ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 廿日市市国際交流協会 > アフリカの布でマグネットを作ろう 報告

アフリカの布でマグネットを作ろう 報告

印刷用ページを表示する掲載日:2018年12月3日更新

国際理解講座 JICA共催 夏休み工作企画!
アフリカの布でマグネットを作ろう 報告

 8月25日(土曜日)、夏休みもそろそろ終わり、秋の気配が近づくころ、JICAとの共催で、アフリカを子どもたちに紹介する講座を開催しました。
 お母さんやお父さんも子ども達と参加し、一緒にアフリカのことを学び、楽しい時間を過ごしました。

 JICAスタッフ橋本さん JICAスタッフ舛本さん

 JICAスタッフの橋本さん(左)と舛本さん(右)

アフリカ トリビアクイズ

 まずはJICA職員の橋本さんが「アフリカのトリビアクイズ」で、子ども達の緊張をほぐしてくれました。
 アフリカにペンギンがいるなんてびっくり!!
 ひっかけ問題に大盛り上がりでした。

 アフリカクイズ1 アフリカクイズ3

 橋本さんの上手な司会で、クイズは盛り上がりました。

 アフリカクイズ2 アフリカクイズ5

 子どもたちはクイズを通してアフリカのことに興味を持ったようです。

 アフリカクイズ4

 クイズには景品が!
 国旗の下敷きやアフリカの動物消しゴムをプレゼント!

アフリカの布でマグネット作り

 アフリカの民族服の布を使って、マグネットを作りました。
 女の子はお母さんと一緒にヘアゴムに挑戦。
 さっそく、髪に留めてみました。
 鮮やかな模様が黒髪に映えてきれいですね!

 マグネット作り

 マグネット作り2 マグネット作り3

 ヘアアクセサリー1 ヘアアクセサリー2

マサイ族のお話

 JICA職員の舛田さんが、アフリカ現地で撮った写真を使ってマサイ族のお話をしました。
 日本の生活とは全然違う風景に、子ども達も興味津々。
 アフリカの子どもは、身近な自然と共存しながら生活しているのですね。

 マサイ族のお話1 マサイ族のお話2

 マサイ族のお話3 マサイ族のお話4

 お話はおもしろかったですか?マイクで感想を聞きました。

 アフリカグッズ1 アフリカグッズ2

 アフリカの服を試着したり、楽器を演奏してみるコーナーも大人気でした!

 子ども達は、ゲームや工作を通して、テレビでしか見たことがないアフリカを身近に感じたようでした。
 これからも協会では、世界の人々の暮らしを知る機会を子ども達に提供し、世界に目を向けてもらえる講座を開催していきたいと思います。

 JICA職員の皆さん、そして参加してくれた子ども達、ありがとうございました!

 アフリカ消しゴムとヘアゴム