ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 廿日市市国際交流協会 > 平成30年セントマシューズ女子校生滞在記

平成30年セントマシューズ女子校生滞在記

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月21日更新

ニュージーランドからSt Matthew's Collegiate Schoolの女子校生が来ました!

 4月12日(木曜日)~4月16日(月曜日)の5日間。
 廿日市市の姉妹都市、ニュージーランド・マスタートン市から女子校生10人と引率の先生2人、そして今回はアーティストの1人が参加し、計13人がやって来ました。

 生徒たちは、ホストファミリーボランティア宅で4泊5日のホームステイを経験しながら、下記の日程を過ごしました。
 広島と宮島のガイドは、廿日市市国際交流協会の通訳ボランティアが担当し、ウェルカムパーティーでは、けん玉で盛り上がりました。
 滞在中、天気に恵まれず雨の日もありましたが、生徒の皆さんはいつも明るい笑顔で楽しく過ごし、元気に次の目的地に向けて発っていきました。

4月12日(木曜日) 廿日市市に到着!

 皆さん長旅の疲れも見せず、笑顔で廿日市の地に足を踏み入れました。

 今回の昼食は「丸亀製麺」のうどん!
 好きな天ぷらやおにぎりを賑やかに選び、楽しいランチとなりました。
 市長表敬訪問では、生徒代表が日本語でスピーチ。
 アーティストのロビンさんから、廿日市市のために描いた絵を、眞野市長にプレゼント。
 市長からもマスタートン市と廿日市市の友好の証として、生徒たちにけん玉のお土産を渡しました。

市長表敬訪問4 

市長表敬訪問1 市長表敬訪問2  

市長表敬訪問3 市長表敬訪問5

その後、市民活動センターに移動し、和紙でひな人形作り体験。千羽鶴を折った経験もある生徒たちは、器用に折って、世界に一つのひな人形を作りました。

文化交流会1 文化交流会2 

文化交流会5 文化交流会6   

文化交流会 集合写真 文化交流会3

4月13日(金曜日) ウッドワン見学・宮島観光

 午前中はウッドワンの企業見学。
 廿日市市もマスタートン市も木材の町。
 木という自然が2つの都市を結んだご縁で、姉妹都市交流が始まり、今に至っています。
 改めて木が私たちの生活にかかせないもの、そして人と自然は密接な関係にあることを感じ取る、良い機会となりました。

ウッドワン見学1 ウッドワン見学2

ウッドワン見学3 ウッドワン見学 集合写真


 午後は厳島神社を見学し、もみじ饅頭の手焼き体験。
 この日は天気も良く、ロープウェーで弥山に登り、素晴らしい眺めを満喫しました。

宮島観光1 宮島観光2 

宮島観光3 宮島観光4

宮島観光5 宮島観光 集合写真

4月14日(土曜日) 平和公園・広島城見学

 平和記念資料館の見学や慰霊碑巡りをしました。
 来日前に生徒たちが学校で一生懸命作った折鶴を、「原爆の子の像」に捧げました。
 午後は広島城へ。
 雨のせいか、天守閣からの景色は少し残念でしたが、それも一つの思い出になりました。


平和公園見学1  平和公園見学2 

  平和公園見学 ドーム前 平和公園見学3  

平和公園見学5 平和公園集合写真

夜はウェルカムパーティー!

 夜はウェルカムパーティーで、ホストファミリーの持ち寄る料理に舌鼓を打ちました。
 オープニングでは、トランペットでニュージーランドの国家を演奏。
 ダンスや空手など、特技を披露した生徒たちが会場を盛り上げました。

ウェルカムパーティー1 ウェルカムパーティー2

ウェルカムパーティー3 ウェルカムパーティー4

ウェルカムパーティー5 ウェルカムパーティー6

ウェルカムパーティー7 ウェルカムパーティー8

ウェルカムパーティー9 ウェルカムパーティー10

4月15日(日曜日) ホストファミリーとフリータイム

 雨が心配されていましたが奇跡の晴天!
 楽しい休日を、ホストファミリーと過ごしました。

4月16日(月曜日) お別れの日

 あっという間に過ぎてしまった5日間。
 ファミリーとのお別れに、後ろ髪を引かれながら、次の目的地に向かって旅立ちました。
 大人になっても、この日々を思い出に、また日本に遊びに来てくれることを願っています。

市長を囲んで集合写真

 眞野市長を囲んで記念撮影。
 ロビンさんの絵には、宮島の大鳥居の上に、平和の象徴であるハトが描かれていました。