ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 遊ぶ・食べる

遊ぶ・食べる

印刷用ページを表示する掲載日:2020年3月18日更新

広い公園で思い切り遊ぼう

 大型遊具があったり、芝生の上でピクニックが楽しめたりする広々とした公園がたくさんあります。
 天気の良い日には家族連れでにぎわい、子どもたちの笑い声が響きます。
 また、それぞれの地域には、遊具や広場がある身近な公園もあります。
 いろいろな公園を探検して、思い切り遊んでみてください。

 例えば…「新宮中央公園(愛称:けん玉公園)

 廿日市市発祥の「けん玉」が至る所にデザインされた公園です。
 公園の中にある大きな遊具は、その名も「たまちゃんの宮殿」。
 市のけん玉マスコットキャラクター「たまちゃん」が、にっこりほほ笑んでいます。
 幼児向け遊具だけでなく、マッサージベンチなどの健康器具があるのも特徴です!

 けん玉公園

海水浴から雪遊びまで、1年中楽しみがいっぱい!

 廿日市市は海から山まで、車で1時間圏内にさまざまな要素を併せ持っています。

 穏やかな瀬戸内海には嚴島神社を有する宮島がたたずみ、水族館弥山登山を楽しめるほか、桜や紅葉を散歩がてら見に行くことができます。

 夏は自然いっぱいのキャンプ場でバーベキューをしたり、川や滝で水遊びをしたり。
 カヤックなどのマリンスポーツも人気です。

 沿岸部から車で30分の中山間部には、のどかな田園風景が広がり、果物狩りなどができる観光農園やアーチェリー場ゴルフ場などレジャー施設もたくさん。
 清流・小瀬川沿いにある羅漢峡の紅葉も見事で、川のせせらぎを聞きながらおいしい料理を味わえるレストランやカフェが集まる注目のエリアです。

 さらに30分北上すると、豪雪地帯でもある山間部があり、スキーなどのウインタースポーツも楽しめます。
 春には地域の皆さんが植えた水仙が鮮やかな黄色で道を彩り、標高1300メートルの冠山登山乗馬体験、釣りなどもできます。

 瀬戸内海を望む宮浜温泉をはじめ、内陸から西中国山地にかけても複数の温泉施設があり、リゾート気分でゆっくりと過ごせます。

 レジャーマップ

お勧めスポット

【なぎな海・島エリア】 おおの自然観察の森

 小鳥や昆虫、植物などと身近に触れ合い、自然に対する愛情や理解を深めるためのネイチャーランドです!
 県の天然記念物であるベニマンサクが多く自生し、周辺の自然観察センターや観察小屋、水辺の道、自然観察路などがあり、自然を目のあたりに観察できます。
 望遠鏡の無料貸し出しもあるので、子どもたちも四季折々の植物や昆虫が楽しめます。

 【なぎな海・島エリア】 宮島水族館(みやじマリン)

 西日本有数の水族館で、嚴島神社のすぐ近く!
 「癒し」と「触れ合い」をコンセプトに、瀬戸内海の生き物を中心に350種、13,000点以上を展示しています。
 広島を代表する海の景色である、カキ筏も再現。
 愛くるしい表情が人気のスナメリを始め、ペンギン、アザラシ、カワウソなどがたくさん待っています!

チンアナゴ         スナメリ

 【なぎな海・島エリア】 妹背の滝

 夏の家族連れのレジャースポットとしても親しまれている妹背の滝。
 滝から流れる川はそれほど深くなく、流れが緩いので、小さい子どもも安心して遊ぶことができます。
 滝壺の近くにはお弁当を広げて食べられるスペースもありますよ。
 また、マイナスイオンがあふれているので、癒しのスポットとしてもお勧めです!

 妹背の滝

 【ぶち山エリア】 吉和魅惑の里 バーベキュー

 バーベキュースペースの目の前を流れる川の音に包まれてバーベキューができます。
 屋根付き10人用の「バーベキューハウス」と屋根なし4人用の「バーベキューコーナー」の2種類があり、食材や薪・炭は現地購入もできるので、準備なしで楽しむことができます。
 森林が見渡せる露天風呂や初夏にホタル観賞ができるスポットがあるので、家族で1日楽しめます!

【ぶち山エリア】 吉和のわさび

 ツン!と鼻に抜ける辛さがたまりません。
 辛さの中にも甘さを感じるのは、良いわさびの証。

 吉和は中国山地の高峰冠山・十方山の山間にあるので、この山々から流れ落ちる雪解け水・湧き水が豊富なエリア。
 水がきれいで、人はもちろん、鮎・イワナや蛍にとっても住み心地の良い場所です。
 飲めるほどきれいな吉和の軟水が全国でも評価の高いわさびを育んでいます。

 炊き立てのご飯にピッタリの、わさび葉を醤油漬けにしたわさび葉漬も絶品です。
 ふるさと寄附金お礼の品にも登録されていますので、ぜひご賞味あれ!

【なぎな海・島エリア】 あなご飯

 カキと並ぶ宮島名物の「あなご飯」。
 アナゴのだしで炊き込んだご飯の上に、ふっくらと柔らかいアナゴの蒲焼きがぎっしり乗っています。
 タレをつけて蒲焼きにする香ばしい匂いに思わず引き寄せられるはず。
 たれ、味、盛り付けなどお店によりバリエーションが豊富で、宮島を語る上で外せない名物となっています。
 冷めてもおいしいあなご飯弁当は、宮島観光のお供にピッタリ。
 ウナギと比べてカロリー、脂質、コレステロールも低く、ヘルシーなので女性に人気です!

 アナゴ飯

【ちいと山・ぶち山エリア】 瀬戸もみじ豚・ホウレンソウ

 瀬戸もみじ豚のエサには、瀬戸内海の豊かなカルシウム、ミネラルを多く含んだ広島県産の牡蠣の殻の粉末を混ぜおり、肉の旨みが強く、味が濃くて柔らかいのが特長。
 ふるさと寄附金お礼の品にも登録されています。
 この瀬戸もみじ豚の付け合せにぴったりなのが廿日市市の山間部で育てられたホウレンソウ。
 肉の味を引き立てつつ、しっかりとした葉の甘さと、美しい緑色が食欲をそそります。

 もみじ豚とほうれんそう

【ちいと山】 岩倉ファームパーク・キャンプ場

 小瀬川の清流と森林に囲まれ、炊事棟やトイレ、シャワーなどが整備された家族やグループで楽しめるオートキャンプ場です。
 夏休みのシーズンには、雑木林で昆虫採集も!夜間は街灯採集にもチャレンジできます。
 日帰りドライブコースとして、県外からの来場者も多く、人気なのも納得です!

 岩倉ファームパーク

【なぎな海・島】 もみじ饅頭手焼き体験

 広島土産の代表を作ってみよう!

 あんことチョコのもみじ饅頭作りを体験。
 自分で焼いたホカホカのもみじ饅頭は幸せの味。

 詳しくは、宮島伝統産業会館(みやじまん工房)のページ(外部リンク)をご覧ください。

 もみじ饅頭の手焼き体験

【ちいと山・ぶち山】 釣り堀、渓流釣り

 初心者でも安心な釣り堀、中国地方で唯一自然の渓流を利用した渓流釣りなど、息を飲むほど美しい自然の中で、釣りを楽しむことができます。

 ニジマスやアマゴなど釣った魚はその場でおいしくいただけます!

 万古渓養魚センター 魚の刺身

【ちいと山】 はつかいちフルーツ街道

 ちいと山エリアのレジャーを代表する果物狩り。
 昼夜の温度差が、新鮮でおいしい果物を育てます。
 廿日市市中心部から車で30分とアクセスも抜群!

 例えばぶどう。小粒でジューシーなデラウェアのほか、種類も豊富にあり、品質の高さが自慢です。
 採り立てのみずみずしいぶどうは最高!子どもたちにぜひ食べてもらいたいですね。
 ぶどう狩りは8月中旬以降スタートなので、お楽しみに。

 他にも、冬場はいちご狩りが大人気。赤くてみずみずしいいちごを思う存分召し上がれ!

 ぶどう いちご

 他にも、ブルーベリーやプラム、梨、栗など盛りだくさん!
 詳しくは、フルーツMAP (その他のファイル 3.87MB)をご覧ください。

 フルーツMAP