ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 廿日市市国際交流協会 > 広島工業大学ボランティア2017報告

広島工業大学ボランティア2017報告

印刷用ページを表示する掲載日:2017年7月18日更新

広島工業大学留学生受入プログラム 文化交流ボランティア報告

 毎年6月に、広島工業大学が北米の大学から留学生を受け入れるプログラムを実施しています。
 今年も廿日市市国際交流協会から、たくさんの協会ボランティアの皆さんが協力しました。
 今回は、日本文化体験イベントを通した中国人・韓国人の留学生13人と、ボランティアの人たちとの国際交流をいくつかレポートします。

6月2日(金曜日)「とうかさん浴衣着付け」

 広島工業大学内の茶室で、浴衣の着付けの手伝いをしました。
 この日は「とうかさん」の初日。
 今回は着付けだけでなく、ヘアアレンジも手伝い、留学生の女の子に大変喜ばれました。
 艶やかな浴衣姿でお茶菓子をいただき、和文化を堪能しました。

 着付け1 着付け2 

 着付け3 着付け4

 「留学生にお祭りや浴衣などの日本文化に触れていただくお手伝いが出来て、スタッフ一同とても楽しかったです。浴衣姿の留学生のみなさんのすてきな笑顔は、言葉が通じなくても心は通じた思いで嬉しく、逆に元気をもらいました。」
 (着付けボランティアさんコメント)

 このあと学生みんなで、にぎやかに「とうかさん」へ、繰り出しました。

 集合写真1

6月15日(木曜日)「料理交流会」

 佐方市民センターにて料理交流会をしました。
 本日は3つの献立に挑戦。

  • 豚キムチチャーハン
  • トマトと卵の炒め物
  • 揚げない真鯛のフリッター

 料理会1 料理会2 

 食を通して和気あいあいと、大変楽しい時間を過ごしました。
 どの料理もみんな美味しそうにできました!
 食を通しての国際交流は、いい思い出になりますね。

 「とても気持ちの良い学生さんばかりで、楽しく料理したり、アメリカや日本での学生生活のお話を聴いたり、すてきなひとときを過ごさせていただきました。学生さんの作ったメニューのレシピは、とてもおいしく、家庭料理の参考にもなりました。」
 (料理ボランティアさんコメント)

 料理会3 料理会4

 

6月22日(木曜日)「熊野筆企業見学」

 熊野にある「筆の里工房」に行きました。
 今回は、英語自主学習グループの「エンジョイイングリッシュ」さんから、筆工房見学の通訳ボランティアに3人で参加してもらいました。
 筆博物館で、伝統工芸師の技を見学した後、みんなで化粧筆作りを体験しました。
 

 筆工房1 筆工房2

 「留学生のみなさんは日本が大好き。英語、自国語の他に、日本語が上手な人もいて感心しました。」
 (エンジョイイングリッシュさんコメント)
 

 筆工房3

6月29日(木曜日)「オタフクソース工場の企業見学」

 オタフクソースのミュージアム見学と工場見学に行きました。
 協会ボランティアからは「木曜通訳ボランティア」部会の2人が参加しました。

 オタフク1 オタフク2

 お好み焼き

 「最後はみんなで、お好み焼きをつくって試食しました。できたてのお好み焼きがおいしくて楽しかったです」
 (木曜通訳ボランティアさんコメント)

 オタフク4

 アメリカ・カナダ短期留学生の夏季研修も無事に終わり、留学生達は7月1日に無事帰国しました。

 協力していただいたボランティアのみなさん、ありがとうございました!