運行
■佐伯自主運行バス・佐伯さくら号
12月31日(土曜日)~1月3日(火曜日)
■吉和さくらバス 1月1日(祝日)

施設 年末年始の休み

市役所・各支所 12月29日(木曜日)~1月3日(火曜日)
※戸籍の届け出(婚姻、出生、 死亡など)は24時間受け付け
市民活動センター 12月29日(木曜日)~1月3日(火曜日)
市民センター 12月29日(木曜日)~1月3日(火曜日)
はつかいち市民図書館
大野図書館
さいき図書館 12月29日(木曜日)~1月4日(水曜日)
サンチェリー 無休
※12月31日(土曜日)~1月4日(水曜日)
9時~18時(短縮営業)
佐伯総合スポーツ公園 無休
※12月30日(金曜日)~1月4日(水曜日)
9時~17時(短縮営業)
水道局・お客さまセンター 12月29日(木曜日)~1月3日(火曜日)
さくらぴあ 12月29日(木曜日)~1月3日(火曜日)
美術ギャラリー 12月29日(木曜日)~1月3日(火曜日)
さいき文化センター 12月29日(木曜日)~1月3日(火曜日)
あいプラザ
吉和福祉センター
大野福祉保健センター
宮島福祉センター 12月29日(木曜日)~1月3日(火曜日)
火葬場霊峯苑 1月1日(祝日)・2日(休日)
※12月31日(土曜日)は12時まで利用可能
火葬場西浄苑
自転車駐車場(有料) 12月31日(土曜日)~1月2日(休日)

はつかいち愛への感謝を届けます

ふるさと寄附金受け付け中!

今年もカキの季節がやってきました!
廿日市市ふるさと寄附金のお礼の品にも、カキやカキの加工品などを用意しています。その他にも、菓子や工芸品、体験チケットなど市の地域資源を生かした魅力あるお礼の品を多くそろえています。お礼の品は、5,000円以上の寄附から、寄附金額に応じて選択できます。
皆さんからの寄附金は、宮島の自然や文化財の保護と観光振興、けん玉や伝統的工芸品などの地域資源の活用、中山間地域のまちづくりの推進などに活用し、活力に満ちた魅力あふれるまちづくりを推進していきます。
応援をよろしくお願いします。

廿日市市を「応援したい」、「貢献したい」という思いがある皆さんからの寄附金を募集しています。
詳しくは、「廿日市市ふるさと寄附金の」ページ(外部リンク)で確認するか、財政課電話番号 0829-30-9125に問い合わせてください。

注意!不審電話発生

その電話、なりすましじゃない?

消防署の職員を装った不審電話に注意

10月中旬に市内の一人暮らしの高齢者宅へ不審な電話がありました。内容は「こちらは廿日市消防署です。11月に消防署から防災グッズを送るので、住所を教えてください」というものです。
悪質なグループが一人暮らしの高齢者の住所を特定する手口だと思われますので、安易に答えないでください。
廿日市消防署から防災グッズを送付することはありません!

県外でも同様の不審電話が発生しています。
皆さんも周囲へ注意を呼び掛けるとともに、不審な電話がかかってきたら、消防本部予防課に相談してください。
連絡先 消防本部予防課 電話番号 0829-30-9232
心配なことがあれば、警察に連絡してください。

【その他の消防関係の不正取引の例】
・消火器や住宅火災警報器を高額に訪問販売する。
・消防用設備を一方的に点検して、高額な請求をする。

まちのわだい

みやじまぐちSOCO2(そこそこ)マルシェ

多くの人が集まる宮島の玄関口でマルシェ

10月16日、宮島コーラルホテル周辺で、「みやじまぐちSOCO2マルシェ」が開催されました。
多くの人が行き交う宮島口で、市の魅力を知り、交流してもらいたいと開催。
浅原産のトゥルシー茶や、自家農園栽培の無農薬野菜で作った弁当などの市内産の食品や、こだわりの手作り雑貨がたくさん集まりました。
宮島お砂焼まつりも開催され、宮島口周辺は多くの人でにぎわいました。

市内産カキの炭火焼きに思わず笑顔がこぼれる。この日は特に家族での来場者が多く、たくさんの食べ物や手作り雑貨を楽しんでいました。

第46回広島県神楽競演大会

おめでとうございます 堂々の初優勝

10月16日に広島サンプラザホールで開催された「第46回広島県神楽競演大会」で、栗栖神楽団が県内の強豪団体をおさえ、初めて優勝を手にしました。演目は「天(あま)の岩戸(いわと)」。県知事賞も同時受賞しました。
団長の山崎豊治(やまさきとよはる)さんは、「いろいろな大会に出る中で、いずれは頂点をと団員全員で一生懸命取り組んできたのでとてもうれしいです。地域の皆さんからのサポートに、力をもらっています」と話してくれました。

四季が丘中学校訪問

電子黒板を活用した新たな授業を視察

11月4日、市長、教育長、教育委員が四季が丘中学校を訪問し、教育環境を視察しました。
今年の9月から導入した電子黒板を活用した授業は視察のポイント。奥教育長は、「まだスタート地点。教育現場でこれからICT(情報通信技術)を有効に活用していきたい」と話しました。
市では、平成30年度までにすべての小中学校に電子黒板を導入する予定です。

電子黒板を活用した森脇教諭の授業(社会科)はグラフを有効に活用し、工夫を凝らした授業が行われていました。

生涯学習フェスティバル・あいプラザまつり・みどりまつり

まつりの秋でにぎわう市役所・あいプラザ周辺

11月5日・6日、市役所とあいプラザ周辺で、生涯学習フェスティバル、あいプラザまつり、みどりまつりが開催されました。
市役所会場では、飲食・体験コーナーのほか、さまざまな団体が歌やダンスなど日頃の活動の成果を披露。あいプラザ会場では、健康に関する相談や診断、新宮中央公園ではバザーが開かれました。
2日間にわたり、多くの人が秋のイベントを楽しみました。

第4回おてらマルシェ

子どもからお年寄りまで憩いのマルシェ

10月30日、峠の最禅寺で手作り雑貨を中心とした「おてらマルシェ」が開催されました。
4回目となり、年々参加者が増えているというマルシェ。出店者や地域の人同士の会話を楽しみ、お寺の敷地内での時間をゆっくりと過ごしていました。
住職の米田順昭(よねだじゅんしょう)さんは、「お寺は地域の子どもからお年寄りまで誰もが気軽に寄れるところ。ぜひ普段からお寺に来てほしい」と話しました。

多くの人が境内での時間をゆっくりと楽しんでいました。手作り雑貨や飲食のほか、体験コーナーは特に子どもたちに大人気でした。

News & Information 講座・催し

News & Information 募集

News & Information 一般

News & Information 福祉・健康

News & Information スポーツ

12月の保健行事

※会場があいプラザのときは、駐車場が少ないので公共交通機関を利用して来場してください

■廿日市市保健センター 電話番号 0829-20-1610・ファックス番号 0829-20-1611
■佐伯支所 電話番号 0829-72-1124・ファックス番号 0829-72-0415
■吉和支所 電話番号 0829-77-2113・ファックス番号 0829-77-2078
■大野支所 電話番号 0829-30-3309・ファックス番号 0829-55-1307
■宮島支所 電話番号 0829-44-2001・ファックス番号 0829-44-2196

※備考欄は、【1】「内容」、【2】「持ってくるもの」です
※会場があいプラザのときは、駐車場が少ないので公共交通機関を利用して来場してください

■育児教室【乳幼児と保護者】

とき ところ 備考
9日(金曜日)10時30分~12時 津田児童館 【1】赤ちゃんすくすく広場 0歳児の子育てサロン
【2】参加費100円
※要申し込み、津田児童館 電話番号 0829-72-2391
14日(水曜日)10時~11時30分 友和保育園 【1】わんぱくKIDS 保育園で遊ぼう
※要申し込み、佐伯支所 電話番号 0829-72-1124

■育児相談【乳幼児と保護者】

とき ところ 備考
5日(月曜日)9時30分~10時30分 あいプラザ 【1】身長・体重測定、個別相談(保健師または栄養士による)
【2】親子(母子)健康手帳
※友和市民センターは乳幼児健診と同時開催です
7日(水曜日)13時30分~14時 友和市民センター
21日(水曜日)9時30分~11時 大野福祉保健センター

■身体測定【乳幼児と保護者】

とき ところ 備考
26日(月曜日)
【1】10時30分~11時
【2】13時30分~14時 あいプラザ 【1】身体測定(保健師または看護師による)
※相談は実施していません

■「健康はつかいち21ウオーキングカード」達成者

岡田正信(おかだ・まさのぶ)さん(大野4区)
杉岡徳章(すぎおか・のりあき)さん(大野7区)
杉岡文子(すぎおか・ふみこ)さん(大野7区)
向井勝美(むかい・かつみ)さん(大野7区)
鷹本勝江(たかもと・かつえ)さん(大野8区)
森荘介(もり・そうすけ)さん(大野9区)
和田弘子(わだ・ひろこ)さん(大野9区)
妹尾克己(せのお・かつみ)さん(吉和)
妹尾澄江(せのお・すみえ)さん(吉和)
樹木盛義(うえき・もりよし)さん(六本松)

■子どもの定期予防接種

次の予防接種が済んでいない人は、医療機関に予約して受けてください。かかりつけ医と相談し、計画的に接種しましょう。
市内に住民票があり、対象年齢であれば無料です。市外で接種を希望する場合は、予防接種券が必要です。県外で接種をする場合は全額自己負担(有料)です。
不明な点は、保健センターまたは各支所に問い合わせてください。

予防接種の種類 対象年齢
BCG 生後3カ月~1歳の誕生日の前日
四種混合不活化ポリオ 1期初回 生後3カ月~7歳6カ月になる前日
1期追加
二種混合2期 11歳~13歳の誕生日の前日
麻しん風しん1期 1歳~2歳の誕生日の前日
麻しん風しん2期 小学校就学前の1年間(平成22年4月2日~平成23年4月1日生まれ)
日本脳炎(※1) 1期初回 生後3カ月~7歳6カ月になる前日
1期追加
2期 9歳~13歳の誕生日の前日
ヒブ(※2) 生後2カ月~5歳の誕生日の前日
小児用肺炎球菌(※3)
B型肝炎 平成28年4月1日以降に生まれた人で、1歳の誕生日の前日まで
子宮頸がん(※4) 小学6年生(相当の年齢)~高校1年生(相当の年齢)の女子

※1 平成19年4月1日以前に生まれた人で、勧奨差し控えにより接種ができなかった人は、その未接種分を20歳の誕生日の前日までであれば、無料で接種することができます
※2・3 接種開始年齢により接種方法が異なります
※4 現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的には勧めていません。接種するときは、ワクチンの効果や副作用などを確認してから受けてください

■健診結果説明会~健診に関する個別相談、食事アドバイス~

とき ところ 備考
15日(木曜日)13時15分~13時45分 大野福祉保健センター 【1】健診結果に関する個別相談とヘルスチェック(血圧・体脂肪・尿検査など)、栄養相談
【2】健診を受けた人は健診結果
※要申し込み、大野支所 電話番号 0829-30-3309
※健診未受診者も参加できます

■介護予防教室【吉和地域】

とき ところ 備考
1日(木曜日) 各日とも14時~15時30分 吉和福祉センター 【1】介護予防、物忘れ予防の体操
【2】参加費100円、飲み物、タオル、運動ができる上靴
8日(木曜日)
15日(木曜日)
22日(木曜日)

■ハートビクス

とき ところ 備考
16日(金曜日)13時30分~15時30分 あいプラザ 【1】運動教室と栄養・運動の個別アドバイス
【2】運動用マット(持っている人)、飲み物、運動ができる上靴
20日(火曜日)13時30分~15時30分 大野図書館
22日(木曜日)13時30分~15時30分 友和市民センター
※初めて参加する人は、アンケート調査があるので、13時に集合してください
※循環器疾患など既往歴のある人は医師に相談して参加してください
対象 市内在住の40歳以上おおむね70歳未満の人
講師 松本直子さん(廿日市・佐伯)
田中里美さん(大野)
申込先 あいプラザ会場希望者は保健センター 電話番号 0829-20-1610、大野図書館会場希望者は大野支所 電話番号 0829-30-3309、友和市民センター会場希望者は佐伯支所 電話番号 0829-72-1124

■ハツラツ!はつかいち交流ウオーキング

とき ところ 備考
10日(土曜日)9時30分開始(9時~受け付け) 宮内市民センター 【1】宮内地区周辺コース(約5キロメートル)
【2】参加費50円、飲み物、タオル、帽子など
定員 30人
※2日(金曜日)までに要申し込み、宮内市民センター 電話番号 0829-39-6011
※小雨決行。荒天時は室内で健康に関する講座を開催します
16日(金曜日)9時集合 串戸市民センター 【1】平良小学校前・宮園公園(速谷神社前)コース(約6キロメートル)
【2】参加費100円、飲み物、タオル、帽子など
※14日(水曜日)午前中までに要申し込み、串戸市民センター 電話番号 0829-32-2096
※雨天中止
19日(月曜日)9時30分開始(9時15分~受け付け) 中央市民センター 【1】廿日市地区周辺コース(約6キロメートル)
【2】飲み物、タオル、帽子など
※要申し込み、中央市民センター
電話番号 0829-20-1266
※雨天中止

■ハツラツ元気塾【宮島地域】

とき ところ 備考
26日(月曜日)10時~11時30分 西連集会所 【1】姿勢を良くする「背中すっきり体操」
【2】運動ができる上靴など
講師 松本直子さん

■ヘルスチェック

とき ところ 備考
16日(金曜日)13時~13時30分受け付け 吉和福祉センター 【1】血圧・体重・体脂肪測定、尿検査、健康に関する相談
【2】健診結果(相談がある人)
20日(火曜日)9時30分~11時 あいプラザ 【1】血圧・体重・体脂肪測定、尿検査、健康に関する相談
※被爆者健康相談も実施。健診結果を持参してください

■献血の開催

とき 11日(日曜日)【1】9時30分~12時30分【2】13時45分~16時
ところ ピュアークック青葉台店

問 大野支所 電話番号 0829-30-3309

■体若返り教室ハートビクス【宮島地域】

とき 1日(木曜日)14時~15時30分
ところ 西連集会所
持ってくるもの 飲み物、タオル、運動ができる上靴など
講師 松本直子さん

12月、年末年始の 休日診療

※在宅当番医(予定)を記載しています。当番医は変更することがありますので、受診の前に必ず問い合わせてください

診療時間 9時~18時

12月4日(日曜日)
大野キッズ・ファミリークリニック(大野中央5-1-43 2階) 電話番号 0829-55-3021
さいとう眼科(串戸2-20-1) 電話番号 0829-34-1750
12月11日(日曜日)
しげの整形外科スポーツクリニック(阿品3-1-6 3階) 電話番号 0829-20-3333
わき小児科医院(下平良1-3-36 3階) 電話番号 0829-34-0207
12月18日(日曜日)
小浦眼科(宮島口1-14-28) 電話番号 0829-56-0011
さくらクリニック(宮内1492-1) 電話番号 0829-39-2201
12月23日(祝日)
小田耳鼻咽喉科医院(宮内728-1) 電話番号 0829-39-7733
たなべ小児科(平良山手11-11) 電話番号 0829-20-1234
12月25日(日曜日)
敬愛病院(内科)(大野中山72) 電話番号 0829-56-3333
佐藤皮ふ科クリニック(串戸2-17-4) 電話番号 0829-34-3400
12月30日(金曜日)
永井医院(大野中央3-2-31) 電話番号 0829-55-0014
平田内科小児科医院(阿品台4-1-26) 電話番号 0829-39-1155
12月31日(土曜日)
青葉レディスクリニック(福面2-1-11) 電話番号 0829-50-2327
せいこう胃腸科外科医院(佐方562-2) 電話番号 0829-32-0070
1月1日(祝日)
佐伯中央病院(内科)(津田4180) 電話番号 0829-72-1100
双樹クリニック(新宮2-1-15) 電話番号 0829-34-3555
1月2日(休日)
阿品土谷病院(内科)(阿品4-51-1) 電話番号 0829-36-5050
宮河小児科医院(本町5-12) 電話番号 0829-31-1703
1月3日(火曜日)
河村小児科(上平良358-1) 電話番号 0829-37-4153
串戸心療クリニック(串戸4-2-16) 電話番号 0829-30-6014

■年末年始の休日歯科診療(9時~15時)

12月30日(金曜日)
かみて歯科クリニック(津田4233-1) 電話番号 0829-72-1224
12月31日(土曜日)
あかぎ歯科医院(阿品台1-12-36) 電話番号 0829-38-1881
1月2日(休日)
串戸歯科クリニック(串戸4-13-1 2階) 電話番号 0829-32-6000
1月3日(火曜日)
みやうち歯科医院(宮内1057-1 2階) 電話番号 0829-38-3535

休日・夜間急患診療

救急案内 消防本部 電話番号 0829-32-8111(休日の病院の問い合わせに応じます)
救急ファクシミリ119番 ファックス番号 119

■廿日市市休日・夜間急患診療所(あいプラザに併設)
電話番号 0829-20-1011・ファックス番号 0829-20-1614(診療時間内のみ)

診療科目 区分 診療時間
内科(15歳以上のみ) 月~土曜日 19時~22時
日・祝・休日、12月30日(金曜日)~平成29年1月3日(火曜日) 9時~22時
外科 火~金曜日(祝・休日、12月30日(金曜日)~平成29年1月3日(火曜日)を除く) 19時30分~22時

外科は、けがの状況などを事前に電話で問い合わせてください。電話での問い合わせは、21時45分までです。支払う医療費には、時間外加算または休日加算が含まれます。
休日・夜間急患診療所は、救急患者のための診療所です。急患でない場合は、できるだけ通常の診療時間内に、かかりつけ医で受診してください。
※受診の際は、健康保険の被保険者証を持参してください

■広島市立舟入市民病院 電話番号 082(232)6195
(広島市中区舟入幸町14-11)
内科
※12月31日(土曜日)9時~平成29年1月4日(水曜日)8時30分のみ
小児科 毎日・24時間(年末年始含む)
耳鼻咽喉科 土曜日・19時~22時30分
※12月31日(土曜日)~平成29年1月3日(火曜日)のみ9時~19時 (この間のみ眼科もあり)

■広島市立広島市民病院 電話番号 082(221)2291
(広島市中区基町7-33)
内科など(歯科・歯科口腔外科を除く)毎日・24時間(年末年始含む)
※成人(高校生相当年齢以上)の主に内因性疾患の救急医療

■広島口腔保健センター 電話番号 082(241)4861
(広島市中区富士見町11-9)
歯科 日・祝・休日、年末年始(12月30日(金曜日)~平成29年1月3日(火曜日)) 9時~15時
※診療時間・診療科などは必ず事前に問い合わせてください

■小児救急医療相談電話 電話番号 #8000または 電話番号 082(505)1399
相談受付時間 毎日:19時~翌朝8時
相談対応者 小児科勤務経験がある看護師(小児科医師が支援)

施設の催し情報

木材利用センター

電話番号 0829-32-2393

ところ 木材利用センター
申し込み・問い合わせ 木材利用センターまで電話で。
※園児は保護者が同伴してください
※汚れても良い服装で来てください
※教室情報は市ホームページにも掲載しています

クリスマスリース教室 12月10日(土曜日)10時~12時 参加費800円 対象園児~小学生 定員15人 ドライフラワーや木の実、毛糸などを貼り付けてリースを作ります。
けん玉教室 12月11日(日曜日)10時~12時 参加費300円 対象園児~一般 定員30人 けん玉先生の指導の下、けん玉の技・遊びを基本から学びます。
ハザイ教室 12月18日(日曜日)10時~12時 参加費300円 対象園児~小学生 定員15人 ハザイで木工工作体験ができます。
けん玉教室 12月18日(日曜日)10時~12時 参加費300円 対象園児~一般 定員30人 けん玉先生の指導の下、けん玉の技・遊びを基本から学びます。

リサイクルプラザ(エコセンターはつかいち内)

電話番号 0829-39-0266

参加費 各100円
定員 各10人
申込方法 各受付開始日から電話で。
※洋裁道具は、針、糸、裁ちばさみ

古い布から草履づくり 12月15日(木曜日)9時30分~12時、13時30分~16時 持ってくる物はさみ、洋裁道具、物差し(30センチメートル~)、鉛筆 受付開始日12月8日(木曜日)
和服からリフォーム~作務衣・ベスト作り~ 12月21日(水曜日)13時30分~16時 持ってくる物ほどいてアイロンをかけた古い和服、はさみ、洋裁道具 受付開始日12月14日(水曜日)

図書館

12月のおはなし会

小さい子のためのおはなし会 対象乳幼児
はつかいち市民図書館 2日(金曜日)、16日(金曜日)10時30分~、11時~

おはなし会 対象幼児~小学校低学年
はつかいち市民図書館 10日(土曜日)、24日(土曜日)11時~
大野図書館 17日(土曜日)14時~
さいき図書館 10日(土曜日)10時30分~

ストーリーテリング 今月はありません

はつかいち市民図書館 電話番号 0829-20-0333 月~金曜日 9時~19時 土・日・祝・休日 10時~18時 12月の休館日29日(木曜日)~31日(土曜日)
大野図書館 電話番号 0829-54-1120 10時~12月の休館日18時 5日(月曜日)、12日(月曜日)、19日(月曜日)、26日(月曜日)、29日(木曜日)~31日(土曜日)
さいき図書館 電話番号 0829-72-1011 10時~18時12月の休館日18時 5日(月曜日)、12日(月曜日)、19日(月曜日)、26日(月曜日)、29日(木曜日)~31日(土曜日)

消費生活

消費生活相談 電話番号 0829-31-1841

とき 月~金曜日(祝・休日を除く)9時~12時、13時~16時
ところ 廿日市市消費生活センター(市役所6階 産業振興課内)

相談内容
国内のホテルを予約しようと、インターネット上の旅行サイトから申し込み、クレジットカードで決済した。予定が変わったので次の日にキャンセルの電話を入れたら、20%のキャンセル料を請求された。キャンセル料に関して書いてある部分は見づらく、確認していなかった。旅行は3カ月後なのにキャンセル料がこんなにかかるものなのか。
(40歳代 女性)

アドバイス
キャンセル料に関して旅行サイトにはどのように書いてあるのか確認し、納得できなければ再度相談するよう助言しました。
インターネットで行った契約は、特に自己責任が強く問われます。店舗での予約とは異なり、予約内容やキャンセル料などの契約条件を消費者自身がよく確認しておかないと、思っていたものと異なる契約内容や、思いがけず高額なキャンセル料を請求される場合があります。内容をしっかり読むなどの注意が必要です。
インターネットでホテル予約をするときは、まず旅行サイトを運営する事業者が旅行業法の登録をしているかを確認しましょう。
そして、キャンセルや内容変更は原則契約内容にしばられますので、申し込みを完了する前に、最終確認画面でキャンセル料などの契約条件や予約内容をよく確認しましょう。また、契約後に送付される内容確認メールは予約内容を明示する大切なものです。印刷などをして旅行が終わるまで大切に保管してください。
トラブルが生じた場合には廿日市市消費生活センターに相談してください。

(広島県環境県民局消費生活課発行「くらしのフレッシュ便」平成28年10月号より)

暮らしの相談

記載があるもの以外は、すべて祝・休日を除きます。

市民相談

電話による相談も可能です
市政への要望や生活上の困りごとなど 月・火・金曜日 9時30分~14時30分(受け付け14時まで)
市役所2階市民相談室 経営政策課 電話番号 0829-30-9121

弁護士相談

事前に予約が必要です
14日(水曜日)、20日(火曜日) 13時~16時 受付場所 市役所4階経営政策課 相談は30分以内
予約開始 2日(金曜日)8時30分~電話で。
経営政策課 電話番号 0829-30-9121

行政書士相談

交通事故(後遺症)、相続・遺言、離婚、成年後見 21日(水曜日) 13時~16時 市役所4階402会議室
2日(金曜日)、9日(金曜日)、22日(木曜日) 13時~17時 市民活動センター2階
7日(水曜日) 13時~16時 大野支所31会議室
8日(木曜日) 13時~16時 佐伯支所第2会議室
経営政策課 電話番号 0829-30-9121

相続・後見相談

11日(日曜日) 13時~16時 あいプラザ 経営政策課 電話番号 0829-30-9121

土地・建物登記相談

15日(木曜日) 13時~16時 市役所2階202会議室 経営政策課 電話番号 0829-30-9121

税理士税務相談

事前に予約が必要です
7日(水曜日) 13時~16時 市役所2階市民相談室 課税課 電話番号 0829-30-9113

就業支援相談

事前に予約が必要です
第2・4水曜日 12時30分~16時30分 市役所2階市民相談室 産業振興課 電話番号 0829-30-9140

心配ごと相談

電話による相談も可能です
日常生活上の悩みごとや対人関係のもつれ、困りごとなど
火・金曜日(23日(祝日)は22日(木曜日)に変更、30日(金曜日)は除く) 13時~16時 あいプラザ
水曜日 佐伯社会福祉センター
第1~3水曜日 吉和福祉センター
第1~4木曜日 大野支所
第1~3月曜日 宮島福祉センター

認知症介護相談

事前に予約が必要です
13日(火曜日) 13時30分~15時 あいプラザ

認知症介護相談

電話による相談も可能です
27日(火曜日) 13時~16時 大野支所

司法書士法律相談

事前に予約が必要です
14日(水曜日) 13時~16時 あいプラザ

廿日市市社会福祉協議会廿日市事務局(あいプラザ内) 電話番号 0829-20-0783・ファクス番号 0829-20-1616
同佐伯事務所(佐伯社会福祉センター内) 電話番号 0829-72-0868・ファクス番号 0829-72-1005
同吉和事務所(吉和福祉センター内) 電話番号 0829-77-2883・ファックス番号 0829-77-2514
同大野事務所(大野支所内) 電話番号 0829-55-3294・ファックス番号 0829-55-3275
同宮島事務所(宮島福祉センター内) 電話番号 0829-44-2785・ファックス番号 0829-44-2661
※各事務所では、ボランティア相談、福祉総合相談も随時行っています

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士による相談

事前に予約が必要です
15日(木曜日) 14時~15時 あいプラザ 障害福祉課 電話番号 0829-30-9152

障がいに関する総合相談

電話による相談も可能です
月~金曜日 9時~17時 あいプラザ 障がい福祉相談センター「きらりあ」(あいプラザ内) 電話番号 0829-20-0224・ファクス番号 0829-20-0225

教育相談

電話による相談も可能です
月~金曜日 9時30分~16時30分 廿日市市こども相談室 電話番号 0829-32-8061・ 電話番号 0829-32-8062
8時30分~17時15分 教育指導課 電話番号 0829-30-9209

いじめ110番

電話による相談も可能です
月~金曜日 9時30分~16時30分 電話番号 (0120)080110(通話料無料)
※受付時間外は留守番電話の対応になります

高齢者の総合相談

電話による相談も可能です
介護予防や生活の中での困りごと、介護保険、虐待など 月~金曜日 8時30分~17時15分
地域包括支援センターはつかいち 電話番号 0829-30-9158・ファックス番号 0829-31-1999
地域包括支援センターさいき 電話番号 0829-72-2828・ファックス番号 0829-72-0415
佐伯さつき会よしわせせらぎ園 電話番号 0829-77-2377・ファックス番号 0829-77-2379
地域包括支援センターおおの 電話番号 0829-50-0251・ファックス番号 0829-55-1307
いもせ聚楽会宮島ふれあい 電話番号 0829-44-0250・ファックス番号 0829-44-0881

ちょっとひと息 医療とふくしの相談室

8日(木曜日) 13時30分~15時 佐方市民センター 地域包括支援センターはつかいち 電話番号 0829-30-9158

生活困りごと相談

電話による相談も可能です
生活や仕事などの相談 月~金曜日 9時~17時 市役所1階生活福祉課 はつかいち生活支援センター 電話番号 0829-20-4080

子どもに関する定期巡回相談室

事前に予約が必要です
14日(水曜日) 10時~15時 あいプラザ 子育て支援課 電話番号 0829-30-9153(児童福祉司・児童心理士による相談)

家庭児童相談

電話による相談も可能です
要保護児童・虐待など 月~金曜日 8時30分~17時15分 市役所1階子育て支援課 子育て支援課 電話番号 0829-30-9153
児童相談所全国共通ダイヤル 電話番号 189

子育てに関する相談

電話による相談も可能です
月~金曜日 8時30分~17時15分 あいプラザ 廿日市子育て支援センター(あいプラザ内) 電話番号 0829-20-1612・ファクス番号 0829-20-1613
土・日・祝・休日 10時~12時 13時~17時
火~日曜日 10時~17時 あいあいキッズ(フジグランナタリー内) 阿品子育て支援センターあいあいキッズ(フジグランナタリー内) 電話番号 ファクス番号 0829-36-1516
月~金曜日 9時~15時 深江保育園 大野子育て支援センター(深江保育園内) 電話番号 ファクス番号 0829-56-0356

電話育児相談

電話による相談も可能です
市内各保育園で実施

月~金曜日 13時00分~17時00分

保育園 電話 ファクス 保育園 電話 ファクス 保育園 電話 ファクス 保育園 電話 ファクス
佐方 0829-32-0858 0829-32-5603 宮園 0829-38-6126 0829-38-3205 友和 0829-74-0834 0829-74-0672 いもせ 0829-55-2051 0829-55-2009
廿日市 0829-31-0112 0829-31-1638 串戸 0829-32-0970 0829-32-5706 津田 0829-72-0952 0829-72-0939 梅原 0829-54-1559 0829-54-1558
平良 0829-31-1165 0829-32-7521 地御前 0829-36-0273 0829-36-3262 吉和 0829-77-2470 0829-77-2460 丸石 0829-55-2073 0829-55-2010
原 0829-38-6135 0829-38-1616 阿品台東 0829-39-0618 0829-39-6111 深江 0829-56-0328 0829-56-0356 鳴川 0827-57-5571 0827-57-5898
宮内 0829-39-0671 0829-39-1636 阿品台西 0829-39-0351 0829-39-4031 池田 0829-55-2026 0829-55-2018

はつかいち人 vol.12

廿日市市で輝く人を紹介します

佐伯醤油有限会社 阿須賀謙治(あすかけんじ)さん(53歳・津田)

津田で大正13年からしょうゆ製品を製造している佐伯醤油有限会社。同社が製造する「まるさ特選本醸造」が日本醤油協会が主催する「第44回全国醤油品評会」で最高賞である農林水産大臣賞を受賞しました。
地元地域に根差す味
「世のしょうゆ屋さんなら誰もが1番いただきたい賞です。受賞の知らせに母は、『夢のよう』と喜んでいました」と代表取締役の阿須賀謙治(あすかけんじ)さんは笑顔で話します。
「父が地域の皆さんの声を聞き、母がそれを形にして製造をしてきました。地元に親しまれやすく、家庭でも使い勝手のよい少し甘めの味が特徴です。こいくちしょうゆで、色は鮮やかな赤橙色です。食欲をそそる香りになってくれるよう、こだわって火入れをしています。また、塩分控えめなのも創業当時からの伝統です」。
しょうゆが持つ力
「ユネスコの無形文化遺産に和食が登録されました。フランスやイタリアでも、今では当たり前のようにシェフがしょうゆを使うそうです。私が思うしょうゆの魅力は、食欲をそそる色と香り、広がりのある味わいです。大豆、小麦、食塩水などの限られた原材料から、300もの香りの成分が検出されます。微生物による発酵という複雑な工程が、皆さんを引きつける魅力を生み出しているのではないかと思います」。
県西部の学校でしょうゆの出前授業も行う阿須賀さんは「料理をする人を固定化せず、子どもも含め、みんなで料理を楽しんでもらいたい。世界に類を見ない調味料であるしょうゆの魅力を今後も伝えていきたいです」と話してくれました。

阿須賀さんの市に対する思いなども含めたインタビュー動画を12月1日に掲載しますので、ぜひご覧ください。

編集後記

学生の頃、昔の人の功績を勉強することが何の役に立つのかピンときていなかったため、歴史は私の苦手な教科でした。しかし、今回の特集を組む中で、未来を創るために歴史を勉強するのだと気付きました。現在を生きる私たちが、成長し、過去の過ちを繰り返さないために、歴史を刻んできた人たちの知恵や教訓から学んでいかなければいけないのだと強く感じました。
長い歴史の中で、同じ時間や空間を共有できる幸せ。そのつながりを大切にしていけたらと思います。
今年も最後の月。今年の風邪は手ごわいようなので、どうぞご自愛ください。
吉岡里奈

今年も残り1カ月となりました。この時期になると、今年1年を振り返る人も多いのではないでしょうか。
私は、広報紙の取材をする中で、多くの人たちとの出会いがありました。いつも皆さんからたくさんの元気をもらい、充実した1年を過ごすことができました。これからも人との出会いに感謝して、編集に励みたいと思います。
さて、12月はクリスマスや忘年会シーズン。街の景色もにぎやかになってきました。皆さんもぜひ、家族や友人、恋人とすてきな時間をお過ごしください。
西岡秀治

人口と世帯数

11月1日現在 ( )は前月比

人口: 117,165人(-4人)
世帯数: 50,778世帯(+10世帯)

編集・発行

◆発行 廿日市市
〒738-8501 広島県廿日市市下平良(しもへら)一丁目11番1号
電話番号 0829-20-0001(代表)
ファクス番号 0829-32-1059

◆編集 分権政策部 経営政策課

ホームページ

フェイスブック(外部リンク)